李恢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
李恢
蜀漢
漢興亭侯・安漢将軍
出生 生年不詳
益州建寧郡愈元県
死去 231年
益州漢中郡
徳昂
主君 劉璋劉備劉禅

李 恢(りか い、? - 231年)は、中国後漢末期から三国時代の武将、政治家。蜀漢に仕えた。徳昂。子は李遺(または李蔚)。甥は李球。益州建寧郡愈元県の人。『三国志』蜀志に伝がある。

生涯[編集]

若い頃、の督郵に任命されたが、建伶県の令であったおばの夫の爨習が法律違反を犯したため、連座して免職となりかけた。だが当時、この地で太守を務めていた董和は、爨習が地元において勢力のある豪族出身であったことを理由に罪を許し、李恢の辞職を認めなかった。董和は李恢を州に推挙した。しかし丁度その頃、刺史の劉璋劉備と仲違いを起こし、劉備が劉璋を攻撃するために進撃するという事件が起こった。李恢は劉備が勝利すると考え、郡の使者と称して綿竹に赴き、劉備と対面した。劉備は李恢が気に入ったためそのまま雒城まで伴わせ、漢中において張魯と確執関係にあった馬超を味方に引き入れるよう命じた。まもなく馬超は劉備に投降した。劉備が成都を降し益州を手に入れると、李恢は功曹書佐主簿に任じられた。

その後、李恢は謀反の罪ありとして誣告されたが、劉備は事実無根であることをはっきりさせた上で、李恢を別駕従事に昇格させた。221年、劉備は李恢と語らい信頼を示した上で、鄧方の後任として李恢を都督(南中の総督のこと)に任命し、使持節・交州刺史を兼務させ、交州から南中を脅かすの備えとした。

劉備の死後、呉の策動もあり南中の諸郡において、高定雍闓朱褒が反乱を起こした。223年諸葛亮は呉に使者を送り友好関係を回復させた上で、225年に自ら南中へ親征した(「後主伝」)。李恢は諸葛亮に従って南征に参加し、別働隊を率い進軍した。道に不案内な状況であったが、計略を用いて二倍の軍の包囲を破るなど快進撃を続け、高定を討ち取るなどの軍功を挙げている。この功により、安漢将軍・漢興亭侯に封じられた。

諸葛亮が去った後、南中では再び反乱が起きたため、李恢はその度に反乱を鎮圧した。また、南中の有力者達を成都に送り、牛・馬・金・銀などの貢物を納入させたので、蜀の国庫は大いに潤った。

229年、交州が呉に従属したので、李恢は交州刺史を解任され建寧太守となり、本籍地での居住を許された。その後、漢中に移り住んだが、231年に病死した。「張翼伝」によると、231年に、張翼が降都督に任命された、とある。また、李恢は孟獲・爨習と共に建寧郡の名士として称えられている。

物語中の李恢[編集]

小説『三国志演義』では、馬超を降伏させた場面での活躍が大きく取り上げられており、弁舌の士として描かれている。