凌統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「淩統」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

淩 統(りょう とう、189年 - ?)は、中国後漢末期の人物。字は公績。父は凌操。長子は凌烈。次子は凌封。揚州呉郡余杭県(浙江省杭州市余杭区)の出身。

略歴[編集]

203年夏口攻めの際に父が戦死すると15歳で後を継ぎ、孫権から別部司馬・破賊都尉(代行)に任命された。

206年、麻屯・保屯の山賊討伐に従軍。決戦の前に行われた酒宴で、督の陳勤が好き勝手に振る舞ったことを真っ向から咎めたため、陳勤の怒りを買った。陳勤は凌統本人や父凌操を侮辱し、凌統も初めは耐えていたが、侮辱が酒宴の帰り道にまで及んだため、遂に陳勤を斬りつけた。陳勤は負傷し、その傷が原因で数日後に死んだ。凌統は死んで詫びようと屯攻略の際に自ら猛攻を仕掛け、勝利を収めた。凌統は自首したが、孫権は功をもって罪を償えるようにした。

また時期は不明であるが、董襲歩騭蒋欽らと共に山越の彭虎を討伐している。

208年、夏口攻略戦では董襲と共に先鋒を務め、敵将の張碩を斬るという武功を挙げ、その功により承烈都尉に任命された。同年の赤壁の戦いにも従軍し、更に周瑜荊州南郡を攻撃するとこれにも従軍。戦闘中に甘寧の部隊が敵陣に包囲されると、諸将が甘寧を救出に行く間、本陣守備を担当した。これらの功により承烈校尉に昇進した。

214年呂蒙と共に皖城を攻め、盪寇中郎将に昇進、国の相となった。

215年合肥の戦いにおいて凌統は右部督となり、張遼の奇襲により敵に包囲され絶体絶命となった孫権を、腹心の部下300人を率いて救出した。孫権が逃れると再び戦場に戻って戦い、数十人の敵を討ち取った。退却しようとしたときは橋が既に壊されていたため、鎧を着たまま川に潜って泳ぎ、帰還した。孫権は、全身に傷を負って瀕死の状態であった凌統を手厚く看護させた。凌統は部下が全員戻っていないことに落涙した。しかし、孫権は自らの袖で涙を拭い「公績、死んだ者はもう戻ってこない。だが私には、まだあなたがいる。それで十分だ」と慰めた。その功により偏将軍に昇進し、以前の倍の兵を支給された。

このころの呉は常に人口不足で苦しんでいたという。凌統は孫権に「東の山岳地帯には勇猛な人材が多く、威恩をもって味方にすることができる」と進言し、山越の平定・徴兵を申し出た。

没年について[編集]

三国志書「凌統伝」では49歳で病死したとされ、この場合の没年は237年ということになる。

しかし呉書「駱統伝」では凌統の没後、彼の配下の兵を駱統が引き継ぎいだとあるため、両伝の記述に矛盾が生じている。

代に書かれた『建康実録』には、凌統が217年に29歳で死去したと記されている。また、凌統が215年以降に昇進したという記述はなく、荊州攻略戦(219年)や夷陵の戦い222年)にも参加したという記録がない。

彼の子2人がまだ数歳だったため、孫権は2人を宮内で養い、自分の子と同じように愛した。後に凌烈が成長し、凌統の生前の功績が評価され亭侯に封じられると、駱統から配下の兵を返されている。だが凌烈は後に罪を犯し爵位を取り上げられたため、弟の凌封が後を継いだ。

人物[編集]

賢に親しみ士に接し、財を軽んじ義を重んじ、若くして国士の風を有していた。精鋭1万人余りを配下に得た後で故郷を通りかかった時にも、役人に対し恭しく礼を尽くし、古馴染みにも親しんでいたという。

また平素から優れた人物を愛し、また慕われていた。後に左将軍となった留賛は、凌統の推挙により用いられた人物である。「凌統に勝る」と言われ推挙された同郷の盛暹に対しても、全くわだかまりを持たなかった。

甘寧との因縁[編集]

同僚の甘寧はかつて江夏太守であった黄祖の部下であり、夏口攻防戦で凌操を射殺している(異説もある)。そのため、凌統にとっては父の仇と言える存在であった。

ある時、呂蒙が部将を集めて宴会を開くことになり、その席で凌統が剣舞を舞うことになった。この時、甘寧も戟をとったが、呂蒙がその場に割って入ったため、大事には至らなかったという。孫権はすぐに甘寧を半州へ移らせた。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、濡須口の戦いで甘寧に窮地を救われ、それがきっかけで父を殺された恨みを水に流し、甘寧と固い親交を結んだとなっているが、正史ではそのような記載はない。