陶謙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陶謙
後漢
安東将軍・徐州牧、溧陽侯
出生 陽嘉元年(132年
揚州丹陽
死去 興平元年(194年))
徐州彭城国
ピン音 Tao Qian
恭祖

陶 謙(とう けん、陽嘉元年(132年) - 興平元年(194年))は、中国後漢末期の武将・政治家。恭祖揚州丹陽郡の人[1]。『後漢書』と『三国志志に伝がある。

生涯[編集]

軍人として頭角を現す[編集]

幼い頃から好んで学問に励み[2]、やがて太学に行った。地方に戻ると郡・州の役人となり、やがて茂才に推挙された[3]。以後は、廬県令に任命されたのを皮切りに、幽州刺史に昇進した。

中平2年(185年)、中央に召還され議郎となり、韓遂らを討伐するため張温の指揮下で涼州に派遣された[4]

徐州黄巾党の残党が蜂起したため、徐州刺史に任命され、その討伐にあたった[5]

勢力の拡大[編集]

初平元年(190年)、董卓に反対する義兵が近隣の州郡で蜂起したが、陶謙は事態を徐州から静観した。

黄巾の残党が再び活発化すると、陶謙は孫堅に援軍を依頼し、孫堅軍の朱治が援軍を率いてやって来たこともあったという[6]

董卓の死後、李傕郭汜長安の朝廷を牛耳るようになると、陶謙は朱儁太師となることを勧め、諸侯同盟の復活を目論んだが、孔融鄭玄など一部の太守や学者の賛同しか得られず、まもなく朱儁本人が長安の朝廷への帰順を決めたため、 陶謙の目論見は頓挫した[7]。陶謙は間道を使って長安に貢物を送ったため、安東将軍・徐州に任命され、溧陽侯の爵位を得た。

関東の諸侯が互いに争う中で、陶謙の推挙した王朗会稽太守に任命されるなど、陶謙は揚州にもその勢力圏を伸ばすようになった。

この頃の徐州は豊かな土地であり、流民が戦乱を避けて身を寄せるほどだったといわれる。

しかし、その中にあって陶謙は次第に道義へ背くようになり、感情に任せて行動するようになっていった[8]

曹操との敵対[編集]

袁紹曹操袁術公孫が争うようになると、陶謙は公孫瓚に呼応して発干に出陣し、袁紹を圧迫しようとしたが、曹操に打ち破られた(魏志「武帝紀」)。

初平4年(193年)、下邳の闕宣[9]が勢力を振るうようになると、陶謙は闕宣と同盟して泰山郡の費県・華県において略奪を働いた。やがて仲違いが起こったため闕宣を殺害し、その軍勢を吸収した。同時期に曹操の父曹嵩が、陶謙の勢力圏内で殺害されるという事件が起きた。一説には陶謙が殺害したといわれ、陶謙は兗州を治めていた曹操の仇敵となった[10]

同年秋、陶謙は曹操の侵攻により領内の十数城を奪われ、彭城での大戦や曹仁率いる別働隊と戦った傅陽戦を始め、取慮・雎陵・夏丘の各地で敗退した。陶謙は郯の地でようやく侵攻を押し留めたという。一方の曹操は、兵糧を切らしたため撤退した。この一連の軍事行動の中で、曹操は各地で住民を殺戮し、その数は男女合わせて数十万人規模となり、さらに犬や鶏まで残らず殺したため、泗水の流れが堰き止められるほどであった。これによって、中央の戦乱からの避難民で豊かとなっていた徐州は、壊滅的な打撃を受けた[11]

この戦いでは、公孫瓚軍の田楷劉備が陶謙側の援軍に来ていた。陶謙は劉備を引き留め、豫州刺史に推挙し小沛に駐屯させ、丹陽兵4,000人を与えるなど厚遇した[12]

興平元年(194年)、徐州に曹操が再侵攻したため五城は陥落させられ、さらに瑯邪を越え東海まで攻め込まれた。郯の東に曹豹・劉備を駐屯させていたが、曹操は帰還途中に郯を通過した時に両者を撃破した。曹操は通過した地域で多数の者を虐殺したという。陶謙は、瑯邪・東海の諸県を曹操が蹂躙していることに怖気付き、故郷の丹陽へ逃げ帰ろうとしたが、曹操の本拠地である兗州で、張邈張超兄弟と陳宮らが呂布を引き入れ反乱を起こしたため、曹操軍が撤退することになり、危機を脱した。

しかし、陶謙は病で重篤に陥り、子の陶商・陶応が揃って不出来であるという理由から、糜竺に徐州を劉備に譲るよう遺言を託し、間もなく死去した。齢63だった。

[編集]

陳寿の評
「あるべき規範を守らず、感情に任せて行動したので、司法と行政の連携が取れず、多くの善良な人々が害を被り、これらによって生じた乱れは時を追うごとに大きくなった」[13]
「訳も分からないままに憂いの中で死んでいった」[14]
「州郡に拠って立ったが、凡人でもここまで酷い事にはならなかっただろう。論じるに値しない」[15]
甘公[16]の評
「良い面構えをしている。将来必ずや大きな成功を収めるに違いない」[17]
評者不明[18]
「陶謙の性質は剛直で、世の規範を守って行動する人物だった」
張昭の評[19]
「美徳と武勇と知性を兼ね備え、性質は剛直であり、その統治は恩愛をもって行われた」

血族[編集]

  • 甘氏 - 子
  • 陶商
  • 陶応

脚注[編集]

  1. ^ 盧弼の『三国志集解』では、丹陽郡丹陽県の人と述べている。
  2. ^ 魏志「陶謙伝」が引く『呉書』によると、陶謙の父は余姚県の長であったが、陶謙が幼い頃に亡くなった。その後、陶謙は誰の世話にもならず生計を立て、良い評判が立ったとされる。その一方で、14歳(成人直前)になっても近所の子供たちを集めて、大将のように振舞って遊んでいた。14歳の時、蒼梧太守の甘公の娘婿となった件については別項で記す。
  3. ^ 「陶謙伝」が引く『呉書』によると、剛直で節義があったため孝廉に挙げられ、尚書郎に取り立てられた。後に叙県の令に転じたところ、同郡出身で陶謙の父の友人でもあった、上役の郡太守張磐から折り有る毎に酒を強要され、それを断ったことで彼と不和となった。また、県の役人による着服行為を発見したが、陶謙は己の身は律しても、犯罪を暴き立てる事を好まぬ性質であったため、官職を棄てて任地を後にしたという。
  4. ^ 「陶謙伝」が引く『呉書』によると、皇甫嵩とともに西討伐で功績を立てた。しかし、張温の下に転属されると、その人となりや指揮能力に不満を抱くようになったという。ある時、張温から宴席で諸将に酒をついで回るよう命じられたことに怒り、満座の中で張温を面罵した。そのために張温の怒りを買って、辺境に左遷された。後に、同僚の弁護があって復帰したとする。
  5. ^ 魏志「臧覇伝」によると、このとき騎都尉として臧覇が取り立てられている
  6. ^ 呉志「朱治伝」による。
  7. ^ 『後漢書』「朱儁伝」による。
  8. ^ その有様は次のようであったとされる。
    魏志「二公孫陶四張伝」
    趙昱は徐州の名士であったにも拘らず、忠義で正直な人格のために疎んじられた。
    曹宏・笮融等は邪悪な小人物であったにも拘らず、信頼し任用した(ために徐州もまた乱れていった)。
    呉志「張昭伝」
    張昭等の地元の名士を無理矢理仕官させようとし、従わぬと一時幽閉した。
    呉志「呂範伝」
    孫堅の長子孫策を忌み嫌い、孫策が江都の家族を呼び寄せようと使者に出した呂範を、袁術の内偵と疑って捕らえた。
  9. ^ 自分勝手に皇帝を名乗った宗教指導者。「武帝紀」によると、曹操には朝廷から闕宣追討の勅令が出ていた。
  10. ^ 曹嵩殺害の経緯についてはいくつか説が有るので載せる。
    陳寿による『三国志』魏志「武帝紀」本文
    曹操の父曹嵩は退官して一度故郷に戻ったのだが、董卓との戦いが始まると、戦禍を避けて瑯邪に逃れた。そこを陶謙が襲って殺害した。
    『三国志』魏志「武帝紀」・注『世語』
    曹嵩は泰山郡の華県に居た。曹操は迎えを出したが、陶謙が先回りして兵を出したのでみな殺されてしまった。
    『三国志』魏志武帝紀・注『呉書』
    陶謙は、曹嵩が領内を安全に通行できるよう、を護衛につけた。しかし、泰山郡の華県・費県の間を通行中、張は曹氏の莫大な財産に目が眩み、曹嵩らを殺害し財産を持ち逃げした。曹操は陶謙に責任を取らせるため、攻め込んだ。
  11. ^ 『後漢書』「陶謙伝」による
  12. ^ 蜀志「先主伝」による
  13. ^ 原文「背道任情、刑政失和、良善多被其害、由是漸乱」
  14. ^ 原文「昏乱而憂死」
  15. ^ 公孫公孫度張楊とあわせての評価。
  16. ^ 『三国志』魏志「陶謙伝」が引く『呉書』によると、甘公は陶謙の。同郷の人で、名士でもあり、後漢の蒼悟太守だった。14歳の陶謙を一目で気に入り、妻の反対を押し切り、成人したら娘を嫁にやると決めた。
  17. ^ 原文「有奇表、長必大成」
  18. ^ 魏志「陶謙伝」が引く『呉書』による
  19. ^ 魏志「陶謙伝」が引く『呉書』収録の、張昭が書いた陶謙への哀悼の辞による。

参考文献[編集]

  • 陳寿著、裴松之注「正史 三国志」1巻 (魏書I) 、今鷹真井波律子訳、筑摩書房 (ちくま学芸文庫) 、1992年2月 ISBN 4-480-08041-4
  • 陳寿著、裴松之注「正史 三国志」2巻、井波律子・今鷹真訳、筑摩書房 (ちくま学芸文庫) 、1993年1月、81 - 90頁 ISBN 4-480-08042-2
  • 陳寿著、裴松之注「正史 三国志」3巻、井波律子・今鷹真訳、筑摩書房 (ちくま学芸文庫) 、1993年2月 ISBN ISBN 4-480-08043-0
  • 陳寿著、裴松之注「正史 三国志」6巻、小南一郎訳、筑摩書房 (ちくま学芸文庫) 、1993年5月、32・280頁 ISBN 4-480-08046-5
  • 陳寿著、裴松之注「正史 三国志」7巻、小南一郎訳、筑摩書房 (ちくま学芸文庫) 、1993年6月 ISBN 4-480-08088-0
  • 渡辺精一著、「三国志・人物鑑定事典」、学研、1998年5月、53 - 55頁、ISBN 4-05-400868-2