李厳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李厳(りげん)


李 厳(り げん、? - 234年)は、中国後漢末期から三国時代の政治家・武将。荊州南陽郡の人。字は正方。後に“李平”と改名。子は李豊。『三国志志に伝がある。

劉表劉璋に身を寄せた後、劉備に投降した。劉備にも重用され、諸葛亮とともに遺詔を受け高官に昇るも、晩年に失脚した。

生涯[編集]

若い頃に郡の官吏となり、才幹の良さで賞賛を得た。劉表に取り立てられ、郡県の長をいくつか務めた。

208年益州との境に近い柹帰県令を務めていたが、曹操が荊州に侵攻したため、劉表死後の混乱する荊州を見限り、益州へ逃れた。劉璋にも取り立てられ成都県令となり、そこでも有能だとの評判を得た。

213年、劉璋の要請により益州入りしていた劉備が劉璋と仲違いを起こし、成都に侵攻した。この時、李厳は劉璋から護軍に任じられたため、軍を率いて綿竹関の守備に就くことになったが、すぐに劉備軍へ投降した。劉備から裨将軍に任じられた。

劉備が成都に入城すると、犍為郡太守・興業将軍に任じられた。諸葛亮・法正劉巴伊籍と共に蜀科の制定に尽力したという(「伊籍伝」)。また、犍為郡の功曹であった楊洪を推挙している。楊洪は諸葛亮の抜擢を受けて、忽ちの内に李厳と同格の郡太守になったという(「楊洪伝」)。

218年、柹で反乱を起こした盗賊の馬秦・高勝らの勢力は数万人に膨れ上がり、資中県まで到達した。李厳は郡管轄の兵五千を率い討伐し、馬秦・高勝らを処刑して晒し首にした。一方で、反乱に参加した人達は再び戸籍に復帰することを許された。また、越嶲郡の賊の高定が反乱を起こし、新道県を包囲したときは、李厳は城を救援し反乱軍を四散させた。この功績により、郡太守のままで輔漢将軍の地位を与えられた。

219年、劉備は漢中を平定すると、群臣達に推挙され漢中王となった。この群臣達の中に、興業将軍の李厳の名がある(「先主伝」)。

222年、即位した劉備は荊州を占領したを討つため東征したが、陸遜に大敗した。劉備は成都に戻ることが出来ず、白帝城を永安宮と改名しそこに留まっていた(「先主伝」)。李厳は永安宮に呼び寄せられ、劉備から尚書令に任命された。

223年、劉備臨終の際には枕元に呼ばれ、同じく成都より呼び寄せられた諸葛亮と共に、太子の劉禅を補佐するよう遺詔を受けた。李厳は中都護となり内外の軍事を統括し、永安に留まり鎮撫に当たる任務を与えられた。劉禅が即位すると、都郷侯・仮節となり、光禄勲の位を付加された。

このころ、李厳は諸葛亮に手紙を送り、王を称して九錫を受けるよう勧めたことがあったという。これは諸葛亮に、将来の簒奪を勧めたものとも取れる行為であるが、諸葛亮は返書で「を滅ぼし、あなた方と共に昇進の恩恵にあずかることにでもなれば、その時には九の特典どころか十でも受けますよ」と、李厳の申し出を受け流す形で拒絶している(『諸葛亮集』)。

226年前将軍に昇進した。諸葛亮は北伐のため漢中に陣営を移したので、後方を李厳に任せるべく、彼の駐屯地を江州に移動させた。永安には陳到を置いたが、引き続き李厳が統括するものとした。同年春、李厳は江州に大城を築いている(「後主伝」)。

このころ、李厳は魏に投降していた新城の孟達に手紙を送り、諸葛亮とともに劉備から「遺詔を受けたことへの責任感を痛感している」と、胸の内を語った上で「良き協力者を得たい」と述べている。諸葛亮も孟達に手紙を送り、李厳の仕事振りを賞賛している。

230年驃騎将軍となった。同年秋8月、魏の曹真が三方の街道から漢水に向かおうとしたため、諸葛亮の命により兵2万人を率い漢中に赴き、政務を取り仕切った。江州は子が都督督軍に任じられ、留守の職務を執ることが許されている。諸葛亮は曹真を撃退した後も、再度の北伐に備えるため李厳を漢中に留め、中都護の官位のまま全ての政務を取り仕切らせた。このころ「李平」に改名した。

231年春、諸葛亮は再び北伐を行なった(「後主伝」)。この時、李厳は軍糧輸送監督の任務についた。しかし長雨による兵糧輸送の滞りを理由に、馬忠と督軍の成藩を派遣し、遠征中の諸葛亮にそのことを報告した。ところが諸葛亮が撤退して来た後、李厳は撤退したことを諸葛亮の責任にしようと謀った。さらに、劉禅にも上奏し「丞相(諸葛亮)は敵を誘うために撤退した振りをしているだけでございます」と嘘をついた。このため諸葛亮は李厳の出した手紙を集め、李厳の発言や要旨の矛盾を追及した。李厳はこの追及に敵わず、罪を認め謝罪した。諸葛亮は劉禅に対し、これまで自らが李厳のいい加減さを知りつつも、才能を惜しみ任用し続けてきたことを率直に陳謝した上で、李厳を弾劾し罪を明らかにすることを、上奏して求めた。李厳は免官となり庶民に降格され、梓潼郡に流された。同年秋8月のことである(「後主伝」)。

李厳と同郡出身である陳震が、以前から李厳のいい加減さを諸葛亮に訴え、重用しないよう忠告していたため、諸葛亮は陳震の言葉を聴かなかったことを後悔したという(「陳震伝」)。

諸葛亮は李厳の地位を剥奪したが、子には罪を問わず、手紙を送って父の汚名を返上すべく仕事に励むよう諭している。李厳は失脚後、諸葛亮ならばいずれ自分を復帰させてくれると期待していた。しかし234年、諸葛亮の死を聞くや否や、諸葛亮の後継者たちでは自分が復職することは二度とあるまいと嘆き、まもなく発病し死去した。

子は朱提太守にまでなった。

評価[編集]

劉備は諸葛亮と共に後のことを託すほど重要視した。

諸葛亮は「各部署が流れるように動き、進退に渋滞するところが無いのは、正方の性格による」とその仕事ぶりを賞賛した。

陳震は李厳の人柄について「腹に棘があって故郷の人も近づけない」と評した。

陳寿は「才幹により栄達し尊重されたが、その行為を観察し品行を辿ってみると、災いを得たのは全て身から出た錆であった」と評価している。

楊戯季漢輔臣賛では、その終わりを全うし得なかったためか「遺名を受け、後の政治へ参与することになったが、意見を述べることは無く、協調すること も無く、道に外れた言動をなした。世の中から追放され、任務も功績も全て失った。」と、厳しく評されている。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、成都へ侵攻する劉備軍と対峙し、黄忠との一騎打ちでも引き分ける実力を見せるが、諸葛亮の策によって捕らえられ、劉備の説得により降伏している。

参考文献[編集]