士匡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

士 匡(し きょう、生没年不詳)は、後漢末期から三国時代にかけての人物。士壱の子。

従兄弟の士徽らが孫権に対して反乱を起こしたとき、呉の交州刺史である呂岱と仲が良かった士匡は反乱に加わらず、呂岱から従兄弟たちの説得を頼まれたため、彼らの説得に赴いた。そして、命を保障するという条件の下、士徽らを降伏させることに成功したのである。

しかし、孫権に士徽らを許す意思は無く、呂岱の騙し討ちによって士徽兄弟は皆殺しとされてしまった。士匡は、呂岱の助命嘆願と士徽らを降伏させた功績により、父の士壱と共に死一等を免ぜられたものの、官位剥奪のうえで庶民とされたのである。士匡のその後の記録はないため、士壱が誅殺された際にそれを免れたか、あるいはそのときまで存命であったかも含めて一切が不明である。

なお、小説『三国志演義』では登場しない。