孫韶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

孫 韶(そん しょう、188年 - 241年)は、中国後漢末期から三国時代の武将。皇族の一人。公礼孫河の甥、孫桓の従兄。子は孫楷孫越孫異孫奕孫恢

経歴[編集]

叔父の孫河はもとは呉郡の俞氏の出身で、孫策に気に入られて孫姓を与えられて一族として迎えられた。なお、『呉書』では、元々孫姓だったのが俞氏の養子となったとある。

17歳のとき、丹陽で変事が勃発し、孫河が殺害されたため、その後を継ぎ軍勢を率いた。京城の補修をし、櫓を立て兵器や軍備を整えて敵の侵攻に備えた。孫権は豫章の椒丘で変事を聞き、すぐに丹陽に戻り事態を収拾した。帰還の途中で呉に立ち寄り、試しに京城に攻撃を仕掛けてみたところ、秩序だった迎撃を受けたため、正体を明かしたところ、攻撃はすぐに止んだ。孫権は次の日に孫韶と会い、任務をよく果たしたことを褒め、承烈校尉に任命し、孫河の部曲を継がせ、曲阿と丹徒の二県を奉邑として与えた。孫河と同等の権限を与えたため、孫韶は自分の判断で県の幹部を任用することができた。

のちに広陵太守、偏将軍となった。孫権が呉王になると、揚威将軍に昇進し、建徳侯に封じられた。225年曹丕(文帝)が昨年に続いて再び広陵に侵攻してきたが、長江が凍りついたため船を入れられず撤退した。孫韶は500の兵で奇襲をかけて、部将の高寿が曹丕の副車と羽蓋を奪う功績を挙げた(「呉主伝」)。孫権が皇帝になると、鎮北将軍となった。

国境の守備を十数年務め、その間、兵卒を養い精鋭に育て上げ、さらに敵の情報収集に励んだため、めったに敗れることはなくなり、多くの降伏者を受け入れることができた。孫韶のおかげで、他の部署の軍は遠征に回すことができるようになった。

孫権は都を武昌に移して、西方での軍事に没頭し、しばらく孫韶と顔を合わせることはなかったが、のちに建業に都を戻すと、久しぶりに孫韶と対面した。孫韶は青州徐州の情報をすらすらと回答し、身の丈八尺で、温厚で冷静沈着な風貌を備えるようになっていた。孫権は孫韶をすっかり気に入り、久しく会わないうちに立派になったと称えた。幽州の牧に任命され、仮節を与えられた。

241年に死去。子の孫越が跡を継ぎ、右将軍となった。また、その兄の孫楷は武衛大将軍・臨成侯となり、のちに孫越に替わって京下の督となった。孫異・孫奕・孫恢もそれぞれ領軍将軍・宗正卿・武陵太守までなり一門は栄えた。孫楷は孫皓の時代に謀反の疑いをかけられ西晋に亡命し、車騎将軍・丹陽侯に封じられた。同じく降伏者であった孫秀よりも高い名声を有していたという(『呉録』)。呉征伐の後に渡遼将軍に落され、304年に死去した(『晋諸侯賛』)。

三国志演義[編集]

小説『三国志演義』では、魏との戦い(224年225年の二回の広陵侵攻がモデルとなっている)で、総大将の徐盛の作戦に異を唱えて徐盛を怒らせ斬られそうになったところ、それを仲裁した孫権により助けられる。しかし、孫権に徐盛への謝罪を要求されると、それを拒絶し孫権の怒りをも買う。無断で魏軍を奇襲しようと単独行動するが、徐盛はそれをも策に利用しようとし、丁奉に命令して孫韶を援助させる。徐盛の偽城の策にかかった魏軍が撤退を始めると、これに対し奇襲を行い、魏軍に対し大打撃を与えることに成功し、徐盛と共に孫権に賞されることになる。