朱異

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朱 異(しゅ い、? - 257年)は、中国三国時代武将に仕えた。季文。呉郡呉県の人。父は朱桓。従父は朱拠

経歴[編集]

幼いときからその聡明さが評判であり、朱拠を感心させたという(『文士伝』)。孫権は父が高官であることを理由に朱異を郎に取り立てた。父の死後に騎都尉となり、父の兵を預かるようになった。赤烏4年(241年)、朱然の指揮下で樊城攻撃に参加し、呂拠と共に城の外周陣地を撃破し、その功績を称えられ偏将軍となった(「呂範伝」)。文欽が砦を多数築き、そこに呉の降伏者を収容し国境で略奪を働いていたため、朱異は二千の兵を率いてこれを打ち破った。この功績により揚武将軍となった。

あるとき、孫権は朱異と軍事について論じ合い、応対が気に入ったため、朱拠に対し朱異のことを「肝が据わった噂通りの男」と称えたという。

250年、文欽が偽の降伏を申し入れてきたが、朱異はこれを見破り、孫権に信用しないよう申し入れた。孫権は呂拠に命じ、大軍を率いて文欽の身柄を引き取りに行かせたが、文欽は現れなかった。

建興元年(252年)、鎮南将軍に昇進した。魏が東興に侵攻してくると(東興の戦い)、水軍を指揮して魏軍の浮橋を破壊し、呉の勝利に貢献した。

諸葛恪の魏侵攻にも参戦し、合肥新城が落城させられないことを悟って、軍を豫章の石頭城に転進させる献策をしたが、諸葛恪に拒絶された。朱異は怒りのあまり暴言を吐いたため、兵を取り上げられて建業に戻されたという(『呉書』)。

諸葛恪の死後、孫峻の軍事行動にも参加し、また256年、呂拠が謀反を起こすと、孫峻の後を継いだ孫綝の命令に従い、その討伐にあたった。

太平2年(257年)、仮節・大都督となり孫綝の命を受け、3万の兵を率いて寿春諸葛誕の援護に向かった。先行した文欽や全端達の軍は寿春に入城を果たしたが、朱異は先に孫壱の討伐を命じられていたため、寿春周辺に来たときは既に魏軍による包囲網が敷かれた後で、入城することができなかった。朱異は包囲陣の突破を図ったが、州泰に撃退された。孫綝から前都督に任じられ、丁奉らと共に5万の兵を率いて再度出撃したが、州泰・胡烈石苞の軍勢の前に敗れた。再び孫綝から出撃を命じられたが拒否したため、激怒した孫綝に誅殺された。このとき朱異は陸抗の制止も振りきり、孫綝は身内であるとして捕縛の計画を疑うこともなく参内した。捕縛されたときは猛抗議したが、そのまま絞め殺されたという(『呉書』)。

陳寿は朱異を、父の名を辱めない将軍と賞賛しつつも、呂拠と同様、性格的な欠点もないのに非業の死を遂げたことを、時代の変化によるものと評している。

三国志演義』では、敗北を重ねて諸葛誕の救援に失敗し、孫綝に斬られる将軍としての出番しかない。