顔良

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
顔良
後漢
将帥
出生 生年不詳
徐州琅邪国臨沂県?
死去 200年建安5年)
兗州東郡白馬県
ピン音 Yán Liáng
主君 袁紹

顔 良(がん りょう、繁体:顏良、簡体:颜良、? - 200年)は、中国後漢時代末期の武将。顔氏家訓によると、顔之推が顔良を同族と言っているので、それを信じれば、顔良は徐州琅邪国臨沂県の人ということになる。

生涯[編集]

袁紹配下。建安4年(199年)頃には、文醜と共に袁紹軍の将帥として知られるようになり、曹操配下であった孔融にも袁紹軍の勇将の筆頭として名前を挙げられている[1]

建安5年(200年)、それまで睨み合っていた袁紹・曹操がついに対決した(官渡の戦い)。開戦に際し、沮授が「顔良は偏狭なので単独で任用してはいけません」と諌めた。しかし袁紹はそれを聞かず、白馬津を守る曹操軍の劉延を、顔良に単独で攻撃させた[2]。ただ、『三国志』魏書武帝紀では郭図淳于瓊と共に攻めたとなっており、沮授の言う「単独で任用」とは、おそらく顔良に幅広い指揮権・裁量権を与えることを指すものと思われる。

これに対して、曹操は荀攸の献策に従い、袁紹軍の背後を突く動きを見せつつ、猪突してくる顔良が孤立した所を叩く作戦に出た。この作戦は的中し、背後に気付いた他の袁紹軍が反応して引き返す中、顔良だけは判断を誤り寡兵で白馬津の戦場に踏み留まってしまった。手薄となった顔良隊に対し、曹操は張遼と当時客将となっていた関羽に命じて、直ちに攻撃させた。顔良を見た関羽は敵軍の中にただ一騎で分け入り、顔良を刺し殺しその首を持ち帰った[3]。程無く文醜も討たれ、袁紹軍では立て続けに名だたる将軍を2人も失ったため、一方ならぬ恐怖を抱いたという[4]

曹操軍の荀彧は、上記の孔融に対し「顔良と文醜は匹夫の勇のみです。一戦にして生け捕れます」と答えており、まさにその通りとなった[5]

創作における顔良[編集]

小説『三国志演義』においては、白馬の戦いで曹操軍の魏続宋憲を討ち取り、徐晃を撃退する。それに狼狽した曹操が関羽を繰り出すと、関羽は呂布の遺品であった赤兎馬を駆って突入し、顔良を反撃の間もなく討ち取っている。嘉靖本の注では、顔良は当時袁紹軍の客将だった劉備から、関羽の人相風体を聞かされており、もし出会ったなら、すぐに劉備の下に来るように伝えてほしいと頼まれている。このため関羽と距離が近づいても、話しかけようとするのみで応戦しようとしなかったため、斬り捨てられたことにされてしまっている。また文醜と兄弟同然の親友であり、義兄弟の契りを結んだという設定になっている。

代の怪奇小説集である『閲微草堂筆記』には、顔良を祀った祠で三国劇を公演すると祟られるという話が記録されている。また中国全土にある関帝廟も、同地では顔良の祟りを怖れ建立されていないのだといわれている。

脚注[編集]

  1. ^ 三国志』魏書荀彧伝
  2. ^ 『三国志』魏書袁紹伝、『後漢書』袁紹伝
  3. ^ 『三国志』魏書武帝紀、蜀書関羽伝
  4. ^ 『三国志』魏書武帝紀
  5. ^ 『三国志』魏書荀彧伝

参考文献[編集]

  • 三国志』魏書10荀彧伝、荀攸伝 魏書1武帝紀 魏書6袁紹伝 蜀書6関羽伝
  • 後漢書』列伝64上袁紹伝上
  • 三国演義

関連項目[編集]