巨神兵東京に現わる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巨神兵東京に現わる
監督 樋口真嗣
脚本 庵野秀明
ナレーター 林原めぐみ
音楽 岩崎太整
製作会社 特撮研究所
カラー
スタジオジブリ
公開 日本の旗 2012年7月10日
上映時間 9分3秒
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
巨神兵東京に現わる 劇場版
監督 樋口真嗣
脚本 庵野秀明
ナレーター 林原めぐみ
音楽 岩崎太整
製作会社 特撮研究所
カラー
スタジオジブリ
公開 日本の旗 2012年11月17日
上映時間 10分7秒
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

巨神兵東京に現わる』(きょしんへいとうきょうにあらわる)は、東京都現代美術館2012年7月10日より開催された展覧会「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」にて公開された特撮短編映画[1]

概要[編集]

2012年7月10日より開催され、その後全国を巡回した展覧会「館長 庵野秀明 特撮博物館」の館長を務める庵野秀明による企画作品。『風の谷のナウシカ』に登場する巨神兵を用いたスピンオフ作品となっている。

本作品ではCGを一切使用しないという制約の下、新旧様々な手法による特撮技術とデジタル合成のみで製作されている[2]

2012年11月17日より、『巨神兵東京に現わる 劇場版』のタイトルで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と同時上映された[3]。特撮博物館上映版と違い、エンドロールが付いている他、巨神兵の羽や電柱、火花等に3DCGを使用している[4]。 2013年4月24日発売の同作のBD/DVDにも映像特典として収録。

舞城王太郎による「言語」(劇中テキスト)は、雑誌『文藝』2013年夏季号の「特集:舞城王太郎」に全文掲載された[5]

2013年2月23日、VFX-JAPANアワードの「CM、博展映像部門」を受賞した[6]

2014年9月5日の『金曜ロードSHOW!』で『巨神兵東京に現わる 劇場版 TV版』が『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q TV版』と合わせて地上波初放送された。視聴率は関東地区で10.0%を記録した。

ストーリー[編集]

東京に1人で暮らしている「私」のところに、突然弟がやってきて「明日、この街は滅ぶ」と予言めいたことを言い出す。いつもはそんなことを言わない弟の言葉を冗談だと思う「私」だったが、翌日に突然異形の巨人「巨神兵」たちが東京に現れ、町を焼き尽くしていくのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ナウシカの“巨神兵”が特撮短編映画化 企画は“エヴァ”の庵野秀明 ORICON STYLE 2012年5月10日
  2. ^ - 東京都現代美術館の企画展「館長 庵野秀明 特撮博物館」が開催
  3. ^ 『ヱヴァQ』同時上映に『巨神兵東京に現わる』が決定!ジブリ鈴木Pの提案で実現! - シネマトゥデイ
  4. ^ - CG WORLD.jp 日本にCGフルアニメは根付くのか?: 第11回 樋口真嗣(映画監督・特技監督)
  5. ^ 文藝 2013年夏季号”. 河出書房新社. 2013年4月5日閲覧。
  6. ^ 「三丁目の夕日’64」、もののけ島、巨神兵など VFX-JAPANアワード受賞 | アニメ!アニメ!

外部リンク[編集]