大阪信愛女学院短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大阪信愛女学院短期大学
Osaka Shin-ai College140525NI2.JPG
大学設置 1959年
創立 1884年
学校種別 私立
設置者 学校法人大阪信愛女学院
本部所在地 大阪府大阪市城東区古市2-7-30
キャンパス 城東キャンパス(大阪府大阪市城東区古市2-7-30)
鶴見キャンパス(大阪府大阪市鶴見区鶴見6-2-28)
学部 人間環境学科[1]
子ども教育学科
看護学科
ウェブサイト 大阪信愛女学院短期大学公式サイト
テンプレートを表示

大阪信愛女学院短期大学(おおさかしんあいじょがくいんたんきだいがく、英語: Osaka Shin-ai College)は、大阪府大阪市城東区古市2-7-30に本部を置く日本私立大学である。1959年に設置された。大学の略称は信愛。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 大阪信愛女学院短期大学の建学の精神は「ひとつの心、ひとつの魂」となっている。

教育および研究[編集]

  • 大阪信愛女学院短期大学は、カトリック精神に基づいた教育が母体となっていることから、「キリスト教と人間」・「現代とキリスト教」といった宗教科目が必須となっている。

学風および特色[編集]

  • 大阪信愛女学院短期大学はカトリック系の短大であることから、「みことばの祭儀」や各種イベントのおけるミサなど宗教的儀式が行なわれているのが特徴である。
  • かつては、制服の着用が義務付けられていたが近年は、特別な儀式等を除いて私服の着用も許可されている。
  • 他の大学・短期大学と連携した単位相互制度も行われている。

沿革[編集]

  • 1959年 大阪信愛女子短期大学(おおさかしんあいじょしたんきだいがく)として開学。保育科を置く(学生数:31[2])。
  • 1961年 家政科が増設される(学生数:18[3])。大阪信愛女学院短期大学と校名変更される。
  • 1970年 学科名を変更する。
    • 保育科→初等教育学科
    • 家政科→家政学科
  • 1988年 家政学科を生活文化学科に改称する。
  • 2001年 家政学科を人間環境学科に名称変更し、鶴見区に新しいキャンパスが開校。初等教育学科に保育士資格取得課程が設置される。
  • 2009年 人間環境学科に替えて、看護学科を設置する。
  • 2010年3月31日付けで人間環境学科、正式廃止[4]
  • 2012年 初等教育学科を子ども教育学科に名称変更。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 城東キャンパス(大阪府大阪市城東区古市2-7-30)
  • 鶴見キャンパス(大阪府大阪市鶴見区6-2-28)

象徴[編集]

  • カレッジマークとして、中央部分にハートマークがありその上部にはカトリックを意味する十字架が描かれている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 子ども教育学科
  • 人間環境学科[1]「バイオ」・「人間心理」・「食物福祉」・「情報ビジネス」の各コースがあった。
  • 看護学科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

附属機関[編集]

  • 図書館が学内にある。所蔵資料はおよそ160,000冊。
  • 地域総合研究所
  • 児童教育研究所

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 大阪信愛女学院短期大学には文化系のクラブが多く、「聖書研究会」や「聖歌隊」などの宗教的クラブが盛んである。

学園祭[編集]

  • 大阪信愛女学院短期大学の学園祭は「楓祭」と呼ばれ、毎年概ね11月上旬に行なわれている。過去にはトミーズ笑福亭鶴瓶が来訪している。

スポーツ[編集]

  • バドミントン部が強く、過去には「全日本総合バドミントン選手権」でベスト8、「関西学生バドミントン選手権大会」で優勝している。ほか、「国民体育大会」に出場した実績もある。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

教員・関係者[編集]

卒業生[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

城東キャンパス[編集]

城東キャンパスのチャペル
  • 使用学科:子ども教育学科
  • 使用附属施設:児童教育研究所
  • 設備:信愛女学院創立120周年を迎えた2004年にチャペルが設置された。
  • 交通アクセス:大阪市営地下鉄今里筋線新森古市駅。その他の交通手段についてはホームページ等を参照されたい。

鶴見キャンパス[編集]

学生食堂[編集]

  • 学内にあり、その壁面には「聖母マリア」が描かれている。

講堂[編集]

  • 入学式をはじめとした各種イベントにて使用される。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

大学
短期大学
過去の参加校

関係校[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 生涯教育として、毎年様々な公開講座が行なわれている。
  • ほか、科目等履修制度を学外の女性を対象に開放している。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 学生募集は2008年度入学生まで。2010年3月31日付けで正式廃止。
  2. ^ 昭和35年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)22頁より。
  3. ^ 昭和38年度版『総覧』26頁より。
  4. ^ 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』135-136頁「大阪信愛女学院短期大学」の項より。
  5. ^ a b c d e 『Osaka Shin-Ai College 2006 大学案内 大阪信愛女学院短期大学』より。

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。