聖セシリア女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖セシリア女子短期大学
正門
正門
大学設置 1950年
創立 1945年
学校種別 私立
設置者 学校法人大和学園
本部所在地 神奈川県大和市林間2-6-11
学部 農芸家政科[1]
農芸栄養科[1]
幼児教育学科
ウェブサイト 聖セシリア女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

聖セシリア女子短期大学(せいせしりあじょしたんきだいがく、英語: St.Cecilia Women’s Junior College)は、神奈川県大和市林間2-6-11に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。

概観[編集]

建学の精神・教育目標・めざす人間像・教育の特色・教育方針[編集]

建学の精神

カトリック精神に基づき、学ぶものも、教えるものも、「信じ、希望し、愛深く」を心の糧として、豊かな教養を身につけた女性の育成をめざす。神を識(し)り、人を愛し、奉仕する心をもって広く社会に貢献できる、知性を持った人間の育成が社会的使命である。

教育目標

子どもへの愛と慈しみをもった実践力のある保育者を理想に、単なる専門的な知識と技能だけでなく、「愛と奉仕の心」を身につけた人間性豊かな保育者を育成する。

めざす人間像

  1. 自己を見つめ、向上心をもち、学びつづけることのできる人間
  2. 寛容な心をもち、喜びをもって共に生きることのできる人間
  3. 豊かな感性をもち、明るく生き生きと自己を表現できる人間
  4. 保育者としての使命感と責任感をもって、その職務に取り組むことのできる人間
  5. 保育者としての専門性を身につけ、子どもの幸せに貢献できる人間

教育の特色

  1. 伝統と校風から学ぶ教育
  2. 個に向き合う教育
  3. 実践から学ぶ教育
  4. 出会いから学ぶ教育

教育方針

ディプロマ・ポリシー

建学の精神と教育目標をふまえた人間力と保育力の調和のとれた保育者を養成するために定めたカリキュラムを履修し、所定の課程を修了するに必要な単位を修得した者には卒業を認めるとともに、短期大学士幼児教育学)の学位を授与する。

カリキュラム・ポリシー

  1. 本学がめざす人間力と保育力の調和のとれた保育者を養成するために、基礎教育科目と専門教育科目に分けて編成する。
  2. 基礎教育科目は、カトリック精神を基礎とする人間性と、現代に生きる生活者として必要な教養を身につけられるよう編成する。
  3. 専門教育科目は、2年間の学びの連続性を持たせ、専門的な知識と技能を積み重ね深められるよう編成する。
  4. 実践力のある保育者を養成するために必要な科目を開設し、編成する。
  5. 学生生活全般を通して、よき社会人=保育者として生きていくうえで必要な力が育まれるよう教育プログラムを編成する。

教育および研究[編集]

  • 聖セシリア女子短期大学は現在、保育者(幼稚園教諭保育士)養成に力をいれており、併設の社会福祉法人モニカ会・モニカ保育園との協働による「保育方法論」が、特色ある授業の一つとして開講されている。
  • 基礎教育科目として次の授業が開講されている。

キリスト教学」 「日本国憲法」 「スタディスキルズ」 「英語コミュニケーション」 「スポーツと健康」 「コンピュータ演習」 「日本の暮らしと文化」 「暮らしの中の科学」 「人間と社会」

音楽」 「体育」 「造形」 「国語」 「保育者論」 「教育原理」 「発達心理学」 「教育史」 「社会福祉」 「社会福祉援助技術」 「児童福祉」 「保育原理」 「養護原理」 「養護内容」 「乳幼児心理学」 「教育心理学」 「小児保健」 「小児保健実習」 「小児栄養」 「精神保健」 「家族援助論」 「カリキュラム論」 「保育方法論」 「保育内容総論」 「保育内容(健康人間関係環境言葉表現)」 「子どもの遊び」 「乳児保育」 「障害児保育」 「児童文化」 「児童の臨床(含 カウンセリング)」 「保育教職実践演習(幼稚園)」 「在宅保育論」 「教育実習」 「保育実習」 「保育研究ゼミナール」

学風および特色[編集]

  • 聖セシリア女子短期大学を擁する学校法人大和学園では、幼稚園から短大までの全部署が一体となって行われる「青葉祭」(学園祭)が、毎年5月の最終日曜日に行われている。短期大学が農芸専門学校当時から始まった「収穫祭」がそのもとであり、大和市内はもとより、周辺市町村から毎年多くの人々で賑わっている。
  • キリスト教主義の大学であり、キリスト教的な人間観に基づく人間教育を基本としている。『聖書』をとおして、イエス・キリストとその思想を考察し、現代社会における人としてあり方を探求する「キリスト教学」が開講されているほか、クリスマスをはじめ、校名となっている聖セシリア記念日などの機会に、ミサが行われている。
  • 「音楽」 「子どもの遊び」 「体育」 「造形」などの演習科目を中心に、少人数制による授業を展開している。また、チューター制度(1年生対象)・クラスアドバイザー制度・学習支援室・学生相談室などを通じて、きめ細かなサポートが行われている。

沿革[編集]

  • 1945年 大和女子農芸専門学校として開校。
  • 1950年 大和農芸家政短期大学として開学。農芸家政科を置く。
  • 1963年 農芸栄養科を新設:学生数40[2]
  • 1967年 保育科を新設:学生数15人[3]
  • 1973年 大和学園女子短期大学に改称。保育科を幼児教育学科に改称する。
  • 1984年 大和学園聖セシリア女子短期大学に改称。
  • 2004年 聖セシリア女子短期大学に改称。
  • 2009年 学園創立80周年を迎える。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • キャンパス(〒242-0003 神奈川県大和市林間2-6-11)
  • 法人本部(〒242-0006 神奈川県大和市南林間3-10-1)

交通アクセス[編集]

校名と校章[編集]

  • 校名になっている聖セシリアは、ローマ初代教会の最も有名な殉教者の一人として広く親しまれている。ローマの貴族の出身であり、伝説的な受難記によれば、教皇ウルバヌスⅠ世のもとで夫とその弟をキリスト教への改宗に導いた。当時のローマはキリスト教徒への激しい迫害の時代であり、夫とその弟は殉教し、彼女自身もローマ市軍団長により、若い生命を絶たれ殉教したと伝えられている。若く清らかな美しさを、その面影に遺す聖セシリアはまた、調和のとれた人柄から「音楽の聖人」としても知られている。
  • 校章の盾の形はカトリック精神を表している。左下から中央にかけて上昇する三本のラインは、学園のモットーである“信じ、希望し、愛深く”の教えを表している。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 幼児教育学科
過去にあった学科[編集]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし
取得できる免許・資格等について[編集]

国家資格

教職課程

学位

その他

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 聖セシリア女子短期大学では、例年、原則として10月の第四土・日曜日2日間にわたって開催される「保育フェスティバル」(大学祭)があり、地域の親子連れで賑わう。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

  • 伊東 静江(いとうしずえ): 初代理事長・学長
  • 伊東 千鶴子(いとうちづこ): 現理事長・学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • キャンパス内には、1号館、2号館、3号館、セシリアホール(体育館)、総合グラウンド、テニスコート、クラブハウスなどがある。

主な施設

  • 保育実技室
    リトミックや子どもの遊びなどを学ぶ、フロアリング仕上の教室
  • 大教室
    200人までの学生が講義を受けることのできる教室。講演会や保育研究発表会などの会場としても使用される。
  • セシリアラウンジ
    学生のランチルーム・休憩のためのラウンジであり、パーティー会場にも使用される。
  • 乳児保育演習室
    乳幼児用浴槽・ベッドなどがあり、沐浴やおむつ替えの練習ができる。
  • 幼児保育演習室
    幼稚園保育所の一室を再現した教室。保育方法論の授業を中心に使用される。
  • 造形教室
    造形による表現、幼稚園保育所で必要となる制作活動の授業などに使用される。
  • 小児栄養演習室
    離乳食や行事食を中心とした調理実習に使用される。
  • コンピュータ演習室
    幼稚園教員免許状取得に必要なコンピュータ演習の授業が行われるほか、情報検索やレポート作成などのために学生が自由に利用できる。
  • ピアノレッスンルーム
    7部屋全てにピアノが2台ずつ配備され、授業以外でも学生が自由に練習できる。1号館3階に3部屋ある音楽科専任教員研究室と合わせ、10部屋で少人数でのピアノレッスンが可能となっている。
  • 図書室・図書閲覧室
    専門書はもちろん、特に保育の学習に必要な絵本大型絵本紙芝居エプロンシアターなども整っている。DVDの貸出しもあり、閲覧室で視聴も可能である。
  • 学習支援室
    学生の学習を支援するために専任教員が在室し、学習に関する助言、関係教科の教員との連絡などによる支援を実施している。
  • 学生相談室
    専門のカウンセラー臨床心理士)が、学生の様々な相談に対応している。
  • 就職指導室
    専任職員が在室し、就職に関する情報を集約し、学生の就職相談に随時対応している。
  • 実習指導室
    専任の教員が在室し、教育実習・保育実習の実習先との連絡、学生への配当、実習に関する相談に対応している。
  • 学生ロッカールーム
    在学中、個人用ロッカーが貸与され、学生が決める暗証番号によって管理している。
  • ボランティアルーム
    ボランティアスタッフの活動拠点。ボランティアに関する情報紙の発行を中心として、様々な情報発信を行っている。
  • 学園聖堂
    静かな祈りの場であり、カトリックキリスト教の精神を基礎とする学園全体の心の拠り所となっている。

対外関係[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 近隣地域の幼稚園保育園児童館、その他の福祉施設などを訪問し、幼児・小学生、障がい者や高齢者などを対象とした学生による自主的なボランティア活動が行われている。人形劇や手話の上演、保育・学級ボランティア、夏休みのキャンプリーダーなど多種多彩である。
  • 学内には教員・学生スタッフによるボランティアルームが設けられ、機関紙の発行による情報提供などを通じて、学生へのボランティア活動支援が行われている。2002年には、こうした活動が評価され、世界的な奉仕団体である『国際ソロプチミスト』より認証を受けた。
  • 毎年、神奈川県大和市で開催されている「大和市民祭」の進行アシスタント役を務めている。また、2011年3月1日に、最寄駅である小田急江ノ島線「南林間」駅前に開店した、「パン工房 麦の香り」(障がい者の自立支援のためのショップ)の商品開発、ロゴマークのデザインなどに協力するなど、近隣地域に対する社会貢献活動にも取り組んでいる。

卒業後の進路について[編集]

就職[編集]

幼児教育学科:ほぼ100%が、取得した免許・資格を活かした職に就いている。最新のデータでは保育所への就職者が多い傾向が見られる。次いで幼稚園となっており、概ね神奈川県や東京都を中心に首都圏が殆どである。また、保育士資格を活かした保育所以外の児童福祉施設(乳児院や児童養護施設など)や一般企業への就職者もいるほか、四年制大学への指定校推薦による三年次への編入学や、専攻科への進学も見られる。

四年制大学への3年次への編入学(指定校推薦枠が与えられている大学)[編集]

京都ノートルダム女子大学聖徳大学東洋英和女学院大学埼玉学園大学太成学院大学松陰大学静岡英和学院大学日本ウェルネススポーツ大学目白大学駒沢女子大学十文字学園女子大学

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 1972年度入学生をもって学生募集を終了。1975年8月7日付けで廃止。
  2. ^ 昭和39年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)29頁より。
  3. ^ 昭和43年度版『総覧』35頁より。
  4. ^ a b 1971年度用『全国短期大学案内梧桐書院、p220より。
  5. ^ 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)60頁「大和農芸家政短期大学」の項より。

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

関連サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。

座標: 北緯35度29分57.9秒 東経139度26分48.3秒 / 北緯35.499417度 東経139.446750度 / 35.499417; 139.446750