今福鶴見駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
今福鶴見駅
Imafuku-Tsurumi Station-201106.jpg
いまふくつるみ - Imafuku-Tsurumi
N23 蒲生四丁目 (1.2km)
(1.1km) 横堤 N25
所在地 大阪市城東区今福東2丁目
駅番号  N24 
所属事業者 大阪市交通局大阪市営地下鉄
所属路線 長堀鶴見緑地線
キロ程 11.4km(大正起点)
駅構造 地下駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
10,460人/日(降車客含まず)
-2013年-
乗降人員
-統計年度-
20,842人/日
-2013年-
開業年月日 1990年3月20日

今福鶴見駅(いまふくつるみえき)は、大阪市城東区鶴見区との区境にある、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線。駅の住所は城東区今福東2丁目14番15号。駅番号はN24

国道479号(大阪内環状線)と鶴見通の交点に位置する。

駅構造[編集]

島式ホーム(延長135m、幅7m)1面2線を有する地下駅である[1]。改札口は京橋寄りの1ヶ所のみ。

当駅はドーム前千代崎管区駅に所属し、横堤駅が管轄している。

当駅のテーマは鶴見区の区花の一つである「ハナミズキ」である。コンコースにハナミズキの壁画がある。

のりば[編集]

今福鶴見駅プラットホーム
ホーム 路線 行先
1 長堀鶴見緑地線 門真南方面
2 長堀鶴見緑地線 京橋心斎橋大正方面

利用状況[編集]

2013年11月19日の1日乗降人員20,842人(乗車人員:10,460人、降車人員:10,382人)である[2]。長堀鶴見緑地線の単独駅では第1位。

年度別利用状況(大阪府統計年鑑より)
年度 調査日 乗車人員 降車人員 乗降人員
1998年(平成10年) 11月10日 9,384 8,503 17,887
2007年(平成19年) 11月13日 10,240 10,191 20,431
2008年(平成20年) 11月11日 10,069 10,040 20,109
2009年(平成21年) 11月10日 10,356 10,456 20,812
2010年(平成22年) 11月09日 10,015 10,065 20,080
2011年(平成23年) 11月08日 9,958 9,916 19,874
2012年(平成24年) 11月13日 10,320 10,319 20,639
2013年(平成25年) 11月19日 10,460 10,382 20,842

駅周辺[編集]

商業施設[編集]

下記も参照

公共施設[編集]

その他[編集]

2001年に椿本チエインが鶴見四丁目から撤退した跡地に2003年6月28日にスーパーマーケット、飲食店の集合施設「クレッセグルメガーデン鶴見」がオープンした。これにより、当駅東側の鶴見区鶴見3丁目、4丁目周辺地域の生活上の利便性が大きく向上し、土地の人気があがったため、マンションの建設ラッシュがはじまり、人口が増加した。結果として当駅の利用人口も増加したので、駅前にコンビニやインターネットカフェ薬局学習塾、そしてNOVAも進出し、駅前は以前と比べ大変賑やかになった。

バス[編集]

最寄り停留所は、地下鉄今福鶴見となる。以下の路線が乗り入れ、大阪市交通局近鉄バスにより運行されている。

大阪市営バス
近鉄バス

歴史[編集]

  • 1990年(平成2年)3月20日 鶴見緑地線(現在の長堀鶴見緑地線)京橋~鶴見緑地間が開通した際に開業。
  • 2011年(平成23年)1月12日 可動式ホーム柵の使用を開始。

隣の駅[編集]

大阪市営地下鉄
長堀鶴見緑地線
蒲生四丁目駅 (N23) - 今福鶴見駅 (N24) - 横堤駅 (N25)
  • ()内は駅番号を示す。

脚注[編集]

  1. ^ 石本隆一『大阪の地下鉄 -創業期から現在までの全車両・全路線を詳細解説-』産調出版、1999年、ISBN4-88282-206-7、p.112
  2. ^ 路線別駅別乗降人員 2013年11月19日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]