ラドン (架空の怪獣)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代ラドン

ラドン (Rodan) は、映画『空の大怪獣ラドン』をはじめとする東宝製作の怪獣映画に登場する架空の怪獣である。ゴジラモスラと共に東宝三大怪獣と称される。

特徴[編集]

ラドンは翼竜プテラノドンが突然変異した怪獣。特撮美術監督の渡辺明がプテラノドンをモチーフにデザインした。名の由来もプテドンから。頭には2つに別れた突起が生えており(『ゴジラvsメカゴジラ』では3本)口には元となったプテラノドンにはない歯が生えている。体が巨大な上に超音速で飛ぶため、ソニックブームを巻き起こし、飛ぶだけで市街を破壊してしまう。初代は、自衛隊のロケット弾攻撃により誘発された阿蘇山噴火と流出した溶岩によって焼死した。

三大怪獣 地球最大の決戦』では、ゴジラと互角に戦う力を持っている。また、『ゴジラvsメカゴジラ』に再登場したラドンはゴジラの熱線を受けファイヤーラドンとなり、放射熱線と同程度の威力のウラニウム熱線を吐く能力を身につけた。

海外ではロダン (Rodan) と呼んでいる[1]

ラドンの声には、コントラバスの音と人の声を素材として加工を施したものが効果音として使われた。その後もウルトラシリーズやそれ以外の作品の怪獣の鳴き声に度々流用されている[要出典]。vsシリーズに登場したキングギドラ、バトラの声もラドンの声を使用したものである[2]

モスラ、アンギラスキングシーサーとともにゴジラの相棒的怪獣として高い人気を誇る。[要出典]

ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃』では怪獣島の怪獣の1体として[3]、『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』では、『キングギドラの大逆襲』タイトル時期の企画に味方側の怪獣として[4]モスラ3 キングギドラ来襲』ではモスラ(新)の敵怪獣として[5]登場する予定があったが、いずれも途中で変更になっている。

ゴジラ、モスラと並ぶ知名度は持つものの、タイトルに名前が登場した作品は今のところデビュー作の『空の大怪獣ラドン』のみ。

ラドンが登場する映画リスト[編集]

公開順。右は各作品に登場する怪獣。(ラドン・他の怪獣の順)

  1. 空の大怪獣ラドン(1956年) - ラドン、メガヌロン
  2. 三大怪獣 地球最大の決戦(1964年) - ラドン、ゴジラモスラ(幼虫)、キングギドラ
  3. 怪獣大戦争(1965年) - ラドン、ゴジラ、キングギドラ
  4. 怪獣総進撃(1968年) - ラドン、ゴジラ、ミニラ、モスラ(幼虫)、アンギラス、バラゴンゴロザウルスマンダバランクモンガ、キングギドラ
  5. ゴジラvsメカゴジラ(1993年) - ラドン、ゴジラ、ベビーゴジラメカゴジラ
  6. ゴジラ FINAL WARS(2004年) - ラドン、ゴジラ、ミニラ、モスラ(成虫)、カマキラス、クモンガ、ガイガン、マンダ、エビラ、アンギラス、キングシーサー、ヘドラモンスターX→カイザーギドラ

『空の大怪獣ラドン』のラドン[編集]

  • 身長:50メートル
  • 翼長:120メートル
  • 体重:1万5千トン

核実験の放射能や火山ガスによる高温化の影響で現代に復活した。劇中でプテラノドンとの関連性を示すような発言があるが、直接明言されていない。ただしシナリオ上の設定でプテラノドンは「中生紀に生息した飛竜の一種で空飛ぶ始祖鳥としては最大のもの」とされている[6]。阿蘇の炭坑の奥で卵から雛が誕生し、古代トンボの幼虫メガヌロンを捕食していた。成長した1頭が阿蘇山から出現したあと、航空自衛隊F-86戦闘機と大規模な空中戦を展開。追撃を振り切った後、佐世保や福岡に降り立ち大暴れした。このとき口から煙のようなもの(一部書籍にて「ガス状の武器」とされている)を吐いているが、パチンコ屋に突っ込んだタンクローリーが爆発して炎上しただけで、威力のほどはよく分からない。

陸空両自衛隊からの猛攻により危機に陥った時にもう1頭が出現したが、最期は帰巣本能で阿蘇山に帰ってきたところを自衛隊のミサイル攻撃を受け、その影響で阿蘇山が噴火し2頭のラドンは脱出するもマグマの噴出に巻き込まれ、真っ赤な溶岩の中に消えた。

  • スーツアクター中島春雄
  • 作中ではラストシーンになるまでラドンが2頭いるという明確な描写がない[7]。一応伏線は張られているが、世界各地で未確認飛行物体による被害が同時に出ているという電話を航空自衛隊の基地司令室で新聞記者が本社から受け取るという非常に分かりづらい演出のため、観客が混乱するという意見があった[要出典]。このため海外公開版では2頭いることを説明するシーンが追加されている。
  • 監督の本多猪四郎も、特技監督の円谷英二も、「この2頭のラドンはつがいである」と述べている。
  • 本作のラドンは背中に緑と黄色のラインが入っている。頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄による。デザインは数回にわたり検討され、「始祖鳥タイプ」、「鳥の羽をつけたもの」、「翼竜タイプ」の検討用粘土モデルが作られている。子供のラドンは、手踊り式のギニョール・モデルで表現されている[9]

ゴジラシリーズ(昭和)のラドン[編集]

  • 身長・翼長・体重は初代と同じ(各作品共通)

昭和期のゴジラシリーズに登場したラドンは、各作品のストーリー上の矛盾はあるもののすべて同一のものとされており、便宜上二代目ラドンと呼ばれることが多い[10][11]。初代と比べると背中の形が異なっている。

『三大怪獣 地球最大の決戦』[編集]

阿蘇山から登場した初代の同族[13]。前作のモスラ戦のダメージで白熱光しか吐けないゴジラを追い詰め、ゴジラを持ち上げて叩き落すなど互角に戦ったが、モスラが仲裁に入り、戦いは引き分けに終わる。モスラに宇宙怪獣キングギドラと戦おうと言われるが「いつも我々をいじめてきた人類を守る必要はない」とゴジラと共に拒否した。しかし、モスラの戦いを見ているうちにゴジラ、モスラとキングギドラを倒すために共闘。キングギドラとの戦闘中に空中で急旋回し体当たりをする、モスラを背中に乗せて飛ぶなどして、キングギドラを宇宙に追い返した。

  • スーツアクターは宇留木耕嗣[14]
  • 阿蘇山から飛び立つときにはなぜかゴジラの声で鳴いている。
造形
スーツは本作のための新造形[15]。頭部造形は利光貞三、胴体は八木寛寿八木康栄による。
円谷からラドンの羽を鳥のように折りたためないか造形班に要望があり、翼の骨材に支点を入れて制作されたが、ラテックスを塗った段階で弾力を持ってしまい、上手くいかなかった[15]。操作棒で動かす操り人形式のモデルが作られ、ゴジラと見合って戦う場面のほとんどで使われている。また、アップ用の頭部は、口と目玉がリモコンで動く[15]。阿蘇山から現れるシーンで使われた際に、顎の開閉部分のギミックが丸見えになっている。
細かい表情やゴジラとの対決シーンのほとんどは、2サイズの棒操り式のギニョールが使われている[15]。大型の飛行ミニチュアも用意され、劇中ではモスラの幼虫を背中に乗せて飛行するという芸当を見せた。
2尺大の飛行ミニチュアは、ゴジラと併せて円谷特技プロに貸し出され、『ウルトラQ』に登場する怪鳥リトラに改造された。改造は井上泰幸。返却されたこのミニチュアは、『南海の大決闘』(1966年)で利光らによって「大コンドル」に改造され登場した[16]

『怪獣大戦争』[編集]

ゴジラと共にX星人に宇宙に連れて行かれ、キングギドラと戦った。その後X星人に操られてゴジラ、キングギドラ共々地球を襲うが、地球人の反撃でコントロールが切れてからはゴジラと共闘してキングギドラと再戦し宇宙へ追い返す。X星人からは「怪物02(かいぶつゼロツー)」と呼ばれる。

  • スーツアクターは篠原正記[17]
  • 着ぐるみ(ぬいぐるみ)は前作『三大怪獣 地球最大の決戦』の流用である。翼幅が広く修正され[18]、頭と脚部も外観が変化している。最後にゴジラと共にキングギドラに体当たりして撃退するシーンには縮小人形を使用。

『怪獣総進撃』[編集]

小笠原の怪獣ランドで保護されており、近海の海洋牧場で飼育されているイルカを主食としていた。怪獣ランドを占領したキラアク星人に操られ、モスクワを襲撃した後、ウラル山脈上空でSSTを撃墜。さらに宇宙船ファイヤードラゴンの護衛を任せられた。キラアク星人のコントロールが切れた後、バランバラゴンマンダを除く怪獣と共闘し、富士のすそ野でキングギドラと戦うが、途中で戦いから外れて飛び立った。キングギドラを倒した後に出現した怪獣ファイヤードラゴン(キラアクの円盤)に接近するも逆に高熱で負傷したが、ラストでは再び怪獣ランドに戻っている。

  • スーツアクターは新垣輝雄
  • 再び『地球最大の決戦』のものが流用されている[19]。頭と翼が補修され、この際、喉元に縦長のコブのようなものが出来ている。

『ゴジラvsメカゴジラ』のラドン[編集]

  • 身長:70メートル
  • 翼長:150メートル
  • 体重:1万6千トン

アドノア島のプテラノドンが島に投棄された使用済核燃料の放射性物質で変異した怪獣。その巣にゴジラザウルスの卵を托卵された状態で中生代から眠りについていたため、ゴジラザウルスの幼体=ベビーゴジラを同族の兄弟だと思い、放射性物質の影響で怪獣化した後もその卵を護っている。

ベビーゴジラの卵に反応して出現したゴジラに高速で襲いかかり、背後や足元から襲撃したりで顔面をえぐったりと知略を尽くして苦戦させ、ついには岩山に生き埋めにした。が、直後にゴジラの尾の一撃で叩き落とされ、再び飛翔する前に踏みつけられた末に熱線を叩き付けられ敗れてしまう。

皮膜内に大きな骨のような物が見受けられるが、設定ではこれは血管であるとされている[20]。また頭の突起物も2本から3本になっている他、尾の形も変更されている。

  • 昭和シリーズまでとは異なり、着ぐるみは使われず、人形繰演のみで演じられた。製作初期段階では着ぐるみを使うことも想定されていた[21]
  • 脚本段階では「ホワイトラドン」という名称で[22]、これに準じたデザインも描かれている[23]。デザインは主に吉田穣[21]。準備段階では雌雄二匹で登場する案も存在し、鶏冠のついた雄のデザインも起こされている[23]
  • この作品のみ分類が「空の大怪獣」ではなく「翼竜怪獣」となっている[25]

ファイヤーラドン[編集]

ゴジラに敗れたラドンが、ベビーゴジラの卵に付着していた古代のシダ類の植物・シプニオキスをサイコメトリングして出来上がった「エスパー・コーラス」の影響で赤く変化した姿。口からウラニウム熱線を吐くことが可能となった。シプニオキスの波動に激しく反応する。同じ巣で生まれたため兄弟だと思いこんでいるベビーゴジラを追って青森市仙台市松島東京湾浦安市に飛来。ベビーゴジラを輸送中のヘリコプターを襲撃して破壊し、輸送用のコンテナごとベビーを強奪した。

その後、幕張に降り立ちコンテナからベビーゴジラを引き出そう(助け出そう)としたが、そこに到着したガルーダ、メカゴジラと交戦。ドッグファイトの末にガルーダを撃墜し、火力と防御力に苦戦しつつも本領の奇襲でメカゴジラの右目(レーザーキャノン)も破壊するが、プラズマ・グレネイドの零距離発射で胸を破られ、緑色の血の泡を吹きながら倒されてしまう。しかし、同じくベビーゴジラを求めて到着したゴジラまでもメカゴジラに倒され瀕死になった際に、残り少ない命を振り絞って飛び立ち、メカゴジラの攻撃を受けながらもゴジラの元へ降り立ち、そこで体組織が体内の放射性物質に耐えられず風化するも、ゴジラにエネルギーを与え復活させた。

  • 古代の唄の歌詞を訳すと「空の神と海の神の間に子供が生まれた」とある。ラドンは「空の神」に該当すると考えられる。
  • 劇中ではファイヤーラドンの名前は出ず、単にラドンと呼ばれていた。
  • ゴジラの赤い熱線と共に、命の脈動の力強さをで象徴しており、鋭利で金属質なメカゴジラとの対比を表現している[26]

『ゴジラ FINAL WARS』のラドン[編集]

  • 体長:100メートル
  • 翼長:200メートル
  • 体重:3万トン

X星人の手先として登場。日本人初の国連事務総長・醍醐の乗る事務総長専用機を襲撃した後、アメリカのニューヨークで大暴れし、空中戦艦ランブリングと激突した。一度はX星人により回収されるも、再び地球侵略のため解放されランブリングを撃沈した。その後、キングシーサーアンギラスと共にゴジラを倒す刺客として送られ、富士のすそ野で戦う。3体の怪獣で連携攻撃を試みるも、ゴジラが尻尾で弾いたアンギラスボールにより撃墜され、さらにはアンギラス、キングシーサーが倒れているラドンの上に次々と飛んできてしまい、完全にのびてしまう。この戦いはどちらかといえばコメディ調でまとめられている。脚本上で存在したとどめの放射熱線は省略された。武器は超音速衝撃粉砕波(ソニックブーム)。

  • スーツアクターは神尾直子
  • 『怪獣総進撃』以来の着ぐるみでの登場であり、頭の突起物が前作の3本から2本に戻っている。体色はファイヤーラドンに近い赤色になっている。また翼の指の構造は実際の翼竜と同じになった。デザインは西川伸司

『怪獣プラネットゴジラ』のラドン[編集]

ゴジラ、モスラと共に緑の惑星「怪獣プラネット」に生息していた。飛来した宇宙探査船アース号にウラニウム熱線で襲いかかったりしたが、アース号の惑星からのワープによる離脱に巻き込まれたのか、地球の東京に出現し、ゴジラと戦った。アース号から散布された惑星の緑の木の実を浴び、大人しくなり光に包まれて宇宙へ帰った。

  • 造形物はファイヤーラドンの流用。
  • 身長と体重は不明だが大きさは『vsメカゴジラ』のラドンの半分ほどである。

『ゴジラアイランド』のラドン[編集]

ゴジラアイランドの怪獣として登場する。嘴による突き攻撃が得意技。ゴジラと共闘して、敵が送り込む怪獣と最前線に向かうことが多い。

「人口太陽編」ではメガロを掴んで上空からデストロイアに落下させるなど頭脳攻撃を見せた。

島にあるラドン温泉には体を癒すためによく入浴している(ゴジラやキングシーサーも入ることがある)。

ファイヤーラドン[編集]

ラドンが炎の精霊の力を得てパワーアップした姿。名前こそファイヤーラドンだが、通常のラドンの色違いだったオリジナルと違い、全身が炎に包まれ輝いている姿をしており、口から熱線では無く火炎を吐くなど、設定も合わせオリジナルと異なる。

ネオヘドラが出現した際に、ヘドラを倒すためにはゴジラの熱線では威力が足りないことから、キングシーサーの提案で誕生した。誕生には人間の祈りも必要となる。口から強力な「ウラニウム熱線」を発射し、その火力は4万度に及ぶ。

その他の作品[編集]

  • 1966年に朝日ソノラマから発売されたソノシート『大怪獣戦 30怪獣大あばれ!!』収録の「宇宙怪獣対地球怪獣」に宇宙怪獣と戦う地球怪獣空軍の1体として登場する[27]
  • 漫画『怪獣王ゴジラ』に悪の科学者であるマッド鬼山が、かつて現れたラドンを改造した設定で登場。
  • 『CRゴジラ3』の実写カットは「FINAL WARS」の着ぐるみを使用。登場パートには「ゴジラ対ラドン」(「ラドン」のロゴは『空の大怪獣ラドン』のタイトルのもの)というタイトルがつく。

テーマ曲[編集]

ラドンのテーマは、1993年のファイヤーラドンに到るまで伊福部昭作曲のテーマ曲が使用されてきた。テーマ曲は大きく分けて2種類あり、それぞれ「初代ラドンのテーマ」、「二代目ラドンのテーマ」と呼ばれる。ファイヤーラドンのテーマも、二代目のものの編曲であった。

「初代のテーマ」は、アントン・ヴェーベルンの曲風の高音の弦楽器のバックに低音の金管楽器のメロディーがかぶさるという、独特のものであった。ラドンのテーマを含め、『空の大怪獣ラドン』の音楽は全体的に『ゴジラ』から続くスタンス(怪獣による破壊と恐怖、不安感、悲劇性)を踏襲した荘重なものであった。

一方、怪獣映画が子供を強く意識したより娯楽性の強い映画へと変貌した時代にスクリーンに登場した「二代目のテーマ」は、トランペットが高らかに旋律を奏でるという旋律を重視したより明快な曲に変更された。これは、怪獣を恐怖や不安といった漠然としたものの具象としてではなく、よりヒーロー性の強いキャラクターとして描くようになったことによる変化であった。また、テーマ曲におけるゴジラとの差別化という観点もあった。

『ゴジラvsメカゴジラ』でも、作中でのラドンの位置づけからこの路線は継承された。この作品では、二代目のものに重厚さを増した編曲がなされた。このような従来のテーマ曲の重厚化は、平成シリーズにおける編曲の基本であった。

備考[編集]

  1. ^ 野村宏平 2004, pp. 125.
  2. ^ 田中友幸 1993, pp. 156.
  3. ^ 『東宝特撮映画全史』 東宝2012年、134頁。ISBN 9784864910132
  4. ^ 『ゴジラ大全集』 講談社1994年、73頁。ISBN 4-06-178417-X
  5. ^ 『モスラ3 キングギドラ来襲大百科』 勁文社1998年、84頁。ISBN 4-7669-3116-5鈴木健二インタビューより。
  6. ^ 田中友幸 1993, pp. 61.
  7. ^ 福岡での戦闘の最後のシーンに、地上にいるラドンの上空を飛行するもう一頭のラドンが写っている。
  8. ^ 中島春雄 2010, pp. 202-204.
  9. ^ 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』では着ぐるみで中島が自らが入ったと記している[8]
  10. ^ 野村宏平 2004, pp. 288.
  11. ^ 前述の主演作における2頭が親子である、とする説もあるため、文献によっては三代目と呼ばれる場合もある[要出典]
  12. ^ 『オール東宝怪獣大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年4月27日、47頁。ISBN 978-4-8003-0362-2
  13. ^ 2頭の子供であり、前作で目撃された雛が成長した姿という説もある[12]
  14. ^ 中島春雄 2010, p. 138.
  15. ^ a b c d 元山掌 et al. 2012, pp. 89.
  16. ^ 間宮尚彦 『ゴジラ1954-1999超全集』 小学館2000年1月1日、116頁。ISBN 4091014704
  17. ^ 中島春雄 2010, p. 151.
  18. ^ 元山掌 et al. 2012, pp. 105.
  19. ^ 元山掌 et al. 2012, pp. 125.
  20. ^ 野村宏平 2004, pp. 289.
  21. ^ a b 田中友幸 1993, pp. 65.
  22. ^ 元山掌 et al. 2012, pp. 238.
  23. ^ a b 平成ゴジラパーフェクション 2012 p.65 「ゴジラVSメカゴジラアートワークス」。
  24. ^ 間宮尚彦 『ゴジラ1954-1999超全集』 小学館2000年1月1日、41頁。ISBN 4091014704
  25. ^ 『ゴジラ1954-1999超全集』では他の作品同様「空の大怪獣」と表記している[24]
  26. ^ 『ゴジラvsメカゴジラ』劇場パンフレット川北紘一メッセージより。
  27. ^ 野村宏平 2004, pp. 284.

参考文献[編集]

関連項目[編集]