体外式膜型人工肺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ECMOから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

体外式膜型人工肺(たいがいしきまくがたじんこうはい、: Extracorporeal membrane oxygenation, ECMO, エクモ)は、重症呼吸不全患者または重症心不全患者に対して(時に心肺停止状態の蘇生手段として)行われる生命維持法である[1]

ECMOの模式図

心臓が、生命を維持するのに十分な機能を失った際に、心臓と呼吸の補助をする治療法である。

ECMOは患者の体内から血液を抜き出し(脱血)、人工肺にて二酸化炭素を拡散により除去するとともに、赤血球に酸素を付加(酸素化)し、再び体内に戻す(送血)ことを行う。これにより、肺が本来行うべき酸素化と二酸化炭素除去を代替し、肺を全く使用しなくてもよい状況(Lung Rest)を作り出す。

歴史[編集]

心臓と肺の機能を一時的に代行するための人工心肺装置は、1930年代にアメリカ合衆国の外科医ジョン・ヘイシャム・ギボンとその妻Maryによって研究、開発された。1953年にギボンによりジェファーソン大学病院にて行われた心房中隔欠損閉鎖術が人工心肺装置を用いた初めての成功例である。

1954年、C・ウォルトン・リレヘイ(C. Walton Lillehei)は、Richard DeWallと共に開発した気泡型人工肺を用いて、心臓外科手術を行った。

その当時の人工肺は、数時間しか使用できなかったが、その後シリコンゴムの開発による進化や、様々な症例に対する試行が行われる中で、膜型人工肺を用いた体外循環に対してECMOという用語が使われるようになった。

1972年に J・ドナルド・ヒル(J. Donald Hill)らによって、外傷への整形外科手術後に発生した呼吸不全に対して、部分的な動脈灌流処置を行うことによって患者肺の機能が回復するに至った症例が、ECMOによる最初の救命例である。

用途[編集]

ECMO回路

ECMOの適応と実践を説明するガイドラインは、ELSO(Extracorporeal Life Support Organization, )によって公開されている。

ECMOの開始基準は施設によって異なるが、通常、可逆的で従来の管理に反応しない可能性のある急性または重度の心不全または肺不全が含まれる。ECMOの開始を促す可能性のある臨床的状況の例には、以下が含まれる: [2]

2009年新型インフルエンザの世界的流行[編集]

2009年新型インフルエンザの世界的流行にて、発生した重症呼吸不全に対し、全世界でECMOが使用され、良好な成績を収めたが、当時V-V ECMOで遅れを取っていた日本では、生存率36%と惨憺たる結果だった[3]。この時の教訓で、重症呼吸不全に対するECMOの治療成績高上を目指し、日本呼吸療法医学会では[4]『ECMOプロジェクト』を立ち上げた[5]

新型コロナウイルス(COVID-19)患者での使用[編集]

2020年2月初旬から、中国の医師はSARS-CoV-2感染(COVID-19)に伴う急性ウイルス性肺炎を呈する患者の補助的対処療法として、換気後でも、血中酸素化レベルが低すぎて患者を維持できない場合、ECMOを利用している[6]。最初の報告は、患者の血中酸素飽和度を回復しECMOが利用された重症例の約3%の死亡率を低下させるのに役立つことを示している[7]。 日本では、重症呼吸不全患者に対して行われる呼吸ECMO(後述)について、2020年2月27日[8]に続いて3月24日に第2版[9]の基本的注意事項が出されている。ECMOの適応は

  1. 慎重かつ総合的に判断
  2. COVID-19 への ECMO 治療はかなりの人員と労力が必要
  3. PEEP 10cm H2O、P/F<100 で進行性に悪化する場合はECMOを考慮

であり、高圧での人工呼吸を長期間(約7日間)行った後のECMOは非常に予後が悪いとしている[9]。また、ECMOの禁忌は、

  1. 不可逆性の基礎疾患
  2. 末期癌
  3. 慢性心不全、慢性呼吸不全、その他重度の慢性臓器不全の合併は予後が悪い
  4. 年齢 65-75 才以上は予後が悪く、一般的には適応外

としている[9]

2020年4月25日集計で、これまでのCOVID-19による重症呼吸不全ECMO治療患者109名中、離脱(回復)46名、治療継続中44名、死亡19名[10]

成果[編集]

初期の研究では、特に急性呼吸窮迫症候群の状況において、急性呼吸不全の人々に対するECMOの使用による生存の利点が示された[11][12]。ELSOに管理されている、ECMOを受けた約51,000人は、新生児呼吸不全の75%の生存、小児呼吸不全の56%の生存、および成人呼吸不全の55%の生存の結果を報告している[13] 。他の観察および非対照臨床試験では、50〜70%の生存率が報告されている[14][15]。これらの報告された生存率は、過去の生存率よりも優れている[16][17][18]。ECMOはさまざまな死亡率のさまざまな状況で使用されているが、早期発見は悪化の進行を防ぎ、生存率を高めるための鍵となる[19]

英国では、veno-venous ECMO(V-V ECMO, 静脈脱血―静脈送血 ECMO)の展開は指定されたECMOセンターに集中しており、潜在的にケアを改善し、より良い結果を促進している。

禁忌[編集]

ほとんどの禁忌は相対的であり、手順のリスク(他の人に使用できる貴重なリソースを使用するリスクを含む)と潜在的な利益のバランスをとる。 相対的禁忌は次のとおり。

  1. その人が回復した場合、通常の生活と両立しない状態である
  2. 生活の質に影響を与える既存の状態( CNS状態、末期悪性腫瘍、抗凝固療法による全身出血のリスク)
  3. 年齢、体格
  4. 無益:重症度が重い人、従来の治療を受けている期間が長すぎる人、または致命的な診断を受けている人

方式[編集]

心不全または呼吸不全に対する静脈脱血-動脈送血(VA)ECMO[20]
呼吸不全に対する 静脈脱血-静脈送血(V-V)ECMO[20]  

ECMO主に2種類の方式がある。

V-A ECMO(Veno-Arterial ECMO; 静脈脱血―動脈送血)

大静脈から血液を脱血し、人工肺で酸素化した後、大動脈に送血する。心不全やショック、心肺停止などに使用される。

日本ではV-A ECMOをPCPS(Percutaneous cardio pulmonary support)と呼ぶことがある。

心臓手術において、人工心肺がすでに確立されている場合、緊急開胸が行われた場合等は、胸部の大静脈と大動脈に直視下でカニューレを挿入するCentral ECMOを行うことがある[21]

V-V ECMO(Veno-Venous ECMO; 静脈脱血―静脈送血)

大静脈から血液を脱血し、人工肺で酸素化した後、大静脈に送血する。全身に血液を送る機能は心臓に依存する。ARDSを伴う肺機能不全などに使用される。

呼吸不全を伴う心不全にはV-AV ECMO(静脈脱血―動静脈送血)を行う場合がある。

2009年のCESAR studyにてV-V ECMOの有用性が証明された。[22]

開始[編集]

ECMOは導入、維持、中止のトレーニングと経験がある医師が実施し、それぞれの場面で、手技に精通した看護師臨床工学技士薬剤師理学療法士など専門知識を用いて協力する。

挿入[編集]

カニューレは、体格に合った適切なサイズのものを、セルジンガー法 (Seldinger technique)、または外科的切開(Cut Down)により、挿入する。

カニューレ挿入と回路への接続後、循環を開始する。

維持[編集]

呼吸療法士が新生児からECMO療法の準備のために血液サンプルを採取している

血行動態や、全身の状態踏まえて血流量、送血温度、酸素濃度、酸素流量を設定する。維持には生体情報モニタ、各種血液検査を参考にする。適切に維持している間に、ECMO導入の原因となった疾患を治療し離脱の方向へ進む。

合併症[編集]

ECMOの一般的な合併症は、くも膜下出血腹腔内出血脳梗塞、大血管損傷、下肢虚血等が挙げられる[23]

出血性合併症は、持続的な抗凝固療法播種性血管内凝固症候群(DIC)の両方により起こり、ECMOを受けた人の30〜40%で発生する。

研究[編集]

2014年の研究では、第XIIa因子阻害抗体が出血リスクを増加させることなく体外循環の血栓保護を提供することが示された[24] 。新生児動物での実験は、ECMO治療が腸細胞のアポトーシス、 腸粘膜バリアの損傷、および細菌の移動につながる可能性があることを示した。これは、新生児の全身性炎症反応症候群の重症度を説明できるかもしれない[25]。ECMOはまた、 遺体へ使用することで、 移植臓器の生存率を高めることができると考えられている[26]

日本でECMO治療に使用されている機器のメーカー[編集]

国および地域別のECMOの数[編集]

国/地域 大陸 ECMOを提供している病院の数 ECMOの数
アメリカ合衆国の旗アメリカ合衆国 北アメリカ 264(2019年)[27]
ブリティッシュコロンビア州の旗ブリティッシュコロンビア州/カナダ 北アメリカ 32(2020年)[28]
イングランドの旗イングランド/英国 ヨーロッパ 5(2020年)[29] 15(2020年) [29]
北アイルランドの旗北アイルランド/英国 ヨーロッパ 0(2020年)[29] 0(2020年)[30]
スコットランドの旗 スコットランド/英国 ヨーロッパ 0(2020年)[29] 0(2020年)[29]
ドイツの旗 ドイツ ヨーロッパ 40(2019年)[31]
ポーランドの旗ポーランド ヨーロッパ 47(2020年)[32]
スウェーデンの旗スウェーデン ヨーロッパ 7 以上(2020年)[33]  
アルバニアの旗アルバニア ヨーロッパ 0(2020年)[34] 0(2020年)[34]
ロシアの旗 ロシア ヨーロッパ 124 + 17(2020年)[35]
モスクワの旗モスクワ ヨーロッパ 16(2020年)[36]
日本の旗 日本 アジア 1,412(2020年)[37][38]
中華人民共和国の旗中華人民共和国 アジア 約400(2020年)[39]

ECMOnet[編集]

日本COVID19対策ECMOnet(略称・ECMOnet)は、日本集中治療医学会がECMOを中心とした重症管理の助言を行う電話相談窓口[40]。ECMOによる呼吸管理に習熟した人材が十分でない施設でも、重症例の治療に当たる必要がある状況が発生し得ることから、医療機関へのサポートを24時間体制で実施することに決めた。専用電話番号は、日本集中治療医学会、日本救急医学会、日本呼吸療法医学会、日本感染症学会、日本呼吸器学会、PCPS/ECMO研究会の会員にのみ配信している[41]。広域搬送の判断で、ECMOcarと名付けられた大型救急車が向かい長距離搬送することもある[42]

参考文献[編集]

  • Cohen, Gordon; Permut, Lester (2005). “Decision making for mechanical cardiac assist in pediatric cardiac surgery”. Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery: Pediatric Cardiac Surgery Annual 8: 41–50. doi:10.1053/j.pcsu.2005.02.004. PMID 15818357. 
  • Jobe, Alan H. (2004). “Post-conceptional age and IVH in ECMO patients”. The Journal of Pediatrics 145 (2): A2. doi:10.1016/j.jpeds.2004.07.010. 
  • Vural, Kerem M. (2008). “Ventricular assist device applications”. Anadolu Kardiyoloji Dergisi 8 (Suppl 2): 117–130. PMID 19028644. http://www.anatoljcardiol.com/jvi.aspx?un=AJC-93546. 
  • Wang, Dongfang; Zhou, Xiaoqin; Liu, Xiaojun; Sidor, Bill; Lynch, James; Zwischenberger, Joseph B. (2008). “Wang-Zwische Double Lumen Cannula—Toward a Percutaneous and Ambulatory Paracorporeal Artificial Lung”. ASAIO Journal 54 (6): 606–11. doi:10.1097/MAT.0b013e31818c69ab. PMID 19033774. 
  • Cornell, Timothy; Wyrick, Polly; Fleming, Geoffrey; Pasko, Deborah; Han, Yong; Custer, Joseph; Haft, Jonathan; Annich, Gail (2007). “A Case Series Describing the Use of Argatroban in Patients on Extracorporeal Circulation”. ASAIO Journal 53 (4): 460–3. doi:10.1097/MAT.0b013e31805c0d6c. PMID 17667231. 

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Extracorporeal membrane oxygenation(ECMO) 日本呼吸器学会誌第3巻第6号(2014年) (PDF)
  2. ^ General Guidelines for all ECLS Cases”. Extracorporeal Life Support Organization. 2015年4月15日閲覧。
  3. ^ 2010年度インフルエンザ重症症例の解析結果”. square.umin.ac.jp. 2020年4月1日閲覧。
  4. ^ 一般社団法人 日本呼吸療法医学会”. square.umin.ac.jp. 2020年4月1日閲覧。
  5. ^ ECMOプロジェクト”. square.umin.ac.jp. 2020年4月1日閲覧。
  6. ^ 30 to 39 pct of severe COVID-19 patients discharged from Wuhan hospitals: official - Xinhua | English.news.cn”. www.xinhuanet.com. 2020年2月16日閲覧。
  7. ^ CDC (2020年2月11日). “2019 Novel Coronavirus (2019-nCoV)” (英語). Centers for Disease Control and Prevention. 2020年2月16日閲覧。
  8. ^ COVID-19 急性呼吸不全への人工呼吸と ECMO基本的注意事項 日本集中治療医学会ら (PDF)
  9. ^ a b c COVID-19 急性呼吸不全への人工呼吸と ECMO基本的注意事項(第2版) 日本集中治療医学会ら (PDF)
  10. ^ COVID-19 による重症呼吸不全ECMO 治療状況 日本 COVID-19 対策 ECMOnetら (PDF)
  11. ^ Peek, GJ; Moore, HM; Moore, N; Sosnowski, AW; Firmin, RK (1997). “Extracorporeal membrane oxygenation for adult respiratory failure”. Chest 112 (3): 759–64. doi:10.1378/chest.112.3.759. PMID 9315812. 
  12. ^ Lewandowski, K.; Rossaint, R.; Pappert, D.; Gerlach, H.; Slama, K.-J.; Weidemann, H.; Frey, D. J. M.; Hoffmann, O. et al. (1997). “High survival rate in 122 ARDS patients managed according to a clinical algorithm including extracorporeal membrane oxygenation”. Intensive Care Medicine 23 (8): 819–35. doi:10.1007/s001340050418. PMID 9310799. 
  13. ^ Paden, Matthew L.; Conrad, Steven A.; Rycus, Peter T.; Thiagarajan, Ravi R. (2017-04-01). “Extracorporeal Life Support Organization Registry International Report 2016”. ASAIO Journal 63 (1): 60–67. doi:10.1097/MAT.0000000000000475. PMID 27984321. 
  14. ^ Hemmila, Mark R.; Rowe, Stephen A.; Boules, Tamer N.; Miskulin, Judiann; McGillicuddy, John W.; Schuerer, Douglas J.; Haft, Jonathan W.; Swaniker, Fresca et al. (2004). “Extracorporeal Life Support for Severe Acute Respiratory Distress Syndrome in Adults”. Annals of Surgery 240 (4): 595–605; discussion 605–7. doi:10.1097/01.sla.0000141159.90676.2d. PMC: 1356461. PMID 15383787. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1356461/. 
  15. ^ Brogan, Thomas V.; Thiagarajan, Ravi R.; Rycus, Peter T.; Bartlett, Robert H.; Bratton, Susan L. (2009). “Extracorporeal membrane oxygenation in adults with severe respiratory failure: A multi-center database”. Intensive Care Medicine 35 (12): 2105–14. doi:10.1007/s00134-009-1661-7. PMID 19768656. 
  16. ^ Kolla, S; Awad, SS; Rich, PB; Schreiner, RJ; Hirschl, RB; Bartlett, RH (1997). “Extracorporeal life support for 100 adult patients with severe respiratory failure”. Annals of Surgery 226 (4): 544–64; discussion 565–6. doi:10.1097/00000658-199710000-00015. PMC: 1191077. PMID 9351722. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1191077/. 
  17. ^ Rich, PB; Awad, SS; Kolla, S; Annich, G; Schreiner, RJ; Hirschl, RB; Bartlett, RH (1998). “An approach to the treatment of severe adult respiratory failure”. Journal of Critical Care 13 (1): 26–36. doi:10.1016/S0883-9441(98)90026-0. PMID 9556124. 
  18. ^ Ullrich, R; Lorber, C; Röder, G; Urak, G; Faryniak, B; Sladen, RN; Germann, P (1999). “Controlled airway pressure therapy, nitric oxide inhalation, prone position, and extracorporeal membrane oxygenation (ECMO) as components of an integrated approach to ARDS”. Anesthesiology 91 (6): 1577–86. doi:10.1097/00000542-199912000-00007. PMID 10598597. 
  19. ^ Lich, Byran (2004). The Manual of Clinical Perfusion (2nd ed.). Fort Myers, Florida: Perfusion.com. ISBN 978-0-9753396-0-2 
  20. ^ a b Van Meurs, Krisa; Lally, Kevin; Zwischenberger, Joseph B. et al., eds (2005). ECMO: Extracorporeal Cardiopulmonary Support in Critical Care. Ann Arbor: Extracorporeal Life Support Organization. ISBN 978-0-9656756-2-8 [要ページ番号]
  21. ^ Madershahian, Navid; Nagib, Ragi; Wippermann, Jens; Strauch, Justus; Wahlers, Thorsten (2006). “A Simple Technique of Distal Limb Perfusion During Prolonged Femoro-Femoral Cannulation”. Journal of Cardiac Surgery 21 (2): 168–9. doi:10.1111/j.1540-8191.2006.00201.x. PMID 16492278. 
  22. ^ Peek, Giles J; Clemens, Felicity; Elbourne, Diana; Firmin, Richard; Hardy, Pollyanna; Hibbert, Clare; Killer, Hilliary; Mugford, Miranda et al. (2006-12-23). “CESAR: conventional ventilatory support vs extracorporeal membrane oxygenation for severe adult respiratory failure”. BMC Health Services Research 6: 163. doi:10.1186/1472-6963-6-163. ISSN 1472-6963. PMC: 1766357. PMID 17187683. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1766357/. 
  23. ^ Mateen, Farrah J.; Muralidharan, R.; Shinohara, R. T.; Parisi, J. E.; Schears, G. J.; Wijdicks, E. F. (2011). “Neurological Injury in Adults Treated With Extracorporeal Membrane Oxygenation”. Archives of Neurology 68 (12): 1543–9. doi:10.1001/archneurol.2011.209. PMID 21825216. 
  24. ^ “A Factor XIIa Inhibitory Antibody Provides Thromboprotection in Extracorporeal Circulation Without Increasing Bleeding Risk.”. Sci. Transl. Med. 6 (222): 222. (Jan 2014). doi:10.1126/scitranslmed.3006804. PMID 24500405. 
  25. ^ MohanKumar K (Feb 2014). “Intestinal epithelial apoptosis initiates gut mucosal injury during extracorporeal membrane oxygenation in the newborn piglet”. Lab. Invest. 94 (2): 150–160. doi:10.1038/labinvest.2013.149. PMC: 3946757. PMID 24365747. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3946757/. 
  26. ^ Magliocca, JF; Magee, JC; Rowe, SA; Gravel, MT; Chenault Rh, 2nd; Merion, RM; Punch, JD; Bartlett, RH et al. (2005). “Extracorporeal support for organ donation after cardiac death effectively expands the donor pool”. The Journal of Trauma 58 (6): 1095–101; discussion 1101–2. doi:10.1097/01.ta.0000169949.82778.df. PMID 15995454. 
  27. ^ Miracle medical machine ECMO makes heroic rescues, but leaves patients in limbo. USA Today. June 17, 2019.
  28. ^ Coronavirus outbreak: B.C. health officials confirm 11 new cases of COVID-19 (14:40-). Global News. March 14, 2020.
  29. ^ a b c d e Coronavirus: England only has 15 beds for worst respiratory cases. The Guardian. February 27, 2020.
  30. ^ Northern Ireland, Scotland and Wales rank amongst the lowest countries in the developed world for the number of intensive care beds. Slugger O'Toole. March 4, 2020.
  31. ^ Immer mehr Grippefälle: Eine kleine Maschine am Helios Klinikum kann Leben retten (ドイツ語). Pforzheimer Zeitung. February 18, 2020.
  32. ^ Walka z koronawirusem. Ile w Polsce jest urządzeń do wspomagania oddychania? (ポーランド語). TVN24. March 12, 2020.
  33. ^ Få Ecmo-platser för svårt coronasjuka på Nya Karolinska (スウェーデン語). Dagens Nyheter. March 10, 2020.
  34. ^ a b Mjeku shqiptar në Gjermani: Ka disa kushte për vetizolimin, në Shqipëri nuk ka aparat ECMO, rreziku është i madh (アルバニア語). Ora News. March 12, 2020.
  35. ^ Голикова заверила, что медики в РФ готовы к любому развитию ситуации с COVID-19 (ロシア語). Department of health of Moscowロシア語版. March 16, 2020.
  36. ^ НОВАЯ ИНФЕКЦИОННАЯ БОЛЬНИЦА СМОЖЕТ ПРИ НЕОБХОДИМОСТИ ПРИНЯТЬ ДО 500 ЧЕЛОВЕК (ロシア語). Department of health of Moscowロシア語版. March 13, 2020.
  37. ^ 人工呼吸器およびECMO装置の取扱台数等に関する緊急調査 (日本語). Japan Association for Clinical Engineers日本語版. March 9, 2020.
  38. ^ 'Last resort' COVID-19 treatment in short supply at Japan's hospitals. Japan Times. March 12, 2020.
  39. ^ 疫情关键时刻救命的ECMO:全国只有400台 为何这么少? (中国語). Sina Corp. February 10, 2020
  40. ^ ECMO相談窓口の開設について”. 日本集中治療医学会. 2020年3月30日閲覧。
  41. ^ 集中治療医学会などがECMO相談窓口を開設”. 日経メディカル (2020年2月29日). 2020年3月30日閲覧。
  42. ^ ECMOの組織横断的利用で新型コロナ患者を救え”. 日経メディカル (2020年3月13日). 2020年3月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]