生体情報モニタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

生体情報モニタ (patient monitor,medical monitor) とは、主として入院中の患者手術中の患者の状態を監視する装置である。

概要[編集]

1964年に世界に先駆けて日本光電工業久保田博南らにより商品化された。当時は「ベッドサイドモニタ」と呼ばれ、デファクトスタンダードとなっていた。その後、1999年までは患者監視装置と呼称されていたが、それ以後現在の名称に変更された。また、創始者久保田博南が発案した「バイタルサインモニタ」や、学会名として使われている「臨床モニタ」という呼び方もある。また、病院内では、単にモニタと呼ばれることが多い。 心電図心拍数血圧体温といったバイタルサインを長時間にわたってモニタリングし、患者の状態が異常になったときにはアラームで知らせる。最近では、パルスオキシメーターが組み込まれている装置が多くなった。

種類[編集]

対象となる患者の人数により、多人数用の生体情報モニタシステムと1人用の単体機に分けられる。多人数用のものは、患者のベッドサイドに置くベッドサイドモニタとナースステーションなどにおくセントラルモニタから構成される。また、患者の生体情報を複数にわたってモニタリングする多チャネルモニタと一つだけを対象とする1チャネルモニタに分けることもできる。1チャネルモニタとしての代表格が心電図モニタである。しかし、近年ではパルスオキシメーターが生体情報モニタとして利用されるケースが多くなってきている。さらには、患者の生体情報を直接的に生体情報モニタ本体に伝達する方式(有線方式ともいう)と、電波などを利用して無線送信する方式(ワイヤレス・テレメトリー方式ともいう)に大別される。日本においては、マーケットリーダの日本光電工業が主導する後者の方式によるものが多く普及している。

生体情報モニタ 測定項目は心電図、血圧、脈拍、呼扱などが重要であるが、なんといっても心電図が生体情報 モニタリングの中心である。 心電図モニタとかハートモニタとも呼ばれている。 患者の心電図を長時間にわたり連続モニタするため、ブラウン管などの表示装置に、心電図、 心拍数などを表示し、必要によっては警報を発することを主な機能とする最も基本的な生体情報モニタである。 する 最近の心電図モニタは、ME 技術の急速な進歩により、

  • 機能、性能の向上
  • 安全性、信頼性の向上
  • 小型化、軽量化

などが図られ、その使用場所も一般病棟をはじめ ICU、CCU、手術室などに広がってきている。 心電図モニタには、有線式と無線式があるが基本的な構成は次の通りである。 心電図モニタの基本的構成 1)電極部 心電図信号を検出する電極は、長時間にわたり患者に装着するので、患者の負担が少なく取扱い が簡単で、かつ安定に動作するモニタ用の電極が用いられる、電極の装着異常を電気的に検出し、 その旨を表示する機能を持つものもある。以下のような場合には、心電図が正しく測定できない。

  1. 患者の発汗
  2. 皮膚前処理の不足
  3. 使い捨て電極の乾燥
  4. 異種電極の混用
  5. 誘導コード(リード線)の断線
  6. 接続コネクタの接触不良

モニタで心電図を監視する上で、しばしばおこる問題として電極の装着異常がある。モニタは、一般に軍極の装着状態を電極間のインピーダンス(抵抗)や電極の分極電圧でモニタリングしてい るので、これらに影響を及ぼすような状態になれば、電極の装着異常の表示を行う。

従って、装着異常が表示され続けているときは、装置の故障以外の原因についても検討が必要である。 確実にモニタするにはアルコールによる清拭など皮膚の前処理を必ず行うこと、および目的とする。誘導部位に電極を正しく装着することが重要である。誘導方式には、誘導切換できる方式とモニタとして一つの固定した誘導で行う方式がある。

主なメーカー[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 生体情報モニタ開発史 久保田博南 真興交易㈱医書出版部 ISBN 4880037400
  • 麻酔・周術期管理に役立つ臨床モニター機器の知識と使い方 並木昭義、金谷憲明 真興交易㈱医書出版部 ISBN 4880037066
  • 新ME機器ハンドブック 電子情報技術産業協会 コロナ社 ISBN 4339072206

外部リンク[編集]