ジョン・ヘイシャム・ギボン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョン・ヘイシャム・ギボン
生誕 (1903-09-29) 1903年9月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州フィラデルフィア
死没 (1973-02-05) 1973年2月5日(69歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 外科学
出身校 トーマス・ジェファーソン大学
主な業績 人工心肺装置
開心術
主な受賞歴 ガードナー国際賞(1960)
ラスカー・ドゥベーキー臨床医学研究賞(1968)
ディクソン賞 (1973)
プロジェクト:人物伝

ジョン・ヘイシャム・ギボン(英:John Heysham Gibbon Jr.、1903年9月29日 - 1973年2月5日)は、アメリカ合衆国の医師である。人工心肺装置の開発とそれを用いた心臓手術を行ったことで知られている。ギボンはジョン・ヘイシャム・ギボン・シニアとマージョリー・ヤング・ギボン[1]の息子であり、彼の家系は代々医者を営んでいる。

ギボンは1923年にプリンストン大学学士(文学)を取得し、1927年にトーマス・ジェファーソン大学博士(医学)を取得した。ギボンは後に、プリンストン大学・ニューヨーク州立大学バッファロー校ペンシルベニア大学・ディキンソン·カレッジから名誉学位を受けた。ギボンはチャールズ・ホプキンソン英語版という画家の娘であるメアリー・ホプキンソンと結婚し、4人の子供を儲けた。

ギボンは1973年にテニスをプレイ中に死亡した。死亡原因は皮肉にも心臓発作であった。

ギボンの論文はメリーランド州にあるアメリカ国立医学図書館に保管されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ en:Samuel Baldwin Marks Youngの娘
  2. ^ John H. Gibbon Papers 1903-1956”. National Library of Medicine. 2014年8月2日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]