コンテンツにスキップ

「カール・アンダーソン (プロレスラー)」の版間の差分

編集の要約なし
同年5月3日にBAD INTENTIONSとして[[NO LIMIT (プロレス)|NO LIMIT]]と[[青義軍]]を相手にIWGPタッグ王座に挑戦、青義軍の[[井上亘]]にフォールを奪われ敗退、IWGPタッグ王座が青義軍に移動する。翌6月にNO LIMITの再戦申し立てにより3WAYマッチイリミネーションルールで再戦、NO LIMITを青義軍と共同で退け、井上をガン・スタンで下したことで自身初のIWGPタッグベルトを腰に巻いた。翌7月にNO LIMITが巴戦で再び再戦を直訴した為、同じ3組で試合を行い、先に2連勝したことで初防衛に成功し、ほどなくしてリマッチしてきた青義軍に勝利し2度目の防衛に成功する。同年8月[[G1 CLIMAX]]初出場。[[棚橋弘至]]、[[矢野通]]を破って2勝を挙げる。 同年のG1タッグリーグは決勝トーナメントまで上り詰めるもトーナメント準決勝で青義軍に敗退、同じ準決勝でNO LIMITに敗退した日墨マッスルオーケストラと並びベスト3に入り、時期間もなくしてG1タッグリーグに優勝した青義軍とIWGPタッグベルトを掛けて対戦し、3度目の防衛に成功する。
2011年、1月4日の東京ドームにてIWGPタッグの3WAYマッチで日墨マッスルオーケストラ([[中西学]]・[[ジョン・アンダーセン|ストロングマン]]組)、[[ビアマネーインク]]([[ジェームス・ストーム]]・[[ロバート・ルード]]組)と対戦<ref>リング入場時、マシンガンを持って入場した。</ref>、ルードをガン・スタンで沈め4度目の防衛に成功する。 翌22日の後楽園ホールにてCMLLのOKUMURA・アトランティス組を、2月20日の仙台大会にて日墨マッスルオーケストラを倒し防衛記録を6にする。
 
3月5日、バーナードが[[プロレスリング・ノア]]の[[グローバル・オナード・クラウン|GHCヘビー級王座]]に挑戦、バーナードのセコンドとしてリングに入場した。
1,123

回編集