ディノス・セシール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社ディノス・セシール
Dinos Cecile Co., Ltd.
Nakanosakaue central building.JPG
ディノス・セシール本店・東京本社が所在する中野坂上セントラルビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 164-0012(東京)
〒760-0076(高松)
(東京本社)東京都中野区本町2丁目46-2
中野坂上セントラルビル11F
(高松本社)香川県高松市観光町545-3
本店所在地 (東京本社に同じ)
設立 1991年3月25日
(創業1971年12月
業種 小売業
事業内容 通信販売テレビショッピング地上波衛星放送>、紙媒体<カタログ通販、新聞雑誌>、ネット通販)、直販(催事店舗)、フジテレビフラワーネット事業、保険代理店事業
代表者 代表取締役社長 石川 順一
資本金 1億円
売上高 1,078億円(2019年3月期)
従業員数 1,189名(2019年3月末現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社フジ・メディア・ホールディングス 100%
外部リンク http://www.dinos-cecile.co.jp/
特記事項:2013年7月1日にディノスセシールフジ・ダイレクト・マーケティングを合併し現商号となる。
高松本社は旧セシール本店所在地
テンプレートを表示

株式会社ディノス・セシールDinos Cecile Co., Ltd.)は、フジサンケイグループ通信販売会社。日本通信販売協会加盟。

概要[編集]

元会社はディノスセシール(旧・東洋物産)であったが、2009年7月にセシールをライブドアからの株式公開買付け(TOB)により、フジ・メディア・ホールディングス傘下の完全子会社化すると共に、2010年4月中間持株会社フジ・ダイレクト・マーケティング」(FDM)を設立[1]し通販事業の経営統合を行った。

この経営統合後も両社が共同で商品開発やコスト削減を進めたが、通販業界の環境変化が予想され、規模拡大による業界地位の向上や両者の通販事業のノウハウなどの経営資源の有効活用や、コストの重複機能の整理を行うために新しい組織と事業体制が必要として、ディノス・セシール・FDMの3社が合併した方が最適と判断し、2013年7月1日にディノスを存続会社としたうえで、後者2社を吸収合併し、現在の商号に変更した[2]。なお合併後もディノスとセシールはそれぞれのブランドで通販事業を展開していく。

また、合併後の2013年9月に、合併前のセシールと同じ高松市に本社があるイマージュホールディングス(現・アイム)から衣料品通販事業を買収し、「イマージュ」もディノス・セシールの通販ブランドに加えられている[3]

主要事業所[編集]

子会社[編集]

  • セシールビジネス&スタッフィング(本社・香川県高松市)
  • ディノス・セシールコミュニケーションズ(本社・沖縄県うるま市
  • アルマード(本社・東京都中野区)
  • 賽詩麗商貿(上海)有限公司(本社・中華人民共和国上海市

関連項目[編集]

  • ノンストップ! - 11時台の通販コーナー「いいものプレミアム」の商品提供を担当。ディノス名義。

脚注[編集]

  1. ^ 株式会社フジ・ダイレクト・マーケティング設立のお知らせ (日本語) - 株式会社フジ・メディア・ホールディングス・2010年3月10日プレスリリース
  2. ^ 連結子会社の合併及び商号変更に関する方針決定のお知らせ (日本語) - 株式会社フジ・メディア・ホールディングス・2013年2月28日プレスリリース
  3. ^ セシール、イマージュHDの衣料品通販事業買収(日本経済新聞電子版2013年3月30日 2014年4月19日閲覧)

外部リンク[編集]