岩井コスモ証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コスモ証券から転送)
移動先: 案内検索
岩井コスモ証券株式会社
Iwai Cosmo Securities Co., Ltd.
Headquarter of Iwai Cosmo Securities Co.,Ltd.JPG
岩井コスモ証券本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8611 2008年7月28日上場廃止
大証1部(廃止) 8611 2008年7月28日上場廃止
名証1部 8611 2008年7月28日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
541-8531
大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号
設立 1917年大正6年)12月18日
業種 証券、商品先物取引業
金融機関コード 9530
事業内容 金融商品取引業
代表者 代表取締役社長 沖津嘉昭
資本金 135億円
(2014年3月31日現在)
発行済株式総数 4,000万株
(2014年3月31日現在)
売上高 238億65百万円
(2014年3月期)
純利益 76億1百万円
(2014年3月期)
従業員数 844名
(2014年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 岩井コスモホールディングス株式会社 100%
関係する人物 野村徳七(創業者)
外部リンク http://www.iwaicosmo.co.jp/
テンプレートを表示

岩井コスモ証券株式会社(いわいコスモしょうけん、英語:Iwai Cosmo Securities Co., Ltd.)は、大阪市中央区今橋に本社を置く証券会社で、岩井コスモホールディングス完全子会社岸和田市発祥の地場証券である岩井証券が、経営不振に陥っていたコスモ証券を買収する形で合併。藍澤證券いちよし証券極東証券水戸証券丸三証券東洋証券と並ぶ、中堅証券会社に位置づけられる。

概要[ソースを編集]

発足当初の本社は大阪市東区本町であり、その後は大阪市中央区北浜にあった。コスモ証券の前身の株式会社野村商店(創業者・野村徳七)は、大和銀行の源流の一つでもあった為、一時期はりそな銀行と親密であった。経営危機に陥る前の1992年までは、日本生命が株主筆頭だった。

経営危機に陥った1993年に、顧客に利回り保証を行う「飛ばし」事件で経営危機(債務超過)に陥ったため、大和銀行の傘下となる。この問題で、証券取引等監視委員会はコスモ証券の経営破綻で明るみに出た別の「飛ばし」問題で行政処分を初勧告した[1]。この当時は、銀行・証券・生損保それぞれが縦割り行政の時代であり、銀行による証券会社の子会社化(またはその逆など)は認められていなかったが、当時の大蔵省が特例として、大和銀行がコスモ証券の発行済株式の過半数を取得して救済することを認めたため、倒産の危機を免れた[注釈 1]2004年3月26日から4月15日に行われたCSK(現:SCSK)による株式公開買い付け(TOB)に賛同し、同社が株式の50.0%を取得し、子会社となった。2008年8月1日には、CSKホールディングスとの間で株式交換を行い[注釈 2]、同社の完全子会社となった。その後、2010年4月に岩井証券の完全子会社となる。

2012年5月1日に岩井証券(2代目法人)[2]吸収合併(存続社・コスモ証券)し、岩井コスモ証券株式会社に商号変更した[3][4]。前身のコスモ証券と大輪会の中核企業・りそな銀行がともに野村財閥系であることから、大輪会の会員企業である[5]

会社沿革[ソースを編集]

  • 1917年12月 - 株式會社野村商店設立(現・岩井コスモ証券の登記上の設立年度である)。
  • 1924年7月 - 株式會社大阪屋商店に商号変更(書籍販売の大阪屋等とは関連ない)。
  • 1943年3月 - 大阪屋證券株式會社に商号変更。
  • 1953年8月 - 日出証券株式会社を吸収合併。
  • 1979年5月 - 東京証券取引所大阪証券取引所各2部に上場。
  • 1981年3月 - 東京証券取引所、大阪証券取引所各1部へ指定替え。
  • 1986年2月 - コスモ証券株式会社に商号変更。
  • 1990年12月 - 名古屋証券取引所1部に上場。
  • 1993年9月 - 大和銀行の子会社となる。
  • 2004年9月 - CSKの子会社になる。
  • 2007年 - 一任勘定取引であるSMA(ラップ口座)の取り扱いを開始。
  • 2008年
    • 7月 - 東京証券取引所・大阪証券取引所・名古屋証券取引所において上場廃止となる。
    • 8月1日 - 株式交換によりCSKホールディングスの完全子会社になる。
  • 2009年3月 - 津山証券(現・中銀証券)の保有全株式を中国銀行に売却。
  • 2010年
    • 4月 - (旧)岩井証券(現・岩井コスモホールディングス)の完全子会社となる。
    • 7月 - 持株会社化により、岩井コスモホールディングス(岩井証券が商号変更)の完全子会社となる。
  • 2012年5月1日 - (新)岩井証券を吸収合併(存続社・コスモ証券)して、岩井コスモ証券株式会社に商号変更。

エピソード等[ソースを編集]

  • 北浜の本社にあったコスモ証券ホールは、前身の大阪屋証券ホール時代から落語会の会場として知られた(現在は閉鎖)。大阪屋証券ホール時代には、地元局の毎日放送MBSラジオ)が定期的に上方落語の公開収録を実施。プロ野球のオフシーズンに、大阪屋証券の1社提供・柏木宏之(同局アナウンサーの司会)で、『ザ・上方寄席 お笑い独演会』として放送した。

不祥事[ソースを編集]

顧客への投資信託の販売の際に、手数料目当てに短期間で別商品に乗り換えさせる、いわゆる「回転売買」を繰り返していたことが判明し、東京証券取引所2010年3月16日に、コスモ証券を戒告処分とした[6][7]。また、この件に関連して、大阪市在住の63歳の女性や、京都市在住の78歳の男性が、回転売買で損害を受けたとして、コスモ証券を相手取り、計約1,400万円の損害賠償を求め、大阪京都地裁にそれぞれ訴訟を起こした[8]

提供番組[ソースを編集]

現在

過去に、在阪テレビ局制作の全国ネットのテレビ番組のスポンサーでもあった。その他には在京テレビ局の全国ネットのテレビ番組のスポンサーを務めた事がある。以下はコスモ証券時代。

岩井コスモ証券から

脚注[ソースを編集]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ その後の金融ビッグバンで垣根はなくなり、証券会社の多くが銀行の系列入り・子会社化され、「●●銀行グループ」、「●●(銀行名と同一)証券」と名乗っている
  2. ^ CSKは2005年10月から2010年9月まで純粋持株会社制を導入していたため、その間は社名をCSKホールディングスとしていた。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]