外為オンライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 外為オンライン
GaitameOnline co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 100-6224
東京都千代田区丸の内1丁目11-1
設立 2003年4月28日
(株式会社新日本通商)
業種 金融先物取引業
法人番号 5010001110692
事業内容 外国為替証拠金取引事業
代表者 古作 篤(代表取締役社長
資本金 1億6,000万円
(2006年3月24日現在)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社ISホールディングス 100%
外部リンク http://www.gaitameonline.com/
特記事項:関東財務局長(金商)第276号 一般社団法人金融先物取引業協会加入 会員番号1544
テンプレートを表示

株式会社外為オンライン(がいためオンライン)は、外国為替証拠金取引が専門の金融先物取引業者。

特徴[編集]

取引はインターネット経由で行い、使用する端末は、主にパソコン携帯電話スマートフォンタブレット端末が挙げられる。 パソコン版の取引画面はFlashを使用しているため、パソコンに要求される性能が比較的高いが、近年のパソコンの高性能化に伴い、ブロードバンド回線であれば特に問題になることはない。また、ブラウザのみで使用できるため、専用のアプリケーションをインストールする必要がないなどのメリットもある。

2011年の法施行により、レバレッジは個人口座の場合、最大で25倍までとなる。法人口座の場合、この法施行は適用されておらず、レバレッジは最大で200倍までとなっている。 金融商品取引法の規定に基づき、顧客から預託された資金は、三井住友銀行、及び、みずほ信託銀行へ信託保全契約を締結し、同社の財産とは区別して管理されている。

投資家向けの情報として、公式サイト、及び取引システム等にコンテンツを提供しており、すべて無料で閲覧できるが、同社の会員に限定されているものもある。その他、東京丸の内で定期的にFXセミナーを開催している。

沿革[編集]

  • 2003年4月28日 - 株式会社新日本通商として会社設立[1]
  • 2005年5月 - 千葉県千葉市中央区に本社設立。
  • 2006年3月 - 金融先物取引業申請登録完了[2]
  • 2006年4月 - 金融先物取引業協会へ加盟[3]、オンライン取引『外為オンライン』サービス開始。
  • 2007年7月 - 東京都中央区日本橋小伝馬町に本社移転。
  • 2007年9月 - 金融商品取引業登録[4]
  • 2007年12月 - 複数の法令違反により、関東財務局から行政処分を受ける。
  • 2008年3月 - 株式会社外為オンラインへ商号変更[1]
  • 2008年4月 - 東京都千代田区丸の内に本社移転。
  • 2008年8月29日 - 三井住友銀行との間に信託保全契約を締結。
  • 2011年3月31日 - みずほ信託銀行との間に信託保全契約を締結。

脚注[編集]

  1. ^ a b 商号変更のお知らせ・ドメイン変更のお知らせ
  2. ^ 関東財務局長(金先)第128号
  3. ^ 会員番号:1544
  4. ^ 関東財務局長(金商)第276号
[ヘルプ]

関連項目[編集]

  • 西山茉希 - イメージキャラクターに起用。
  • 大島優子 - イメージキャラクターに起用。2012年12月~

外部リンク[編集]