くたばれ!ヤンキース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Damn Yankeesから転送)
移動先: 案内検索

くたばれ!ヤンキース(原題:Damn Yankees)は、ブロードウェイミュージカルである。原作はダグラス・ウォールップの小説「ジャイアンツペナントを失った年」。

1955年にアメリカブロードウェイで初演され、翌年トニー賞9部門にノミネートされ7部門を受賞した。振付にボブ・フォッシーが参加している。1958年に映画化された。

あらすじ[編集]

平凡な中年男ジョー・ボイドの楽しみはテレビで野球中継を見ること。しかも妻のメグそっちのけで野球に夢中。応援する野球チームワシントン・セネタースの宿敵ヤンキースを倒すため、悪魔アップルゲイトと契約し野球選手ジョー・ハーディに若返って強打者になってしまう。

一方悪魔はセクシーな魔女ローラを送り込み、ジョーを誘惑しようと試みるが失敗続き。ジョーは寂しい心を元の自分の家に下宿しメグと会話することで癒す。 悪魔は大事な試合の最中、ジョーを元に戻してしまう。悪魔はもう一度契約するようそそのかすが、ジョーは既に大事なものに気がついていた。

映画版[編集]

1958年、ワーナーブラザーズが舞台版のほぼオリジナル・キャストで映画化。監督はジョージ・アボットスタンリー・ドーネン。題名にDamnという単語(くそったれ・地獄に落ちろといった意味の俗語)があるため、イギリス公開時は『What Lola Wants』と改題されている。ワーナー・ホーム・ビデオからDVDが発売。

キャスト
スタッフ

日本での公演[編集]

初演[編集]

1985年「くたばれヤンキース」のタイトルで上演。元プロ野球選手の江本孟紀が主役のジョーを演じた。

キャスト

再演[編集]

2007年「Damn Yankees -くたばれ!ヤンキース-」のタイトルで上演。主役はジョーではなくローラ役の湖月わたる。

キャスト
主なスタッフ
  • 演出・潤色・訳詩:寺崎秀臣
  • 振付:ローリー・ワーナー
  • 翻訳:黒田絵美子
  • 音楽監督:清水恵介
  • 装置:土屋茂昭
  • 照明:塚本悟
  • 衣装:有田多見
  • ヘアメイク:田中エミ
  • 音響:実吉英一
  • 舞台監督:鈴木弘憲

外部リンク[編集]