東京23フットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京23フットボールクラブ
原語表記 東京23フットボールクラブ
呼称 東京23FC
愛称 東京23
クラブカラー     
    
創設年 2003年
所属リーグ 関東サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 東京都区部
ホームスタジアム Edogawa Stadium 1.JPG江戸川区陸上競技場
収容人数 6,950
運営法人 株式会社TOKYO23(トップチーム)
一般社団法人東京23スポーツクラブ(セカンドチーム・アカデミー)
代表者 西村剛敏
監督 日本の旗 土屋征夫(トップチーム)
日本の旗 松原仁(セカンドチーム)
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社TOKYO23
種類 株式会社
本社所在地 134-0088
東京都江戸川区西葛西5-1-1 20山秀ビル6F
本店所在地 161-0034
東京都新宿区上落合2-22-23上落合ハイツ203
設立 2010年2月3日
業種 サービス業
法人番号 8011101055404
代表者 西村剛敏
外部リンク https://tokyo23fc.jp/
テンプレートを表示
一般社団法人東京23スポーツクラブ
創立者 西村剛敏
団体種類 一般社団法人
設立 2015年
所在地 東京都江戸川区西葛西5-1-1 20 山秀ビル6F
法人番号 2011705001395
活動内容 スポーツクラブ・スポーツスクール等の運営に関する事業等
ウェブサイト https://23fc.tokyo/
テンプレートを表示

東京23FC(とうきょうにじゅうさんフットボールクラブ、Tokyo23 Football Club)は、東京23区をホームタウンとして活動しているクラブチーム。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

概要[編集]

2018年現在、東京都を本拠地とするJリーグのクラブはFC東京東京ヴェルディ1969FC町田ゼルビアの3クラブがあるが、前者の2つは東京都全域をホームタウンとしつつも、いずれもメインスタジアムは調布市にある味の素(東京)スタジアムであり、またメインの活動範囲もFC東京が調布、三鷹市府中市、東京Vが稲城市立川市多摩市で、いずれも多摩地域が中心、町田市立陸上競技場を本拠地とする町田ゼルビアもその名前どおり町田市のみの活動となっており、純粋に都心23特別区をホームタウンとするクラブがないため、東京23フットボールクラブは、23特別区を代表する強豪サッカークラブを目指している[注 1]

クラブスローガンは「TOKYO PRIDE (都民の誇りとなれ)」。

関東サッカーリーグ昇格以降、ホームスタジアムは主に江戸川区陸上競技場大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森第二球技場を使用しているが、都外への開催やアウェーチームの本拠地でのホーム試合となることも多い。

歴史[編集]

Soccer Field Transparant.svg

2010 東京都1部最終節 布陣
山本恭平
山下亮介
飯野大造
堀河健吾
山崎健太
垣見修平
平川正城
監督:原野大輝

2003年創設。当初は佐川急便東京SC退団選手の受け皿であったため、「佐川東京23SC」を名乗っていたが、佐川側から会社とは関係が無いとして改称を求められたため[1]東京23サッカークラブ」となった。

2005年東京都社会人サッカーリーグ2部で優勝し、2006年に都リーグ1部に昇格した。1部では中位以下の順位が続き、苦戦を強いられていたが、2010年2月3日に運営会社「株式会社TOKYO23」を設立して体制を一新、代表に西村剛敏が、テクニカルアドバイザーに水沼貴史が就任。同年4月、「東京23フットボールクラブ」に改称した。この年は、T.F.S.C.との熾烈な優勝争いを繰り広げ、最終節の直接対決(右図)で勝利して東京都1部リーグを制するも、関東社会人サッカー大会でベスト8にとどまり、関東サッカーリーグ2部への昇格を逃した。

Soccer Field Transparant.svg

山本恭平
田村聡
山下亮介
飯野大造
猪股聖哉
山村和士
天野徹
2011年
原野大輝が監督を退任し、後任としてFC刈谷元監督のアマラオが就任した[2]
JFL在籍経験のある選手を複数名補強すると、アマラオの指揮の下、無敗での東京都1部リーグ優勝を達成。また、関東地区代表として第47回全国社会人サッカー選手権大会に参加。全5試合を無失点という堅守で優勝し、第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得したが、地域リーグ決勝大会では1次ラウンドで敗退。
関東社会人大会では準々決勝で浦安JSC)に敗れ、関東2部への昇格を逃した[注 2]が、Y.S.C.C.横浜(関東1部)のJFL昇格に伴い、関東リーグへの昇格枠が1つ追加され、この枠を懸けて同大会準々決勝敗退の4クラブにより5位決定戦を開催[3]ホンダルミノッソ狭山FCtonan前橋サテライトに勝利し、関東リーグ2部昇格[4]を決めた。
2012年
米山篤志が監督に就任[5]
東京都社会人サッカーチャンピオンシップで初優勝[6]し、第17回東京都サッカートーナメント及び第48回全国社会人サッカー選手権大会出場権を獲得。東京都サッカートーナメントではその年の全日本大学サッカー選手権大会優勝校専修大学を破るも、決勝戦で横河武蔵野FCにPK戦の末敗れ、初の天皇杯出場はならなかった[7]。また、ディフェンディングチャンピオンとして望んだ全社であったが2回戦で福島ユナイテッドFCに敗退[8]し2年連続の地決出場は叶わなかった。
また、この年から所属リーグを関東サッカーリーグ2部としたが、12勝3分3敗の成績で優勝を収め[9]、1年で関東リーグ1部へと昇格した。リーグ戦終了後行われたKSL市原カップではSC相模原を下し初優勝した[10]
2013年
米山体制2年目。
リーグ優勝とJFL昇格を目指し7名を獲得。
東京都社会人サッカーチャンピオンシップは準決勝でFC KOREAに破れ3位[11]。第18回東京都サッカートーナメントでは社会人代表決定戦でFC町田ゼルビアを破るも日本体育大学に敗れて準決勝敗退[12]。また第49回全国社会人サッカー選手権大会を目指した関東予選では決勝で茨城県代表のジョイフル本田つくばFCに敗れ全社出場を逃す[13]
リーグ戦では本年からホームスタジアムとして江戸川区陸上競技場を使えるようになるなど設備面は充実するも成績が伴わず最終順位4位[14]。KSL市原カップは決勝で浦安SCに敗れて準優勝[15]に終わり、2010年に体制を一新したのち初めての無冠となった。
2014年
米山体制3年目。
この年から練習場所や時間を一新し、江戸川区臨海球技場サッカー・ラグビー場で早朝時間帯の練習とする。前所属がJFLやJ2の選手など18名入団(シーズン前に11名退団)。
東京都社会人サッカーチャンピオンシップ優勝[16]。第19回東京都サッカートーナメントは社会人代表決定戦で横河武蔵野FCに敗退[17]第50回全国社会人サッカー選手権大会は関東予選の決勝で浦安SCを接戦の末勝利し、2年ぶりの出場を決めるも、初戦で高知UトラスターFCに敗れる[18]。2年目となった関東リーグ1部は最終順位2位[19]。リーグ戦終了後に米山篤志を解任[20]した。KSL市原カップは予選リーグを1位で通過するものの、決勝リーグの初戦でVONDS市原FCに敗れた[21]
2015年
羽中田昌が監督に就任[22]
新監督の指揮の下、東京カップで優勝[23]。第20回東京都サッカートーナメントでは横河武蔵野FCを破り東京都社会人チーム代表となるも天皇杯出場はならず。関東リーグ1部での順位は4位[24]第51回全国社会人サッカー選手権大会ではベスト8まで進むも準々決勝でバンディオンセ加古川にPK戦の末に敗れ全国地域サッカーリーグ決勝大会に進むことができずJFL昇格はできなかった[25]。KSL市原カップでは準優勝[26]
2016年
羽中田体制2年目。FC町田ゼルビアから齋藤翔太(期限付き)、元甲府北九州加部未蘭東京武蔵野シティFC(旧横河武蔵野FC)から井関諒司VONDS市原FCから東大樹など9名の新戦力を迎え入れ悲願のJFL昇格に臨む。関東リーグ1部で初優勝し、5年ぶりに地域CL(旧・地域リーグ決勝大会)出場権を獲得するも1次ラウンド敗退[27][28]
2017年
羽中田体制3年目。加部未蘭の引退や伊藤竜司藤枝MYFC移籍など、計10名が退団・登録変更。新加入は板野圭竜ファジアーノ岡山ネクストから)や一井賢人(Y.S.C.C.横浜から)ら5名のみ(途中加入含む)であった。また、前年は期限付き移籍だった齋藤翔太が完全移籍に移行した。
関東リーグ1部では勝ち切れない試合が多く、7勝6分5敗の4位フィニッシュ[29]。全社はJAPANサッカーカレッジにPK戦の末6 - 7で敗れて2回戦で敗退、2年連続の地域CL出場は叶わなかった[30]
2018年
3年間チームを率いた羽中田に代わり、土屋慶太が新たに監督に就任[31]。選手面では、岡正道土井秀徒ら13名が退団・登録変更した一方で、土屋征夫甲府から)、亀島周鳥取から)など15名を獲得した。
関東リーグ1部は6勝7分5敗の4位フィニッシュ[32]。全社は関東予選決勝でエスペランサSCに敗れ、5年連続での出場はならなかった[33]
2019年
土屋慶太体制2年目。吉田正樹が現役を退き、東京U23の監督に就任、板野圭竜がノース・サンシャイン・イーグルスFC英語版NPLヴィクトリア3(オーストラリア4部相当)英語版所属)に移籍するなど、16名が退団・引退。一方で、望月達也琉球から)や東風淳モルディヴ1部クラブ・バレンシアから)ら20名が加入・昇格した。
しかし、関東リーグ1部では開幕6戦で1勝1分4敗と大苦戦。6月4日に土屋慶太が監督を退任[34]、後任に東京U23監督の吉田正樹を据えて[35]立て直しを図ったが、その後も5連敗を含む4勝2分6敗と成績は上向かず、最終節の横浜孟蹴戦での勝利で8位でフィニッシュし、来期の関東1部の残留を確保。だが、JFLから流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎が関東リーグ1部に降格した為、関東リーグ2部2位の東邦チタニウムとの入替戦に回るが、これを延長戦の末勝利し、関東リーグ1部残留を決めた。
2020年
前シーズン終了後、吉田正樹が監督を退任し強化部長及びアカデミーサブダイレクターに就任[36]、後任には、前シーズン限りで現役を退いた土屋征夫が就任した[37]。選手面では、一井賢人の引退や音泉翔眞のY.S.C.C.横浜への移籍など19名が退団・引退した一方で、愛媛から神田夢実讃岐から木島徹也など8名を獲得した。
リーグ戦は得点力不足に苦しみ、リーグ最少タイの6得点、2勝3分4敗の8位でフィニッシュした。
また、最終節ブリオベッカ浦安戦において、木島徹也が試合開始直後に相手FWに肘打ちを行ったことが問題視され、クラブは謝罪声明を発表した。その後に行われたクラブによる木島や他の選手からの聞き取り調査の結果、相手の会話に過剰反応したことが原因であることが判明し、クラブは10月9日付で木島との契約を解除した[38]

リーグ戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 監督
2003 東京都4部19ブロック 優勝 27 9 9 0 0 61 2 59
2004 東京都3部6ブロック 優勝 24 9 8 0 1 40 2 38
2005 東京都2部2ブロック 優勝 28 12 9 1 2 46 14 32
2006 東京都1部 9位 13 14 4 2 7 33 36 -3
2007 10位 14 14 4 2 8 23 40 -17
2008 11位 10 13 3 1 9 24 41 -17
2009 7位 17 13 5 2 6 23 24 -1
2010 優勝 36 13 12 0 1 51 16 35 原野大輝
2011 優勝 40 14 13 1 0 58 6 52 アマラオ
2012 関東2部 優勝 39 18 12 3 3 48 22 26 米山篤志
2013 関東1部 4位 29 18 9 2 7 50 32 18
2014 2位 36 18 10 6 2 36 17 19
2015 4位 32 18 9 5 4 40 20 20 羽中田昌
2016 優勝 44 18 14 2 2 36 18 18
2017 4位 27 18 7 6 5 28 21 7
2018 4位 25 18 6 7 5 23 21 2 土屋慶太
2019 8位[注 3] 18 18 5 3 10 20 33 -13 土屋慶太
吉田正樹
2020 8位 9 9[注 4] 2 3 4 6 14 -8 土屋征夫

タイトル[編集]

リーグ戦[編集]

  • 東京都社会人サッカーリーグ4部 (2003年)
  • 東京都社会人サッカーリーグ3部 (2004年)
  • 東京都社会人サッカーリーグ2部 (2005年)
  • 東京都社会人サッカーリーグ1部 (2010年、2011年)
  • 関東サッカーリーグ2部 (2012年)
  • 関東サッカーリーグ1部 (2016年)

カップ戦[編集]

所属選手・スタッフ (トップチーム)[編集]

2020年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前所属 備考
監督 日本の旗 土屋征夫 東京23FC 選手 新任
GKコーチ 日本の旗 津吹貴之 HBO東京 選手

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 山下暁 早稲田ユナイテッド
21 日本の旗 吉田雅貴 FC.OSSA 新加入
99 ブラジルの旗 シューラー・マテウス ポルトガルの旗 CSマリティモ
DF 2 日本の旗 佐藤拓真 びわこ成蹊スポーツ大学
3 日本の旗 荒木大輝 びわこ成蹊スポーツ大学
5 日本の旗 伊東駿多 東京国際大学
6 日本の旗 増田丈偉 オーストラリアの旗 サウスズ・ユナイテッドFC英語版
14 日本の旗 新貝亮太 東京U23
17 日本の旗 鈴木大河 東京ユナイテッドFC 新加入
18 日本の旗 加藤勇司 東京U23
25 日本の旗 多田倫浩 山梨学院大学
27 日本の旗 藤井智明 東京U23
MF 4 日本の旗 沓掛元気 ヴィアティン三重 副キャプテン
7 日本の旗 望月達也 早稲田ユナイテッド 副キャプテン
8 日本の旗 渡邉敬人 神奈川大学
9 日本の旗 小泉隆斗 東京U23
15 日本の旗 角田悠之助 東京U23
22 日本の旗 神田夢実 愛媛FC 新加入
24 日本の旗 亀田宗龍 流通経済大学 新加入
26 日本の旗 原岡翼 流通経済大学 新加入
28 日本の旗 吉岡正起 東京U23
32 日本の旗 唯井竣平 品川CC横浜
FW 10 日本の旗 山本恭平 エリース東京
11 日本の旗 横澤航平 VONDS市原FC 新加入
20 日本の旗 中谷幸隆 東京U23
29 日本の旗 青戸翔 ドイツの旗 ジークブルガーSV 04ドイツ語版 新加入

所属選手・スタッフ (東京23FC江戸川)[編集]

2020年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前所属 備考
アカデミーヘッドオブコーチング 日本の旗 神川明彦 明大付明治高校サッカー部 総監督 新任
監督 日本の旗 松原仁 日体大荏原高校サッカー部 コーチ 新任
コーチ 日本の旗 鈴木仁 墨田川高校サッカー部 アドバイザー 新任
コーチ 日本の旗 砂川太希 東京23FC アシスタントコーチ 新任

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK -- 日本の旗 白取聖弥 スペインの旗 ADオルカシタス英語版 新加入
-- 日本の旗 北条優 HBO東京 新加入
-- 日本の旗 小西智也 福山大学 新加入
DF -- 日本の旗 市村宜裕 ドイツの旗 FCバサラ・マインツ
-- 日本の旗 高木新一郎 アクート岡山SC
-- 日本の旗 大岩雅也 帝京平成大学 新加入
-- 日本の旗 稲田翼人 金沢星稜大学
-- 日本の旗 澤田優斗 アルゼンチンの旗 ニューウェルズ・オールドボーイズ
-- 日本の旗 柴田隼人 東京23FC
-- 日本の旗 清水達大 順天堂大学
-- 日本の旗 人見隼斗 実践学園高校
-- 日本の旗 大木皓聖 東京スポーツ・レクリエーション専門学校
-- 日本の旗 関口ルーク宙ディアンジェロ 東京23FC U-18 新加入
-- 日本の旗 中能健人 國學院大學 新加入
-- 日本の旗 高橋太樹 ドイツの旗 ヒラル・ベルクハイムドイツ語版 新加入
MF
-- 日本の旗 佐野凌 尚美学園大学
-- 日本の旗 保坂勇希 東京23FC
-- 日本の旗 高野陽貴 山梨学院大学
-- 日本の旗 田原迫隼人 東京23FC
-- 日本の旗 石塚楽 正智深谷高校
-- 日本の旗 沼野誠也 神奈川大学 新加入
-- 日本の旗 片岡晏慈 淑徳大学 新加入
-- 日本の旗 関拓海 帝京平成大学 新加入
-- 日本の旗 高橋昌平 オーストラリアの旗 ノースブリッジFC 新加入
-- 日本の旗 河村直幸 エルマーノ若葉台 新加入
FW -- 日本の旗 大木槙也 国際武道大学 新加入
-- 日本の旗 遠藤大生 山梨学院大学
-- 日本の旗 宇佐美佑樹 東京23FC
-- 日本の旗 狐塚悠 共栄大学
-- 日本の旗 浅田敬太朗 流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎
-- 不明の旗 フランク エスペランサSC
-- 日本の旗 村瀬泰生 東京23FC U-18 新加入
-- 日本の旗 工藤豪 FC MAKUHARI U-18 新加入

歴代所属選手[編集]


ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 赤×白
FP(2nd)
GK(1st) 水色 水色 水色
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •     白、   

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
日本土地建物 Japan
Land
Building
2016年 - 2017年は「Japan Land Building 株式会社日本土地建物」表記
鎖骨 なし - -
背中上部 山秀商事 yAMAHIDE 2017年 - 2017年 - 2018年は袖
背中下部 TBジャパン TACO BELL 2019年 - 2019年は袖
日本オフィスオートメーション Nippon Office
Automation
2020年 -
パンツ 明成クラテルホールディングス MEISEI CLATEL 2018年 -

ユニフォームサプライヤー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2010 ΛNESYS - mobile
法律On
LINE
- - - adidas
2011 - SeiRan Co.,Ltd. I&L SOFTWARE PUMA
2012 明成建設
2013 パンの缶詰
救缶鳥
プロジェクト
長谷川
ホールディングス
- 明成建設
2014 CCPartners
2015 mitre
2016 Japan
Land
Building
パンの缶詰
救缶鳥
プロジェクト
- yAMAHIDE
2017 Japan
Land
Building
株式会社日本土地建物
FUJIKO yAMAHIDE W
waraya
2018 Japan
Land
Building
waraya MEISEI CLATEL bonera
2019 yAMAHIDE TACO BELL
2020 TACO BELL Nippon Office
Automation

下部組織[編集]

  • 東京23FC江戸川
東京23FCのセカンドチームで、2012年に「東京23FCセカンド」として設立、2015年から2019年は「東京U23」の名称で活動していた。2020年より「東京23FC江戸川」へ名称を改め、東京都社会人サッカーリーグ1部に参戦する。
  • 東京23FC U-18 (第2種)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
  1. ^ 但し、2019年時点の Jリーグ規約 第21条で、ホームタウンは「都道府県」「市町村」と定められているため、規約を改正しない限り、特別区がホームタウンとなることはできない。
  2. ^ 翌年からの関東リーグ再編により昇格枠は4枠に拡大しており、同大会で準決勝に進出すれば関東2部に自動昇格できた。
  3. ^ 本来ならば関東1部に自動昇格となるが、流経大ドラゴンズ龍ケ崎JFLから関東1部に降格してきたため、2部2位の東邦チタニウムサッカー部との入替戦に回る。2 - 1でこれを制し、関東1部残留となった。
  4. ^ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、前期1節~前期9節の全試合を中止し、後期日程のみでの開催となった。
出典
  1. ^ 宇都宮徹壱『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ』カンゼン、2016年、270頁。
  2. ^ 前FC刈谷監督のアマラオ氏が弊クラブの監督に就任致しました。”. 東京23FC. 2017年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  3. ^ 東京23にチャンス再来 関東大会5位決定戦が発生”. TOKYO FOOTBALL. 2015年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  4. ^ 東京23FC、1-0でtonanサテを破り関東昇格 = 関東社会人”. TOKYO FOOTBALL. 2015年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  5. ^ 今季の監督就任のお知らせ”. 東京23FC. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  6. ^ 東京23FCが三菱養和を破り初優勝 = 東京カップ”. TOKYO FOOTBALL. 2015年2月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  7. ^ 第17回東京都サッカートーナメント”. TOKYO FOOTBALL. 2016年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  8. ^ 第48回全国社会人サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2020年3月26日閲覧。
  9. ^ 2012年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  10. ^ 東京23がKSLカップ初優勝 相模原破る = KSL市原カップ”. TOKYO FOOTBALL. 2015年2月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  11. ^ 平成25年度 東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)”. TOKYO FOOTBALL. 2013年5月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  12. ^ 第18回東京都サッカートーナメント”. TOKYO FOOTBLL. 2016年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  13. ^ 東京勢は3チームとも敗退 全国大会出場ならず”. TOKYO FOOTBALL. 2016年8月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  14. ^ 2013年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  15. ^ 東京23、浦安にPK負け KSLカップ連覇ならず = 関東リーグ”. TOKYO FOOTBALL. 2016年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  16. ^ 東京23が2年ぶりに東京カップ優勝 3位は東京海上”. TOKYO FOOTBALL. 2016年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  17. ^ 社会人代表決定戦 町田ゼルビアと横河武蔵野が勝利”. TOKYO FOOTBALL. 2016年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  18. ^ 第50回全国社会人サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2020年3月26日閲覧。
  19. ^ 2014年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  20. ^ 米山篤志監督 解任のお知らせ”. 東京23FC. 2019年5月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  21. ^ KSL市原カップ試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2015年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  22. ^ 監督就任のお知らせ”. 東京23FC. 2019年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  23. ^ 平成27年度 東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(東京カップ)”. 東京都社会人サッカー連盟. 2020年3月26日閲覧。
  24. ^ 2015年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  25. ^ 第51回全国社会人サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2020年3月26日閲覧。
  26. ^ KSL市原カップ試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2015年12月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  27. ^ 2016年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  28. ^ 全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016”. 日本サッカー協会. 2020年3月26日閲覧。
  29. ^ 2017年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  30. ^ 第53回全国社会人サッカー選手権大会”. 日本サッカー協会. 2020年3月26日閲覧。
  31. ^ 監督就任のお知らせ”. 2019-05-13. 2019年5月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年3月26日閲覧。
  32. ^ 2018年度試合結果”. 関東サッカーリーグ. 2020年3月26日閲覧。
  33. ^ 第54回全国社会人サッカー選手権大会 関東予選”. 一般社団法人関東サッカー協会. 2020年3月26日閲覧。
  34. ^ “トップチーム土屋慶太監督退任のお知らせ” (プレスリリース), 東京23FC, (2019年5月28日), https://tokyo23fc.jp/teams/190528/ 2019年8月5日閲覧。 
  35. ^ “トップチーム監督決定のお知らせ” (プレスリリース), 東京23FC, (2019年6月4日), https://tokyo23fc.jp/teams/190604/ 2019年8月5日閲覧。 
  36. ^ “吉田正樹監督退任のお知らせ” (プレスリリース), 東京23FC, (2019年12月8日), https://tokyo23fc.jp/teams/masakiyoshida/ 2020年1月16日閲覧。 
  37. ^ “土屋征夫監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 東京23フットボールクラブ, (2019年12月9日), https://tokyo23fc.jp/teams/tokyo23fctsuchiyayukio/ 2020年1月16日閲覧。 
  38. ^ “所属選手の後期第9節におけるプレーに関する処分について” (プレスリリース), 株式会社TOKYO23, (2020年10月9日), https://tokyo23fc.jp/news/100901tokyo23fc2020/ 2020年10月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]