東京23フットボールクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京23フットボールクラブ
原語表記 東京23フットボールクラブ
呼称 東京23FC
愛称 東京23
クラブカラー     
    
創設年 2003年
所属リーグ 関東サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
クラブライセンス (未承認)
ホームタウン 東京特別区
ホームスタジアム Edogawa Stadium 1.JPG江戸川区陸上競技場
Ooidainistadium.JPG大井ふ頭第二球技場
収容人数 6,950(江戸川区陸上)
5,000(大井ふ頭)
運営法人 株式会社TOKYO23
代表者 西村剛敏
監督 日本の旗 羽中田昌
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社TOKYO23
種類 株式会社
本社所在地 134-0088
東京都江戸川区西葛西5-1-1 20山秀ビル6F
設立 2010年2月3日
業種 サービス業
代表者 西村剛敏
テンプレートを表示

東京23フットボールクラブ(とうきょうにじゅうさんフットボールクラブ、Tokyo23 Football Club)は、東京23区をホームタウンとして活動しているクラブチーム。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

概要[編集]

2016年現在、東京都を本拠地とするJリーグのクラブはFC東京東京ヴェルディ1969FC町田ゼルビアの3クラブがあるが、前者の2つは東京都全域をホームタウンとしつつも、いずれもメインスタジアムは調布市にある味の素(東京)スタジアムであり、またメインの活動範囲もFC東京が調布、三鷹市府中市、東京Vが稲城市立川市多摩市で、いずれも多摩地域が中心、町田市立陸上競技場を本拠地とする町田ゼルビアもその名前どおり町田市のみの活動となっており、純粋に都心23特別区をホームタウンとするクラブがないため、東京23フットボールクラブは、23特別区を代表する強豪サッカークラブを目指している。

クラブスローガンは「TOKYO PRIDE (都民の誇りとなれ)」。

関東サッカーリーグ昇格以降、ホームスタジアムは主に江戸川区陸上競技場大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森第二球技場を使用しているが、都外への開催やアウェーチームの本拠地でのホーム試合となることも多い。

Soccer.Field Transparant.png

2010 東京都1部最終節 布陣
山本恭平
山下亮介
飯野大造
堀河健吾
山崎健太
垣見修平
平川正城
監督:原野大輝

歴史[編集]

2003年創設。2005年東京都社会人リーグ2部で優勝し、2006年に都リーグ1部に昇格した。1部では中位以下の順位が続き、苦戦を強いられていたが、2010年より体制を一新させた。2月3日に運営会社「株式会社TOKYO23」を設立、代表者に西村剛敏が、テクニカルアドバイザーに水沼貴史が就任。同年4月、「東京23サッカークラブ」から現名称に変更した。この年は、T.F.S.C.との熾烈な優勝争いを繰り広げ、最終節の直接対決(右図)で勝利して東京都1部リーグを制するも、関東社会人サッカー大会でベスト8にとどまり、関東リーグ2部への昇格を逃した。

Soccer.Field Transparant.png

山本恭平
田村聡
山下亮介
飯野大造
猪股聖哉
山村和士
天野徹

2011年、原野大輝が監督を退任し、後任としてFC刈谷元監督のアマラオが就任した。JFL在籍経験のある選手を複数名補強すると、アマラオの指揮の下、無敗での東京都1部リーグ優勝を達成。また、関東地区代表として第47回全国社会人サッカー選手権大会に参加。全5試合を無失点という堅守で優勝し、第35回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得したが、地域リーグ決勝大会では1次ラウンドで敗退。関東社会人大会では準々決勝で敗退し、関東2部への昇格を逃した[注 1]が、Y.S.C.C.(関東1部)のJFL昇格に伴い、関東リーグへの昇格枠が1つ追加され、この枠を懸けて同大会準々決勝敗退の4クラブにより5位決定戦を開催[1]ホンダルミノッソ狭山FCtonan前橋サテライトに勝利し、関東2部リーグへの昇格[2]を決めた。

2012年は米山篤志が監督に就任。東京都社会人サッカーチャンピオンシップで初優勝[3]し、第17回東京都サッカートーナメント及び第48回全国社会人サッカー選手権大会出場権を獲得。東京都サッカートーナメントではその年の全日本大学サッカー選手権大会優勝校専修大学を破るも、決勝戦で横河武蔵野FCにPK合戦の末敗れ、初の天皇杯出場はならなかった[4]。また、ディフェンディングチャンピオンとして望んだ全社であったが2回戦で福島ユナイテッドFCに敗退[5]し2年連続の地域決勝の出場はかなわなかった。この年から所属リーグを関東サッカーリーグ2部としたが、12勝3敗3分けの成績で優勝を収め[6]1年で関東リーグ1部へと昇格した。リーグ戦終了後行われたKSL市原カップでは、同じ年の地域決勝で優勝しJFLへ昇格したSC相模原を降し初優勝[7]

2013年は引き続き米山篤志が監督を続投。リーグ優勝とJFL昇格を目指し新入団選手を7名獲得。東京都社会人サッカーチャンピオンシップは準決勝でFCコリアに破れ3位[8]。第18回東京都サッカートーナメントでは社会人代表決定戦でFC町田ゼルビアを破るも日本体育大学に敗れる[9]。また第49回全国社会人サッカー選手権大会を目指した関東予選では決勝で茨城県代表のジョイフル本田つくばFCに敗れ全社出場を逃す[10]。リーグ戦では本年からホームスタジアムとして江戸川区陸上競技場を使えるようになるなど設備面は充実するも成績が伴わず最終順位4位[11]。KSL市原カップは決勝で浦安SCに敗れて準優勝[12]に終わり、2010年に体制を一新したのち初めての無冠となった。

2014年米山篤志監督3年目。この年から練習場所や時間を一新し、江戸川区臨海球技場で早朝時間帯の練習とする。前所属がJFLやJ2の選手など18名入団(シーズン前に11名退団)。東京都社会人サッカーチャンピオンシップ優勝[13]。第19回東京都サッカートーナメントは社会人代表決定戦で横河武蔵野FCに敗退[14]第50回全国社会人サッカー選手権大会は関東予選の決勝で浦安SCを接戦のすえ破り2年ぶりの出場を決めるも、初戦で高知UトラスターFCに敗れる[15]。2年目となった関東リーグ1部は最終順位2位[16]。リーグ戦終了後に米山篤志監督を解任[17]した。KSL市原カップは予選リーグを1位で通過するものの、決勝リーグの初戦でVONDS市原に敗れた[18]

2015年は羽中田昌が監督に就任[19]。新監督の指揮の下、東京カップで優勝。第20回東京都サッカートーナメントでは横河武蔵野FCを破り東京都社会人チーム代表となるも天皇杯出場はならず。関東リーグ1部での順位は4位。第51回全国社会人サッカー選手権大会ではベスト8まで進むも準々決勝でバンディオンセ加古川にPK戦の末に敗れ全国地域サッカーリーグ決勝大会に進むことができずJFL昇格はできなかった。市原カップでは準優勝。

2016年羽中田体制二年目。FC町田ゼルビアから齋藤翔太(期限付き)、元ヴァンフォーレ甲府ギラヴァンツ北九州加部未蘭東京武蔵野シティFC(旧横河武蔵野FC)から井関諒司、VONDS市原から東大樹など9名の新戦力を迎え入れ悲願のJFL昇格に臨む。

リーグ戦績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 監督
2003 東京都4部19ブロック 優勝 27 9 9 0 0 61 2 59
2004 東京都3部6ブロック 優勝 24 9 8 0 1 40 2 38
2005 東京都2部2ブロック 優勝 28 12 9 1 2 46 14 32
2006 東京都1部 9位 13 14 4 2 7 33 36 -3
2007 10位 14 14 4 2 8 23 40 -17
2008 11位 10 13 3 1 9 24 41 -17
2009 7位 17 13 5 2 6 23 24 -1
2010 優勝 36 13 12 0 1 51 16 35 原野大輝
2011 優勝 40 14 13 1 0 58 6 52 アマラオ
2012 関東2部 優勝 39 18 12 3 3 48 22 26 米山篤志
2013 関東1部 4位 29 18 9 2 7 50 32 18
2014 2位 36 18 10 6 2 36 17 19
2015 4位 32 18 9 5 4 40 20 20 羽中田昌

タイトル[編集]

リーグ戦
カップ戦

所属選手・スタッフ[編集]

監督・スタッフ[編集]

役職 氏名 前所属 備考
監督 日本の旗 羽中田昌 奈良クラブ監督
ヘッドコーチ 日本の旗 土屋慶太 修徳高校コーチ
GKコーチ 日本の旗 志田知則 アローレはちきたFCコーチ

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 太洋一 日本の旗 東京ヴェルディ
12 日本の旗 田畑里央 中央学院大学
21 日本の旗 土井秀徒 日本の旗 グルージャ盛岡
31 日本の旗 佐藤建太 明海大学
41 日本の旗 鹿島英一郎 日本の旗 JAPANサッカーカレッジ
DF 2 日本の旗 鈴木大河 日本の旗 横浜猛蹴
5 日本の旗 伊東駿多 東京国際大学
6 日本の旗 伊藤竜司 日本の旗 藤枝MYFC
25 日本の旗 平山創士 芦屋大学
30 日本の旗 河内勇太 ドイツの旗 アシャッフェンブルク
MF 4 日本の旗 沓掛元気 専修大学
7 日本の旗 吉田正樹キャプテン 日本の旗 FC琉球
8 日本の旗 渡邉敬人 神奈川大学
11 日本の旗 田村聡 神奈川大学
13 日本の旗 福井快 流通経済大学
16 日本の旗 新貝亮太 桐蔭横浜大学
18 日本の旗 小山雄士 日本体育大学
19 日本の旗 藤田涼輔 亜細亜大学
20 日本の旗 亀井政孝 広島皆実高校
22 日本の旗 角田悠之助 東京23FC U-23
24 日本の旗 鈴木大輝 流通経済大学
27 日本の旗 東大樹 日本の旗 VONDS市原
28 日本の旗 早瀬庄馬 東京23FC U-23
32 日本の旗 唯井竣平 流通経済大学
33 日本の旗 小林翼 山梨学院大学
FW 9 日本の旗 飯島秀教 産業能率大学
10 日本の旗 山本恭平 尚美学園大学
14 日本の旗 齋藤翔太 日本の旗 FC町田ゼルビア 期限付き移籍
15 日本の旗 岡正道 日本の旗 東京武蔵野シティFC
17 日本の旗 井関諒司 日本の旗東京武蔵野シティFC
29 日本の旗 加部未蘭 福岡大学

歴代所属選手[編集]


ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 白赤 白赤 白赤
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •       

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
日本土地建物 Japan Land Building 2016年‐
背中 パン・アキモト パンの缶詰救缶鳥プロジェクト 2013年‐ 2013年-2015年は胸
未定 未定
パンツ 山秀商事 yAMAHIDE 2016年‐

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
2010 ANESYS 法律mobileOnLINE - - adidas
2011 - 青巒 I&L SOFTWARE PUMA
2012 明成建設
2013 パンの缶詰救缶鳥プロジェクト 長谷川ホールディングス - 明成建設
2014 CCPartners
2015 mitre
2016 Japan Land Building パンの缶詰救缶鳥プロジェクト - yAMAHIDE

ユニフォームサプライヤー[編集]

スタジアム[編集]

2016年の関東サッカーリーグは、江戸川区陸上競技場(4試合)、東京多摩フットボールセンター南豊ヶ丘フィールド(4試合)、ゼットエーオリプリスタジアム(1試合)でホームゲームを行なう。

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 翌年からの関東リーグ再編により昇格枠は4枠に拡大しており、同大会で準決勝に進出すれば関東2部に自動昇格できた。
出典
  1. ^ 東京23にチャンス再来 関東大会5位決定戦が発生 TOKYO FOOTBALL 2011年12月5日記事
  2. ^ 東京23FC、1-0でtonanサテを破り関東昇格 = 関東社会人 TOKYO FOOTBALL 2012年1月15日記事
  3. ^ 東京23FCが三菱養和を破り初優勝 = 東京カップ TOKYO FOOTBALL 2012年4月1日記事
  4. ^ 第17回東京都サッカートーナメント TOKYO FOOTBALL 第17回東京都サッカートーナメント トーナメント表
  5. ^ 第48回全国社会人サッカー選手権大会 日本サッカー協会HP
  6. ^ 2012年度試合結果 関東サッカーリーグHP
  7. ^ 東京23がKSLカップ初優勝 相模原破る = KSL市原カップ TOKYO FOOTBALL 2012年11月4日記事
  8. ^ エリース、KOREA下し3年振り東京カップ制覇 = 東京カップ TOKYO FOOTBALL 2013年3月31日
  9. ^ 第18回東京都サッカートーナメント TOKYO FOOTBALL 第18回東京都サッカートーナメント トーナメント表
  10. ^ 東京勢は3チームとも敗退 全国大会出場ならず TOKYO FOOTBALL 2013年7月7日記事
  11. ^ 2013年度試合結果 勝敗表 関東サッカーリーグHP
  12. ^ 東京23、浦安にPK負け KSLカップ連覇ならず = 関東リーグ TOKYO FOOTBALL 2013年12月2日記事
  13. ^ 東京23が2年ぶりに東京カップ優勝 3位は東京海上 TOKYO FOOTBALL 2014年5月6日記事
  14. ^ 社会人代表決定戦 町田ゼルビアと横河武蔵野が勝利 TOKYO FOOTBALL 2014年5月15日記事
  15. ^ 第50回全国社会人サッカー選手権大会 日本サッカー協会HP
  16. ^ 2014年度勝敗表 関東サッカーリーグHP
  17. ^ 米山篤志監督 解任のお知らせ東京23FC HP ニュース 2014年10月15日
  18. ^ KSL市原カップ結果 関東サッカーリーグHP
  19. ^ 監督就任のお知らせ 東京23FC HP ニュース 2014年12月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]