エリースFC東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エリースFC東京
原語表記 エリースFC東京
愛称 エリース
クラブカラー     
創設年 1970年
所属リーグ 関東サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 東京都
運営法人 特定非営利活動法人エリースフットボールクラブ
代表者 小宮敏裕
監督 相馬亘
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
エリースフットボールクラブ
aries Football Club
国籍 日本の旗 日本
格付 NPO法人
専門分野 サッカー競技の普及・育成事業
設立日 2006年1月
代表者 小宮敏裕
活動地域 東京都
郵便番号 177-0041
事務所 東京都練馬区石神井町4-18-34
会費 10,000円
外部リンク http://www.aries-fc.jp/
テンプレートを表示

エリースフットボールクラブ東京エリースFC東京)は、関東サッカーリーグに所属する東京都を本拠地とするサッカーのアマチュアクラブチーム。

名称[編集]

初の公式戦が行われた4月の星座である牡羊座(aries)にちなんで「エリースフットボールクラブ」と命名される[1]。1995年にチーム名を「エリースフットボールクラブ東京」と改称。

概要[編集]

1970年立教高校(現:立教新座高等学校)サッカー部OBが中心となって設立[1]。結成の翌年より東京都リーグを戦い、1993年までに東京都リーグ1部で4度の優勝を果たす。

1993年には関東社会人大会で優勝し関東サッカーリーグに参入。

以降12年にわたって関東リーグに所属するが、2006年のシーズンを関東リーグ2部7位で終え、2007年度は再び東京都リーグに活動の場を移す。

2007年のシーズンは東京都リーグ1部で2位となり、関東社会人サッカー大会に出場。この大会で優勝し、1年で関東社会人リーグへの復帰を果たした。

関東リーグ(1部、2部とも)在籍の12シーズン、一度も開幕戦に勝利できなかった(引き分けあり)というジンクスがあったが、2008年の開幕戦にてヴェルフェたかはら那須に1-0で勝利し、ジンクスを打破した。

関連チームとして、弟分的存在のエリースラムズ(1980年創立)、エリースFCを引退したOBが立ち上げた30代中心のエリースFC・DX(1984年創立:東京都社会人リーグ2部 2005年にエリース30'sより改称)、40代から50代中心のエリースゴールドカード(1996年創立:東京都社会人4部エントリーリーグ)があり、現在はその全てを総称して「エリースフットボールクラブ」と呼称しており、「エリースフットボールクラブ東京」は「エリースフットボールクラブ」のトップチームとして位置付けられている。

上記4チームの運営母体にあたる「エリースフットボールクラブ」は2006年1月 特定非営利活動法人として東京都から認証された。初代の理事長にはエリースFC東京のチーム代表者でもある小宮敏裕が就任している。

主な成績[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 監督
1971 東京都C-2 2位 8 6 1 1
1972 東京都C-8 優勝 5 5 0 0
1973 東京都B-3 優勝 9 8 1 0
1974 東京都B-8 優勝 9 8 0 1
1975 東京都B-3 優勝 9 8 1 0
1976 東京都A 7位 12 5 2 5
1977 東京都1部 6位 14 6 1 9
1978 5位 14 5 4 5
1979 東京都2部 優勝 9 7 2 0
1980 東京都1部 4位 16 9 3 4
1981 9位 13 5 2 6
1982 7位 14 5 6 3
1983 9位 14 6 2 6
1984 5位 14 9 2 3
1985 2位 13 11 1 1
1986 10位 13 4 3 6
1987 5位 12 6 3 3
1988 優勝 12 10 1 1
1989 2位 12 8 2 2
1990 優勝 13 9 3 1
1991 4位 13 9 0 4
1992 2位 13 10 0 3
1993 優勝 13 11 1 1
1994 優勝 13 11 1 1
1995 関東 5位 26 18 7 5 6 18 24 -6
1996 7位 19 18 5 4 9 24 32 -8
1997 3位 31 18 9 4 5 35 24 11
1998 8位 19 18 5 4 9 26 28 -2
1999 4位 26 18 6 8 4 27 13 14
2000 7位 22 18 6 4 8 19 26 -7 出井正知 (選手兼)
2001 6位 25 18 7 4 7 22 20 2 関口潔
2002 7位 15 9 3 - 6(3) 11 12 -1
2003 関東1部 3位 27 14 7 6 1 28 16 12 北川浩史
2004 5位 19 14 6 1 7 23 19 4
2005 8位 12 14 2 6 6 14 25 -11
2006 関東2部 7位 10 14 2 4 8 17 31 -14
2007 東京都1部 2位 34 14 11 1 2 48 15 33 出井正知
2008 関東2部 4位 23 14 7 2 5 25 25 0
2009 5位 22 14 7 1 6 27 24 3
2010 5位 18 14 5 3 6 22 18 4
2011 2位 29 14 9 2 3 30 16 14 小宮敏裕
2012 関東1部 2位 33 18 10 3 5 35 28 7 檜山康
2013 5位 29 18 9 2 7 34 23 11
2014 10位 7 18 1 4 13 14 43 -29 李清敬
2015 関東2部 2位 34 18 9 7 2 35 16 19 熊谷寛
2016 関東1部 8位 22 18 6 4 8 24 30 -6
2017 10位 6 18 1 3 14 12 50 -38 相馬亘
  • ( )はPK戦
  • 1976年までは東京都A=現1部、B=現2部、C=現3部
その他の成績

所属選手・スタッフ[編集]

2016年

スタッフ[編集]

役職 氏名 前職 備考
GM 日本の旗 青柳聡 日本の旗 エリースFC東京 選手
監督 日本の旗 熊谷寛 日本の旗 横河武蔵野FC 選手

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 米原渉 早稲田大学
21 日本の旗 白子哲平 日本の旗 FC町田ゼルビア
40 日本の旗 平井聡 駒澤大学
DF 2 日本の旗 藤森渉 早稲田大学
3 日本の旗 平岩宗 日本の旗 横河武蔵野FC
4 日本の旗 香西駿介 東海大学菅生高等学校 副主将
12 日本の旗 安藤謙 日本の旗 T.F.S.C.
15 日本の旗 津久井弘伸 日本の旗 青梅FC
16 日本の旗 山地翔 早稲田大学
23 日本の旗 飯塚高志 東京学芸大学
24 日本の旗 伊藤拓哉 日本の旗 東京蹴球団
28 日本の旗 津田和樹 日本の旗 FC町田ゼルビア
33 日本の旗 桐原崇弘 駒澤大学
34 日本の旗 市村一貴 早稲田大学
MF 5 日本の旗 飯野大造 日本の旗 東京23FC
6 日本の旗 長沼圭一 日本の旗 横河武蔵野FC
7 日本の旗 加藤正樹 日本の旗 横河武蔵野FC
8 日本の旗 青山太一 日本の旗 T.S.F.C.
10 日本の旗 谷川烈 日本の旗 FC町田ゼルビア
13 日本の旗 常盤亮介 日本の旗 横河武蔵野FC
14 日本の旗 豊嶋剛平 明治大学 副主将
18 日本の旗 山本健二 成蹊大学
19 日本の旗 佐波安里 東海大学付属高輪台高校
20 日本の旗 石川拓 早稲田大学
25 日本の旗 阿川隆太 亜細亜大学
27 日本の旗 園田慎一郎 早稲田大学
29 日本の旗 日置友輔 日本の旗 京都紫光サッカークラブ
37 日本の旗 小城拓真 日本の旗 横河武蔵野FC
FW 9 日本の旗 久保田学 日本の旗 神奈川県教員SC
11 日本の旗 山下真太郎 キャプテン 日本の旗 横河武蔵野FC 主将
17 日本の旗 守屋玲央 東海大相模高校
31 日本の旗 関口圭亮 日本の旗 港ユナイテッド東京

歴代所属選手[編集]

背番号[編集]

No. 2007[2] 2008[3] 2009[1][4] 2010[5][6] 2011[7] 2012[8] 2013[9][10] 2014 2015
1 城定和治 青木周平 伊藤彰人 米原渉
2 吉川浩 藤森渉
3 関大悟 近藤慎吾 - 近藤慎吾
4 - 小林大祐 谷川烈 安藤謙 - 吉田啓祐 - 香西駿介
5 篠原剛 - 石川清司
6 坂本良太 澤本俊平 松本征也 - 鎌戸修平 - 長沼圭一
7 岩間耕平 - 柿沼貴宏 - 加藤正樹
8 後藤秀平 - 青山太一
9 近藤大樹 村山浩史 深澤良
10 相馬亘 大河淳司 谷川烈
11 清水悠葵 高橋周大 冨岡大吾 山下真太郎
12 長谷川敏弘 安藤謙
13 鈴木敦 常盤亮介
14 奥田誉樹 - 近藤夏輝 豊嶋剛平
15 田代智之 - 木村遼 筱原貴博 青柳聡
16 松本磨 大塚哲 - 山地翔
17 沢辺裕平 吉原徹郎 大河淳司 - 守屋玲央
18 中村翔 石橋未来 - 高橋周大 野沢大樹 - 山本健二
19 田中敦 吉田圭助 - 清田哲也 古矢翼 佐波安里
20 土井岳史
21 - 戸田裕之 - 城山裕明 白子哲平
22 - 米原渉 近藤夏輝
23 飯塚高志
24 日下部貴史 青山太一 原雅巳 加藤正樹 伊藤拓哉
25 内山晋輔 石川清司 阿川隆太
26 原和克 - 中村翔 - 立花由貴 吉田敦 -
27 村垣光 佐藤直 - 園田慎一郎
28 吉崎良太郎 高橋周大 - 小川諒 - 津田和樹
29 桜井健司 渋澤大介
30 - 青木周平 菅野一弘 - 宮下諒也
31 石井孝幸 澤本俊平 - 佐藤大悟 - 関口圭亮
32 - 石井孝幸 近藤慎吾 - 山本紘之 - 小川直純 望月陽介 飯野大造
33 - 青山太一 松本征也 - 彦坂佑哉 - 豊嶋剛平 桐原崇弘
34 - 大河淳司 - 山下真太郎 -
35 神坂雄太 - 佐々木景一 - 長沼圭一 -
36 伊勢悠一 - 大場駿 -
37 山田恭旦 - 小松崎令 金子剛 - 清岡賢二郎 -
38 - 石原雄 -
39 - 馬場英鷹 - 蛭川大有 宮下諒也 -
40 平井聡
41 長岡祐也 - 香西駿介 -
42 石橋未来 太田拓人 - 齋藤アレックス -
43 吉原徹郎 - 幸田一亮 - 梅澤駿 -
44 - 中村静久朗 - 深澤良 -
45 青山太一 川村慶一郎 - 山本拓弥 -
46 - 内田龍 - 山本健二 -
47 - 徳永浩幸 - 伊勢陽平 富永杜音 -
48 - 外山哲 - 守屋玲央 -
49 - 前田遼平 - 青柳聡 -
50 - 高屋直樹 - 町田達哉 山本健二 -

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd)
GK(1st) シルバー シルバー
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

    

メインのユニフォームカラーは創設の母体となった立教高校サッカー部のユニフォームカラーに由来する。サブのユニフォームカラーは、サブユニフォーム制定時に、立教高校(大学)についで、出身者の多かった慶應義塾体育会ソッカー部のユニフォームカラーに由来している。

ユニフォームスポンサー[編集]

ユニフォームサプライヤー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c チーム紹介 > エリースフットボールクラブ東京 - ウェイバックマシン(2009年5月19日アーカイブ分) 関東サッカーリーグ
  2. ^ メンバー紹介 - ウェイバックマシン(2007年12月14日アーカイブ分) エリースFC東京
  3. ^ メンバー紹介 - ウェイバックマシン(2009年2月26日アーカイブ分) エリースFC東京
  4. ^ メンバー紹介 - ウェイバックマシン(2010年1月31日アーカイブ分) エリースFC東京
  5. ^ チーム紹介 > エリースFC東京 - ウェイバックマシン(2010年4月13日アーカイブ分) 関東サッカーリーグ
  6. ^ メンバー紹介 - ウェイバックマシン(2010年6月9日アーカイブ分) エリースFC東京
  7. ^ チーム紹介 > エリースFC東京 - ウェイバックマシン(2011年4月29日アーカイブ分) 関東サッカーリーグ
  8. ^ エリースフットボールクラブ東京 - ウェイバックマシン(2012年10月5日アーカイブ分) 関東サッカーリーグ
  9. ^ エリースFCの選手一覧(2013年4月9日時点) - ウェイバックマシン(2013年8月10日アーカイブ分) エリースFC東京
  10. ^ エリースフットボールクラブ東京 - ウェイバックマシン(2013年9月23日アーカイブ分) 関東サッカーリーグ

外部リンク[編集]