島田慎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しまだ しんじ
島田 慎二
生誕 (1970-11-05) 1970年11月5日(49歳)
新潟県岩船郡朝日村(現・村上市
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学法学部
職業 企業経営者
雇用者 株式会社リカオン(代表取締役)
株式会社千葉ジェッツふなばし(代表取締役会長)
肩書き (公財)ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグチェアマン
任期 2020年6月-
前任者 大河正明
公式サイト http://rikaon.co.jp/

島田 慎二(しまだ しんじ、1970年11月5日[1] - )は、日本実業家、経営コンサルタント。一般社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ (JPBL / B.LEAGUE) 理事長(チェアマン)。

株式会社リカオン代表取締役、株式会社千葉ジェッツふなばし代表取締役会長を務めた。

経歴[編集]

新潟県岩船郡朝日村(現・村上市)出身[2]。越境入学した日本大学山形高等学校ではサッカー部で、同級生に元プロサッカー選手の高橋健二がいる[2]日本大学法学部に一般入学で受かり、アルバイトに明け暮れる日々を送る。この頃芝居を志した時期があり、欽ちゃん劇団にも1年ほど所属していたことがあるという[2]

大学卒業後にマップ・インターナショナル(後のエーティービー、現:エイチ・アイ・エス)入社[1]。1995年に、前職の役員と共に独立し、法人向け旅行会社である株式会社ウエストシップを設立[1]。2001年、アメリカ同時多発テロ事件を契機としてウエストシップを退任、新たに海外出張専門の旅行会社として株式会社ハルインターナショナルを設立し社長に就任[1]

2010年、ハルインターナショナルの全株式を東証一部上場のリロケーション企業である株式会社リロ・ホールディング(現・リログループ)に売却し、コンサルティング会社である株式会社リカオンを設立[1]。元々働き始めた当時から「30代で引退して一生遊んで暮らしたい」という思いがあり、実質的なセミリタイア生活に入ったものだった[2]。「リカオン」の名前も、娘2人の名前を組み合わせたものである[1]

2012年、当時プロバスケットボールbjリーグに参加していた千葉ジェッツの運営会社ASPEの社長に就任し、経営難に陥っていた球団を立て直すべく、NBLへの転籍や地域密着の強化などを打ち出し、リーグトップの観客動員力を持つ球団へと変貌させた[3][4]

2016年にNBLとbjリーグの統合でジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL / Bリーグ)が発足するとJPBLの理事に就任する[5]

2017年、千葉ジェッツふなばし代表兼任のままBリーグ副理事長(副チェアマン)に就任[6]

2019年、千葉ジェッツふなばし代表取締役社長を退き、千葉ジェッツふなばし代表取締役会長となる。また、日本トップリーグ連携機構及びBリーグのクラブ経営アドバイザーに就任した他、ライジングゼファーフクオカの経営アドバイザーにも就任した。

2020年5月26日、Bリーグチェアマンの大河正明が6月末をもって退任し、大河の後任となるBリーグチェアマン(代表理事CEO)の候補者に選任されたことが公表され[7]、同年6月10日に行われた臨時会員総会でも決議が行われた[8]。理事会での承認を経てチェアマン就任が正式決定する予定。なお、千葉ジェッツふなばしでの会長職についてはチェアマン就任までに退任し、クラブを離れることが決まっており[9]、その他の役職も辞してチェアマンに専念する予定であるという[2]

著書[編集]

  • 千葉ジェッツの奇跡 Bリーグ集客ナンバー1クラブの秘密KADOKAWA、2017年9月。ISBN 978-4041060216

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 会社案内”. 株式会社リカオン. 2017年6月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e 大島和人 (2020年6月10日). “Bリーグ新チェアマン島田慎二は何者か?高校はサッカー部「選手権に出たかった」”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2020年6月10日閲覧。
  3. ^ “経営不振から人気No.1バスケットチームへの勝因とは?”. WORKSIGHT. (2016年7月25日). http://www.worksight.jp/issues/795.html 2017年6月11日閲覧。 
  4. ^ “千葉ジェッツ 島田慎二代表インタビューvol.1「地域密着を実現するには経営を強くして、地元で存在感を出すしかない」”. バスケット・カウント. (2017年4月11日). http://basket-count.com/article/detail/2143 2017年6月11日閲覧。 
  5. ^ 理事選任のお知らせ 2016年9月28日 B.LEAGUE公式サイト
  6. ^ “千葉ジェッツの島田慎二代表、兼任のままBリーグ副チェアマン(副理事長)に就任へ「Bリーグには顧客視点が足りない」”. バスケット・カウント. (2017年6月5日). http://basket-count.com/article/detail/2522 2017年6月11日閲覧。 
  7. ^ “B.LEAGUEチェアマン(代表理事CEO)の異動に関する記者会見発言録” (プレスリリース), 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ, (2020年5月26日), https://www.bleague.jp/news_detail/id=82042 2020年6月10日閲覧。 
  8. ^ “B.LEAGUEチェアマン(代表理事CEO)候補者たる理事決議のお知らせ” (プレスリリース), 公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ, (2020年6月10日), https://www.bleague.jp/news_detail/id=82053 2020年6月10日閲覧。 
  9. ^ “【ご報告】代表取締役の異動および経営体制の変更について” (プレスリリース), 千葉ジェッツふなばし, (2020年5月26日), https://chibajets.jp/news/detail/id=17349 2020年6月10日閲覧。 

外部リンク[編集]