メッツァ (テーマパーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メッツァ
Metsä
メッツァ (テーマパーク)の位置(埼玉県内)
メッツァ (テーマパーク)
施設情報
テーマ ムーミン
事業主体 フィンテックグローバル
管理運営 株式会社ムーミン物語
開園 2018年11月9日(メッツァビレッジ)[1]
2019年3月16日(ムーミンバレーパーク)[2]
所在地 357-0001
埼玉県飯能市宮沢431番3外58筆
位置 北緯35度52分21秒 東経139度19分45.6秒 / 北緯35.87250度 東経139.329333度 / 35.87250; 139.329333[3]座標: 北緯35度52分21秒 東経139度19分45.6秒 / 北緯35.87250度 東経139.329333度 / 35.87250; 139.329333[3]
公式サイト metsa-hanno.com
テンプレートを表示

メッツァ(Metsä)は、埼玉県飯能市宮沢湖にあるムーミンテーマパークムーミンバレーパーク[2]と、北欧の生活をテーマにしたショッピングモールメッツァビレッジ」からなる郊外型レジャー施設。ムーミンテーマーパークは本拠地であるフィンランド以外では海外初進出である。

計画[編集]

2015年6月30日に事業主体のフィンテックグローバルが「ムーミン」のテーマパークとして埼玉県飯能市に「Metsä(メッツァ)」を2017年春にオープンすることが発表された[4][5]。「メッツァ(metsä)」はフィンランド語で“森”という意味。宮沢湖の周辺の約18万7000平方メートル(東京ドーム4個分)の用地に展開され、有料の「ムーミンゾーン」と無料の「パブリックゾーン」が設けられる。フィンテックグローバル西武鉄道より6億円で土地売買契約を行った[6]。当初は東京都立川市など都市部で小規模なテーマパークを検討し、2015年ごろの開業を目指していたが、森や湖が無いとムーミンらしさが出ないとして宮沢湖周辺の土地を取得するに至った。

開業時期は発表時からは延期になった。パブリックゾーンの「メッツァビレッジ」が先行して2018年11月9日に開業され[1]、「ムーミンバレーパーク」が2019年3月16日に開業した[2]。2017年6月30日に着工に向けた地鎮祭が行われ、2018年10月3日に竣工式が挙行された[7][8]

アクセス[編集]

イーグルバス交通系ICカード利用不可

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “ムーミンパークが一部開業 埼玉・飯能”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2018年11月9日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37564490Z01C18A1CC0000/ 2018年11月9日閲覧。 
  2. ^ a b c “「ムーミン」の世界を体感=湖畔にテーマパーク開園-埼玉県飯能市”. 時事ドットコム (時事通信社). (2019年3月16日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019031600377&g=soc 2019年3月16日閲覧。 
  3. ^ メッツァの概要 - フィンテックグローバル
  4. ^ ムーミンのテーマパークが2017年に埼玉・宮沢湖周辺にオープン 面積は東京ドーム4個分”. ねとらぼ (2015年6月30日). 2015年7月1日閲覧。
  5. ^ 埼玉にムーミンのテーマパーク フィンランド以外で初”. 朝日新聞デジタル (2015年7月1日). 2016年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月1日閲覧。
  6. ^ Metsä 宮沢湖に 2017 年オープン予定 世界初進出「ムーミン」の世界を体験できる施設が誕生 - フィンテック グローバル株式会社(2015年6月30日). 2016年3月18日閲覧。
  7. ^ 社会面コラム「チャイム」『産経新聞』朝刊2018年10月4日(2018年10月9日閲覧)。
  8. ^ ムーミンのテーマパークが2017年に埼玉・宮沢湖周辺にオープン 面積は東京ドーム4個分”. ねとらぼ (2015年12月6日). 2017年3月13日閲覧。
  9. ^ アクセス”. metsa(メッツァ). 2018年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

  • 巾着田 - 近隣の観光地
  • あけぼの子どもの森公園 - ムーミンに関する施設がある
  • ところざわサクラタウン - 2020年夏を目処に近隣市である所沢市に完成される予定のKADOKAWAの文化商業複合施設。当施設は、アニメや漫画などといった日本のサブカルチャー(クールジャパン)を発信する施設となる。所沢市と飯能市は、同じ埼玉県西部に所在するということもあり、この2つのポップカルチャー施設を中心に埼玉県西部を活性化させようとする動きがある[1]

関連項目の脚注[編集]

外部リンク[編集]