阪和興業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
阪和興業株式会社
Hanwa Co.,Ltd.
Hanwa Co.,Ltd.logo.gif
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8078
大証1部(廃止) 8078
略称 阪和興
本社所在地 日本の旗 日本
郵便番号:104-8429
東京都中央区銀座六丁目18番2号 銀座MTRビル
本店所在地 郵便番号:541-8585
大阪府大阪市中央区伏見町四丁目3番9号
設立 1947年昭和22年)4月1日
業種 卸売業
事業内容 鉄鋼、鉄鋼原料、建材、非鉄金属、石油、化成品、食品、木材、セメント、機械の国内販売および輸出入
代表者 代表取締役社長 古川弘成
売上高 連結:1,396,103百万円
単体:1,315,275百万円
営業利益 連結:13,490百万円
単体:12,392百万円
純利益  連結:5,793百万円
単体:5,545百万円
包括利益:6,104百万円
純資産 連結:110,458百万円
単体:107,796百万円
総資産 連結:532,797百万円
単体:507,574百万円
従業員数 連結:2,060[476]人
単体:1,154 [169]人※1
決算期 3月31日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 9.41%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 4.93%
株式会社三井住友銀行 3.6%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 2.28%
阪和興業取引先持株会 2.28%
資産管理サービス信託銀行株式会社(証券投資信託口) 2.22%
阪和興業社員持株会 2.21%
BBH FOR FIDELITY LOW-PRICEDSTOCK FUND(常任代理人株式会社三菱東京UFJ銀行) 1.65%
MELLON BANK,N.A.AS AGENT FOR ITS CLIENT MELLON OMNIBUS US PENSION (常任代理人 株式会社みずほコーポレート銀行決済営業部) 1.24%
第一生命保険株式会社 1.24%
主要子会社 阪和流通センター
外部リンク http://www.hanwa.co.jp/
特記事項:経営指標は 2011年3月 第64期 有価証券報告書
※1従業員数の[外書]は、臨時従業員の年間平均雇用人員数である。
テンプレートを表示

阪和興業株式会社(はんわこうぎょう)は、大阪本社(本店)を大阪府大阪市中央区伏見町に、東京本社を東京都中央区銀座に置く、大手商社である。

同じく大阪に本社を置く伊藤忠商事岩谷産業長瀬産業稲畑産業山善などと並ぶ在阪商社の一つである。

概要[編集]

鉄鋼を始めとして、非鉄金属食品石油化成品木材機械などの分野を取り扱っている。「流通のプロ集団」を掲げて独立系である強みを生かした系列に縛られない自由な事業展開を進めている。ユーザーへの直販比率が高く、商機のあるところには国内外を問わずすぐ駆けつける営業スタイルは、商社業界では「阪和商法」と呼ばれている。[要出典]

2012年3月期の売上は1兆5642億円である。また、新日本製鐵の有力指定問屋から構成される親睦団体の十日会に加盟し、商社業界の中で高い地位を確立している。

売り上げの半数を占める鉄鋼分野では、ゼネコン向けの建材やメーカー向けの鋼板など幅広く鋼材並びに鉄鋼二次製品を取り扱っている。また、大型自社倉庫による鋼材の在庫販売や、インターネット上の鉄鋼取引サイトを立ち上げている。過去には、大阪ドームの鉄筋全量[要出典] を受注したことがあった。

食品分野では、伝統的にエビアジサケカニなどの輸入水産物に強く、商社取扱いトップシェア[要出典] の商品も多い。水産物以外では鶏肉を取り扱っている。

石油・化成品分野では、主に産業用燃料の輸入・国内販売と合成樹脂の三国間取引を行っている。千葉県船橋市に自社の燃料タンクを保有している。

木材分野では、住宅建材向けの木材製材品・合板などの輸入・販売を行っている。

機械分野では、産業機械だけでなく遊戯機械も取扱い、東京ドームシティへの納入実績がある。

資源ビジネスでは、南アフリカの金属鉱山会社に40億円を投資して鉱物の独占販売権を獲得した他、フェロクロムクロム鉱石事業への参入を目的にフィンランドの現地企業に約120億円の大型投資を行った。また、他社に先駆けて[要出典]アルミニウム亜鉛貴金属等のリサイクル事業にも精力的に取り組んでいる。

2010年度から始まった三カ年の第六次中期経営計画では、「激動する環境変化に適応し、独自性の高い揺るぎなき事業基盤と収益構造を構築する」ことをテーマに掲げている。勝ち残りを賭けた成長戦略として、第一にユーザーの視点に立つ「オンデマンド型」サービスを更に徹底し、他社と差別化することを目指す。また、年間100億円程度を目安に戦略的な事業投資を推進する。具体的には、海外での加工機能強化を目的とする設備投資の他、国内では取引先からの提案を前提にしてM&Aを進めることを視野に入れている。

2006年より、阪神甲子園球場の球場案内看板と東京ドームの外壁に、企業看板広告を掲示している。

事業所[編集]

阪和興業東京本社(銀座MTRビルに入居)

本社所在地


拠点

沿革[編集]

  • 1946年 - 安宅産業を退職した北二郎によって阪和商会として設立。
  • 1947年 - 阪和興業として創立。
  • 1953年 - 中国との貿易を開始。
  • 1963年 - 大阪証券取引所の第二部に上場。
  • 1970年 - 東京証券取引所の第二部に上場。
  • 1971年 - 東証・大証で第一部に指定。
  • 1971年 - 東京支社新社屋の完成。
  • 1980年 - 新日本製鐵の「十日会」へ加入。
  • 2000年 - 阪和エコスチール株式会社を設立。
  • 2009年 - 北関東営業所を開設。
  • 2010年 - 東京本社移転。
  • 2010年 - 沖縄営業所を開設。
  • 2010年 - 昭和メタル株式会社を統合。
  • 2010年 - トーヨーエナジー株式会社の株式を取得。
  • 2010年 - ダイコースチール株式会社の株式を取得。
  • 2010年 - 大阪南港営業所を開設。
  • 2011年 - 水戸営業所、厚木営業所、東北支店 八戸事務所を開設。

社名の由来[編集]

会社設立にあたり占領下にあって進駐軍関係や官庁納入の折衝が多かった関係で「産業」とするか「興業」とするか熟慮した結果、終戦後の混乱期であればこそ大いに業を興す決意を明らかにし、また将来関連の生産部門へ進出する際の都合も勘案して、まず「興業」を決定した。

次に、大阪で創業するので頭文字を「阪」にした。「和」の字は、毛利元就 の故事にちなむ三本の矢の強さと和を示すと共に、創業時の年号「昭和」と、創業者たちのゆかりの地「和歌山」にも通じている。

こうして、大「阪」で誕生し社内強調融「和」団結で、大いに「業」を「興」すとういう願いをこめて1947年に社名を阪和興業株式会社と定めた。

事業[編集]

条鋼・建材
異形棒鋼、ネジ鉄筋、機械式継ぎ手、高張力フープ、エポキシ(塗装)鉄筋、ステンレス鉄筋、製鋼原料、鋼管杭、鋼管矢板、鋼矢板、セメント、生コン、加工切断、H形鋼、山形鋼、溝形鋼、軽量形鋼、鋼管、コラム、軌条、平鋼、覆工板、溶接H形鋼、スプライスプレート、四面BO、鉄骨工事、屋根工事、外壁工事、ALC工事、デッキ工事、内装工事、木工事他
線材・特殊鋼
構造用合金鋼、ステンレス鋼、その他特殊用途鋼、磨棒鋼(丸/角/平)、普通線材製品、特殊線材製品、鋲螺製品、鍛造品、鋳造品、切削品、その他特殊鋼加工品
鋼板
厚板、中板、熱延鋼板、冷延鋼板、表面処理鋼板、電磁鋼板、ステンレス鋼板、住宅資材、スチールハウス、鋼製パレット、鋼製地下室
金属原料・非鉄金属
銅、アルミニウム、亜鉛、鉛、錫、貴金属スクラップ、フェロクロム、フェロシリコン、シリコマンガン、金属マンガン、クロム鉱石、ステンレススティール・スクラップ、ニッケル地金、ニッケル、コバルト、モリブデン、タングステン、チタン等の特殊金属スクラップ及びプライマリー原料、金属シリコン、マグネシウム、マグネシウム合金、モジュール、セル、ウエファー、インゴット、ポリシリコン、シリコンスクラップ、その他太陽電池付帯設備や副資材
食品
エビ、カニ、サケ、サバ、アジ、シシャモ、カズノコ、鶏肉 等
燃料
ガソリン、灯油、重油、LPG、船舶用燃料
化成品・紙料
PE、PP、レジ袋、ゴミ袋、金属合紙、古紙
木材
ハウスメーカー・ホームセンター向け製材品、集成材用製材品、型枠用合板、一般合板、構造用合板
機械
水流ライド・スライダー、音楽噴水、フォームファクトリー(ボール遊具)、ワイルドマウス(ローラーコースター)、開先・穴あけ・切断・フォーミングライン・ショットブラストなどの鉄鋼加工機械、及びホットライン・酸洗ライン・めっきライン・カラーラインなどの製鉄機械、クレーン等の搬送設備、オゾン発生装置、減容機、破砕機 、切断機、各種磁選機、集塵機、脱臭機、ゴミクレーン、各種コンベア
環境事業
焼却炉解体事業、 有害物質無害化事業、 リサイクル事業

阪和育英会[編集]

財団法人阪和育英会は、阪和興業の会社創立10周年記念事業として、1957年4月に設立された。阪和興業の創業者で初代理事長であった北二郎は、自身が進学に当たり苦学した経験があり、奨学金を出して経済的軽減を図り、「我が国社会に有為な人材を育成したい」との念願で、当時会社の資本金が1億円の時に1000万円を投じて阪和育英会を設立した。

その後、今日までに1000名近い奨学生に奨学支援を行ってきており、財団の正味財産も2009年度には5億4000万円にまで増加している。

関連会社[編集]

  • 阪和流通センター東京
  • 阪和流通センター大阪
  • 阪和流通センター名古屋
  • 阪和スチールサービス
  • 阪和エコスチール
  • エスケーエンジニアリング
  • ファスリンク
  • ファブコン九州
  • ハローズ (ゲームセンター)|ハローズ
  • 千代田
  • 阪和アルファビジネス

外部リンク[編集]