英雄伝説 閃の軌跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閃の軌跡から転送)
移動: 案内検索
英雄伝説シリーズ > 軌跡シリーズ > 英雄伝説 閃の軌跡
英雄伝説 閃の軌跡
ジャンル ストーリーRPG
対応機種 PlayStation 3
PlayStation Vita
開発元 日本ファルコム
発売元 日本の旗 日本ファルコム
台湾の旗 台灣索尼電腦娛樂(SCET)
韓国の旗 SCEコリア(SCEK)
バージョン 修正パッチVer.1.02
人数 1人
メディア PS3版
BD-ROM、ダウンロード版
PS Vita版
PlayStation Vitaカード、ダウンロード版
発売日 日本の旗 2013年9月26日
台湾の旗香港の旗2014年6月24日
韓国の旗2014年6月24日
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 日本の旗 累計200,336本[1][2]
日本の旗 累計138,467本(PSV版)[3]
日本の旗 累計114,559本(PS3版)[4]
テンプレートを表示
英雄伝説 閃の軌跡II
ジャンル ストーリーRPG
対応機種 PlayStation 3
PlayStation Vita
開発元 日本ファルコム
発売元 日本の旗 日本ファルコム
台湾の旗 台灣索尼電腦娛樂(SCET)
韓国の旗 SCEコリア(SCEK)
人数 1人
メディア PS3版
BD-ROM
PS Vita版
PlayStation Vitaカード
発売日 日本の旗台湾の旗香港の旗韓国の旗 2014年9月25日[5]
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
テンプレートを表示

英雄伝説 閃の軌跡』(えいゆうでんせつ せんのきせき)は、日本ファルコムが制作・発売されたPlayStation 3(PS3)およびPlayStation Vita(PSVita)専用ゲームソフトである。

英雄伝説(英伝)シリーズ》同シリーズ第3期〈軌跡シリーズ〉第3作となる作品で、2014年1月現在、2013年に発売された「英雄伝説 閃の軌跡」と、2014年発売予定と発表された「英雄伝説 閃の軌跡II」の2作が含まれる[5][6]

概要[編集]

軌跡シリーズ」のタイトルであり、ファルコム初のマルチプラットフォーム(PS3・PSVita)での発売タイトル[7]。 2014年7月現在、パーソナルコンピュータ (PC) での発売はアナウンスされていないため、本作はシリーズ初の完全コンシューマ機向けの作品となっている。

「軌跡シリーズ」としては、「閃の軌跡」が第7作目、「閃の軌跡II」が8作目の作品となる。

英雄伝説」としては「空の軌跡SC」以降、ナンバリングの表記がなされていないが、前作「碧の軌跡」が前々作「零の軌跡」と合わせて『英雄伝説VII』の位置づけのため、今作は事実上「英雄伝説VIII」に当たるものとみられる。[要出典]

(それぞれのシリーズ詳細については(英雄伝説シリーズ#シリーズの分類軌跡シリーズ#シリーズ構成を参照。)

今作は、シリーズにおいて長らく敵国側として描写されることの多かった「エレボニア帝国」を舞台としており、時系列としては、前作『英雄伝説VII』(零の軌跡・碧の軌跡)とほぼ同時期の時代を扱った作品である[8]

閃の軌跡[編集]

タイトル1作目。2013年9月26日発売。対応機種は、PlayStation 3およびPlayStation Vita

キャッチコピーは、「零(ゼロ)から閃(セン)へ――」

2013年に日本ゲーム大賞のフューチャー部門[9]PlayStation Awardsのユーザーズチョイス賞[10]をそれぞれ受賞している。また、2014年にはファミ通アワード2013の優秀賞[11]を受賞している。

通常版と限定ドラマCD同梱版の2種が発売されており、限定ドラマCD同梱版の限定特典にはゲーム本編で割愛されたシナリオをドラマCD化した「英雄伝説 閃の軌跡 帰郷〜迷いの果てに〜」が同梱された。初回生産分にお付けする初回特典は登場キャラクターのイラストを収録した豪華仕様の「閃の軌跡 オールカラー ビジュアルブック」。

スーパープライス版(廉価版)が2014年6月26日に発売され、それに伴い、PS3・PSVita版のダウンロード版がそれぞれ4,200円に値引きされた。

2014年6月には、繁体中国語版と韓国語版が発売された。

軌跡シリーズは、前作の「碧の軌跡」までは海外企業へのライセンス提供という形で、中国や北米などでそれぞれシリーズ作品の展開・発売がされていたが、今作は、ファルコムが「初の自社展開でアジアへ」と銘打ち、SCEJAとPlayStationフォーマットをめぐるアジア地域でのパブリッシャー契約を締結、自社での海外展開を行っている。

他会社とのコラボレーションも積極的に行っており、アクワイアの『ロード・トゥ・ドラゴン[12]や『アキバズトリップ2[13]、『ファンタジーアース ゼロ』(ゲームポット[14]、『みんなといっしょ』(ソニー・コンピュータエンタテインメント[15]などが挙げられる。

閃の軌跡II[編集]

「閃の軌跡」の続編に当たる。2014年9月25日発売予定。対応機種は、PlayStation 3およびPlayStation Vita

キャッチコピーは、「その一発の銃声が、帝国の運命を変えた。」

「軌跡シリーズ」10周年記念タイトルという位置づけの作品となっている。

他会社とのコラボレーションとして、2014年7月からは期間限定で、立川駅周辺に取り付けられる街頭フラッグに今作のキャラクターたちが登場するイベントが開催されている。

今作品でプレイヤーが使用できるキャラクターは、『空の軌跡 the 3rd』の人数を上回る、約20人以上である。

発表経緯[編集]

2012年12月14日 - 『英雄伝説 閃の軌跡』を発表。同社初となるPlayStation 3PlayStation Vitaでのマルチプラットフォームタイトルとして2013年度に発売予定[16]

2013年5月16日 - 『英雄伝説 閃の軌跡』の発売日を2013年9月26日と発表[17]

2013年9月26日 - 『英雄伝説 閃の軌跡』発売。

2013年12月19日 - 『英雄伝説 閃の軌跡』の続編を発表。2014年度に発売予定[18]

2014年1月27日 - 続編の正式タイトルが『英雄伝説 閃の軌跡II』に決定[19]。加えて、前作『英雄伝説 閃の軌跡』の繁体中国語版、韓国語版の発売と、『英雄伝説 閃の軌跡II』の日本語版、繁体中国語版、韓国語版の同時発売が発表される[20]

2014年4月10日 - 『英雄伝説 閃の軌跡II』の発売日を2014年9月25日と発表[21]。加えて『英雄伝説 閃の軌跡』の廉価版となる『英雄伝説 閃の軌跡 スーパープライス』を2014年6月26日に発売すると発表[22]

2014年4月15日 - 繁体中国語版『英雄伝説 閃の軌跡』の発売日を2014年6月24日と発表。

2014年4月21日 - 韓国語版『英雄伝説 閃の軌跡』の発売日を2014年6月24日と発表。

2014年6月24日 - 繁体中国語版・韓国語版『英雄伝説 閃の軌跡』発売。

2014年6月26日 - 『英雄伝説 閃の軌跡 スーパープライス』発売。

2014年9月25日 - 『英雄伝説 閃の軌跡II』発売予定。

あらすじ[編集]

ゼムリア大陸エレボニア帝国を舞台として物語が進行する。時代は軌跡シリーズの前作「碧の軌跡」と同時期である七曜暦1204年。

ゼムリア大陸西部において最大規模を誇るエレボニア帝国では、近年、二つの勢力が台頭し、国内における緊張が高まりつつあった。

一つは四大名門と呼ばれる大貴族を中心とし、自分たちの既得権益を守らんとする伝統的な保守勢力「貴族派」。そしてもう一つは平民出身の鉄血宰相ギリアム・オズボーンを中心とし、軍拡を推し進め、大貴族の既得権益を奪わんとする新興勢力「革新派」である。

両者の立場はどこまでも相容れず、その対立は水面下で深刻化し、皇帝の仲裁も空しく、帝国各地で暗闘が繰り広げられるようになっていた。そして、それは主人公リィン・シュバルツァーが入学した「トールズ士官学院」でも同じだった。あらゆる面で優遇され、また実力も兼ね備えた白い制服の貴族生徒たち。優秀ながらも下に見られ、理不尽さを抱き続ける緑の制服の平民生徒たち。制服の色や学生寮が違うことも相まって、両者は事あるごとに反発しあい、学業成績や武術訓練、クラブ活動などでも火花を散らし合うのだった。

物語はトールズ士官学院入学式より始まる。そこでリィンはあることに気づく。自分の着た制服が、貴族生徒や平民生徒の制服の色と違うことを。そして、少数ではあるが、同じ「深紅の制服」を着た生徒たちがいることを。彼らは身分に関係なくある目的で集められた、新発足の「VII組」の生徒として学院生活を送ることとなる。

リィン達は通常とは異なるカリキュラム「特別実習」でさまざまな土地を訪れ、帝国内部に根付く貴族派と革新派の対立を目の当たりにしていく。

ゲームシステム[編集]

グラフィックは、英雄伝説シリーズでは、初めて3Dグラフィックポリゴンでフィールド、戦闘画面等が描かれる。そのため、360度自在のカメラ操作が可能となった。

戦闘システム[編集]

兵器・技術[編集]

カレイジャス
リベール王国が誇る高速巡洋艦《リベールの白き翼》「アルセイユ」の2番艦。エレボニア帝国オリヴァルト皇子主導の元、エプスタイン財団・ラインフォルトグループ・リベールのツァイス中央工房(ZCF)により共同開発され、その他にも帝国のルーレ工科大学など多方面からの技術協力も得て竣工された。開発はオリヴァルトが公務の激務の最中をぬってあちこちに働きかけることで実現し、また開発資金もオリヴァルトがあちこちから融通してもらい、その中には彼の父である帝国皇帝も含まれている。
皇族の船という扱いになっており、貴族派と革新派の対立の泥沼化を回避するための中立的な第三勢力の旗艦としての役割も持っている。艦長はヴィクター・S・アルゼイド子爵。
全長75アージュ。最高時速は3000セルジュ。アルセイユの2倍近いサイズで、ZCF製の高性能エンジンを20基搭載することで高い速度性能を実現した。速度ではアルセイユに劣るものの、エプスタイン財団製の最新情報処理システムを搭載し、さらに高い装甲性能と迎撃性能を誇っている。クルーは、半数は帝国軍第七機甲師団から一時的に出向している者たち、もう半数は身分や国籍も様々な民間出身者で構成されている。
《灰の騎神》ヴァリマール
トールズ士官学院の旧校舎最下層に眠っていた人型機動兵器。いつ製造されたものか不明だが、鉱物と陶器の中間のような材質で造られている。パイロット席に《起動者(ライザー)》と呼ばれる人物が搭乗することにより起動する。機体は人間と同じように稼働し、《起動者》の戦闘技術をそのままトレースする。さらに飛行機能も有している。
《起動者》は旧校舎に仕掛けられていた全7階層にわたる候補者への試練をクリアした者が選ばれ、『閃I』の終盤にリィン・シュバルツァーがその資格を得た。同作最終盤に起動し、リィンの戦闘技術と機体性能が合わさってトリスタの街に攻めてきた隊長用の機甲兵を圧倒した。
《蒼の騎神》オルディーネ
「帝国解放戦線」のリーダー《C》が駆る人型機動兵器。ヴァリマールと同タイプの兵器で3年以上前に《C》を《起動者》として起動した。武装は《C》の得物と同じ「双刃剣(ダブルセイバー)」。
「奥の手」として性能が格段に上がる機構を持っており、その時は全身の装甲の一部が展開して発光する。『閃I』の最終盤に、起動して間も無いヴァリマールと初激突し、一時はリィンの限界を引き上げた実力もあって膝をつかされるものの、最後に「奥の手」の力を使って一撃で吹き飛ばして戦闘不能に追いやる。

その他[編集]

ダウンロードコンテンツ[編集]

『閃の軌跡』の発売後に、ファルコム初のダウンロードコンテンツとして、今作に登場するプレイヤーキャラクターの私服姿といったアイテムが購入可能。

クロスセーブ[編集]

PS3とPS Vitaのセーブデータを共有可能。

登場人物[編集]

登場人物が多いため、「キャラクターボイス」が付いている人物のみ簡潔に羅列。

  • オーブメントは左から「各キャラクターの属性固定スロット数/オーブメントのライン数」となる。

特科クラスVII組メインメンバー[編集]

『閃I』で、最後まで戦闘に参加するキャラクターを指す。

リィン・シュバルツァー
- 内山昂輝
武器:太刀  オーブメント:時2火1/5-2-1 アタックランク:斬S
本作の主人公。「シュバルツァー男爵家」の養子。17歳。幼少に習っていた「八葉一刀流」を操る。
貴族ながら人当たりが良く、老若男女や身分を問わず平等に接する青年。
学院では生徒会の手伝いをすることとなる。
アリサ・ラインフォルト
声 - 堀江由衣
武器:導力弓  オーブメント:火2空1/6-1-1 アタックランク:射S
大陸有数の企業、ラインフォルト社の令嬢。17歳。実家に反発してトールズ士官学院に入学する。
ツンツンした言動をとることが多いが、根はお人好しで真面目な性格。学院ではラクロス部に所属。
エリオット・クレイグ
声 - 白石涼子
武器:魔導杖  オーブメント:空2水1/7-1 アタックランク:斬D突D射C剛C
16歳。帝都に実家があり、父と姉の3人で暮らしていた。元々は帝都の音楽学校に通いたかったが、父の反対に押し切られる形でトールズ士官学院に入学する。学院では吹奏楽部に所属。
ラウラ・S・アルゼイド
声 - 伊瀬茉莉也
武器:両手剣  オーブメント:水2火1/4-2-2 アタックランク:斬A剛A
武の名門「アルゼイド子爵家」の一人娘。17歳。新入生ではトップレベルの実力を持つが、リィンと同じく、身分に関係なく他人と接することができる。
古風な喋り方をし、武術や鍛錬に余念がない。反面、世俗に若干疎い。リィンには同じ剣士として興味を示す。学院では水泳部に所属。
マキアス・レーグニッツ
声 - 佐藤拓也
武器:ショットガン  オーブメント:地2幻1/4-3-1 アタックランク:射A剛B
帝都知事の一人息子。17歳。貴族に大きな嫌悪感を抱いており、ユーシスとはことあるごとに対立する。
VII組では副委員長を務める。学院ではチェス部に所属。
ユーシス・アルバレア
声 - 立花慎之介
武器:騎士剣  オーブメント:空2風1/6-2 アタックランク:斬A突B
四大名門「アルバレア公爵家」の次男。17歳。兄ルーファスより宮廷剣術を教わっており、腕は中々のもの。
貴族らしい傲岸不遜な態度を取ることが多いが、見下しているのではなく元の性格から来るものである。
学院では馬術部に所属。
エマ・ミルスティン
声 - 早見沙織
武器:魔導杖  オーブメント:幻2火1/8 アタックランク:斬D突C射C剛D
帝国辺境出身の奨学生。17歳。士官学院には主席で入学した才女であり、委員長を務める。放課後にはフィーに勉強を教えていることも多い。
学院では文芸部に所属する。
フィー・クラウゼル
声 - 金元寿子
武器:双銃剣  オーブメント:風2時1/4-2-1-1 アタックランク:斬B突B射B
いつも眠そうにしている銀髪の少女。15歳。「双銃剣」という特殊な武器を操る。
勉強が苦手でエマなどのVII組のメンバーに教えてもらうことが多い。
学院では園芸部に所属。
ガイウス・ウォーゼル
声 - 細谷佳正
武器:十字槍  オーブメント:風2地1/3-3-1-1 アタックランク:突S
帝国北東のノルド高原からやってきた留学生。17歳。褐色の肌に長身と目立つ容姿をしている。
非常に落ち着いた冷静な性格をしており、領土問題の渦中にある故郷を、外から見定めるために士官学院にやってきた。
学院では美術部に所属。
ミリアム・オライオン
声 - 小岩井ことり
武器:アガートラム  オーブメント:幻2地1/5-1-1-1 アタックランク:剛S
《アガートラム》と呼ばれる白い傀儡を操る少女。13歳。『閃I』の途中でVII組に編入する。
年相応の天真爛漫な性格をしており、あまり物事にこだわらない模様。学院では調理部に所属。

パーティキャラクター[編集]

『閃I』でのスポット参入のキャラクターを指す。

サラ・バレスタイン
声 - 豊口めぐみ
武器:導力銃&ブレード  オーブメント:風2火1/5-3 アタックランク:斬A突A射A
特科クラスVII組の担任。25歳。年上好きで大酒喰らいである。
《紫電》と呼ばれる元A級の遊撃士であったが、とある事情で遊撃士として活動できなくなり学院に引き抜かれた経歴がある。
クロウ・アームブラスト
声 - 櫻井孝宏
武器:二丁拳銃(閃I)→ダブルセイバー(閃II)  オーブメント:時2水1/5-3 アタックランク:突A射A
士官学院2年生でリィン達の先輩。19歳。トワ、アンゼリカ、ジョルジュの3人とは1年次からの腐れ縁。ギャンブル好き。
「ブレード」と呼ばれるカードゲームを流行らせた張本人。学業はあまりよろしくないようで、教官に泣きつく面も。
アンゼリカ・ログナー
声 - 進藤尚美
武器:手甲  オーブメント:空2時1/5-2-1 アタックランク:突A剛A
四大名門「ログナー侯爵家」の息女。大貴族らしからぬ容姿や言動から、実家からは勘当に近い扱いを受けているが本人はあまり気にしていない模様。
トワからは「アンちゃん」と呼ばれ親しくしている。

トールズ士官学院[編集]

トワ・ハーシェル
声 - 野中藍
武器:小型拳銃(閃I)→魔導銃(閃II)
士官学院2年生。18歳。貴族平民両生徒から信頼が厚く、生徒会長を務める。
小柄ながら非常に優秀な生徒で、国内外から卒業後の進路の誘いがある。
『閃II』ではプレイヤーキャラクターとなる。
ジョルジュ・ノーム
声 - 森岳志
士官学院2年生。将来有望な技術者であり、学院の技術棟を管理している。
技術棟を使って、導力機器の修理や導力バイクの開発、アークスの改造など幅広く請け負っている。
パトリック・T・ハイアームズ
声 - 三宅淳一
四大名門「ハイアームズ家」の三男。典型的な傲岸不遜な貴族の振る舞いをみせ、リィンたちともことあるごとに対立する。
ヴァンダイク学院長
声 - 堀井真吾 武器:斬馬刀
帝国正規軍の名誉元帥。がっしりした長身をしており、老いて現役を退いた今もなお威厳を放つ。オズボーンの元上司でもある。
ナイトハルト少佐
声 - 松原大典
帝国軍第四師団の若きエース。士官学院には出向という形で軍事学を教えている。
武骨で曲がったことが嫌いな帝国武人らしい性格。
トマス・ライサンダー教官
声 - 松本考平
士官学院で歴史を担当する教師。重度の歴史オタクであり、話し出すと長い。
ものすごい酒豪であり、仕事終わりに他の教官を飲みに誘うことも多い。

トリスタ[編集]

シャロン・クルーガー
声 - ゆかな
武器:鋼糸&ダガー
ラインフォルト家の専属メイドで、アリサのお姉さん的な存在。
神出鬼没で手際が非常によく、周囲を驚かせることも多い。第三学生寮の管理人も務める。
『閃II』ではプレイヤーキャラクターとなる。
ミスティ
声 - 田村ゆかり
トリスタ放送の夜のラジオ番組「アーベントタイム」でパーソナリティを務める女性。
セリーヌ
声 - 相沢舞
リィン達の周りに現れる、不思議な黒猫。尻尾に青いリボンを付けている。

エレボニア皇族[編集]

オリヴァルト・ライゼ・アルノール
声 - 子安武人
エレボニア帝国の皇子だが、出自が庶子の出であるため皇位継承権はない。放蕩時代の経験を糧にセドリックらを支え、貴族派や革新派とは違う第三の道を模索する。
セドリック・ライゼ・アルノール(セドリック皇太子)
声 - 相沢舞
エレボニア帝国の第一皇位継承権を持つ皇子。アルフィンの双子の弟。積極的な政策を推し進めるオズボーン宰相に憧れを持つ。
中性的な容姿から社交界でも人気が高いが、本人は複雑な感情を持っている。
アルフィン・ライゼ・アルノール(アルフィン皇女)
声 - 佐藤聡美
皇位継承権第二位のセドリックの双子の姉。15歳。「天使のような可憐さ」で帝国では絶大な人気を誇る。
聖アストライア女学院に通っており、エリゼの親友。

帝国政府[編集]

ギリアス・オズボーン
声 - 中田譲治
鉄血宰相」と呼ばれる帝国政府代表。軍部出身の人間であり、帝国正規軍の大部分を掌握している。多くの国家改革を行ったことで、皇帝や国民から絶大な信頼を受けている。
一方で、積極的な侵略行為も行っており、多くの近隣諸国を屈服併合。併合国の国民や残党、一部帝国貴族からは憎悪の目も向けられている。
クレア憲兵大尉
声 - 松来未祐
武器:導力銃(閃I)→軍用拳銃(閃II)
鉄道憲兵隊所属、帝国軍情報局の大尉。24歳。
「 鉄血の子供達 ( アイアンブリード ) 」の1人であり、一部からは《氷の乙女(アイスメイデン)》と呼ばれる。
『閃II』ではプレイヤーキャラクターとなる。
カール・レーグニッツ
声 - 馬場圭介
エレボニア帝国首都「ヘイムダル」の知事。マキアスの父親。オズボーンの盟友であり、革新派の最重要人物の1人。

貴族[編集]

ルーファス・アルバレア
声 - 平川大輔
武器:騎士剣
四大名門「アルバレア公爵家」の長子であり、ユーシスの腹違いの兄。
平民にも分け隔てない人格者であるが、本人は貴族制度は必要なものだと考えており、貴族派の重鎮として活動する。
ヴィクター・S・アルゼイド子爵
声 - 安元洋貴
武器:両手剣
帝国南東の「レグラム」を治める地方貴族。
ラウラの父親であり、《光の剣匠》と呼ばれる帝国最高の剣士の1人。
エリゼ・シュバルツァー
声 - 後藤沙緒里
武器:レイピア
帝国北東の「ユミル」を治めるシュバルツァー家の実子。リィンの義妹。
リィンとは仲睦まじい兄妹であったが、血がつながっていないことを知ってから若干よそよそしい態度を取るようになる。
『閃II』ではプレイヤーキャラクターとなる。

帝国解放戦線[編集]

《C》
声 - ???
帝国解放戦線のリーダー。黒い甲冑に面を被っており、謎の多い人物。
ギデオン
声 - 松本考平
帝国解放戦線の参謀的存在。オズボーン宰相を酷く憎んでおり、目的のためなら犠牲を厭わない。
ヴァルカン
声 - 藤本たかひろ
顔に大きな傷跡の残る筋骨隆々の大柄の男。巨大な銃火器を操る。
スカーレット
声 - 西川宏美
法剣《テンプルソード》を操る片目に眼帯を付けた若き女性。

結社《身喰らう蛇》[編集]

《蒼の深淵》ヴィータ・クロチルダ
声 - 田村ゆかり
《蒼の深淵》の異名を持つ使徒・第二柱の女性。24歳。
「グリアノス」と呼ぶ青い鳥を使役している。帝国では「幻焔計画」遂行のために行動する。
《劫炎》のマクバーン[23]
声 - 諏訪部順一
武器:焔
『閃II』で初登場。結社の執行者No.I。
青色長髪で眼鏡をかけた長身の男であり、一見派手な見た目をしているが、No.Iにふさわしい実力を兼ねそなえているようで、アリアンロードに匹敵するともいう。
《怪盗紳士》ブルブラン
声 - 三浦祥朗
結社の執行者No.X。エレボニア帝国を拠点にゼムリア大陸を翔る大怪盗であり、「怪盗B」の異名を取る。
百面相の変装技術と独自の美学を持っており、底の見えない性格をしている。
《神速》のデュバリィ[23]
声 - 大空直美
武器:剣&盾
結社の第七注《鋼の聖女》アリアンロード直属の戦闘部隊、《鉄機隊》の筆頭女性隊士。幼い見た目とは裏腹に、剣士としては相当な実力を持つ。
前作の『碧の軌跡』にも登場している。

その他[編集]

イリーナ・ラインフォルト
声 - 住友優子
ゼムリア大陸でも最大規模を誇る重工業メーカー「ラインフォルト社」をまとめる女性会長。アリサの母親。
前会長だった実父を蹴落として会長に就任し、家族を顧みないほど仕事に没頭したためアリサには相当な反感を買われている。
トヴァル・ランドナー
声 - 杉田智和
武器:改造導力器&スタンロッド
遊撃士協会レグラム支部に所属する、正遊撃士。27歳。
遊撃士の活動が大幅に制限されてしまった帝国で、遊撃士協会再興のために地道に活動を続けている。アーツを主体とした戦闘が得意である。
漫画版「英雄伝説 零の軌跡 プレストーリー -審判の指環-」に先行登場している。
『閃II』ではプレイヤーキャラクターとなる。
アルティナ・オライオン
声 - 種田梨沙
武器:クラウ=ソラス
『閃II』で初登場。ミリアムと同じ苗字と、《黒兎》のコードネームを持つ少女。
《クラウ=ソラス》と呼ばれる傀儡を操る。
ロイド・バニングス
声 - 柿原徹也
武器:警棒型トンファー
『閃II』で登場。19歳。クロスベル警察特務支援課に所属する若き捜査官。
前々作と前作、『零の軌跡』と『碧の軌跡』の主人公。
リーシャ・マオ
声 - 佐藤利奈
武器:斬魔刀
『閃II』で登場。18歳。クロスベル市の劇団「アルカンシェル」で活躍するアーティストだが、伝説の凶手《銀(イン)》としての裏の顔も持つ。

海外版[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「明日への鼓動」
歌:小寺可南子、演奏:Falcom jdk BAND
エンディングテーマ「I miss you」
歌:小寺可南子、演奏:Falcom jdk BAND

関連商品[編集]

書籍・攻略本
  • 日本ファルコム公式『英雄伝説 閃の軌跡』ザ・コンプリートガイド(KADOKAWA、2013年11月8日発売) ISBN 978-4-04-866047-1
  • 『英雄伝説 閃の軌跡』公式パーフェクトガイド(KADOKAWA、2013年11月8日発売) ISBN 978-4-04-729310-6
  • 英雄伝説 閃の軌跡 プレイヤーズナビゲーター(アスキー・メディアワークス、2013年9月21日発売)
  • 英雄伝説 閃の軌跡 公式ビジュアルコレクション(KADOKAWA、2014年3月27日発売)
音楽CD
  • 英雄伝説 閃の軌跡 オリジナルサウンドトラック(全87曲・4枚組、2013年12月13日発売) M078
  • 英雄伝説 閃の軌跡 スーパーアレンジバージョン(全10曲、2014年4月11日発売) M079
  • オープニング主題歌「明日への鼓動」(2013年8月21日発売)
  • エンディング主題歌「I miss you」(2013年11月8日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【週間ソフト販売ランキング TOP50】先週に続いて3DS『ポケットモンスター X』が1位! 3DS『戦闘中』は5位に登場(10月14日~20日)”. 電撃オンライン (2013年10月24日). 2013年11月15日閲覧。
  2. ^ 【週間ソフト販売ランキング TOP50】1位は3DS『ポケットモンスター X』。2位にはWii U『Wii Party U』がランクイン(10月28日~11月3日)”. 電撃オンライン (2013年11月7日). 2013年11月15日閲覧。
  3. ^ The Legend of Heroes: Sen no Kiseki
  4. ^ The Legend of Heroes: Sen no Kiseki
  5. ^ a b 【台北電玩展 2014】《 閃之軌跡》繁中版夏季登場 續作 《閃之軌跡Ⅱ》中日文版同步發售”. 2014年1月27日閲覧。
  6. ^ 近藤季洋『台北電玩展 2014』Q&A
  7. ^ a b シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡」,PS3 / PS Vitaで2013年内発売。舞台は「空の軌跡」と同時代の“帝国”に”. 4Gamer.net (2012年12月14日). 2013年1月14日閲覧。
  8. ^ 発表当初は「『空の軌跡』と同時代」と紹介されていた[7]
  9. ^ フューチャー部門|受賞作品|日本ゲーム大賞2013”. 2013年11月14日閲覧。
  10. ^ 「PlayStation® Awards 2013」受賞タイトルのご案内”. 2014年1月11日閲覧。
  11. ^ ファミ通アワード2013授賞式が開催”. 2014年4月23日閲覧。
  12. ^ 『英雄伝説 閃の軌跡』×『ロードラ』コラボ特設ページ”. 2014年7月10日閲覧。
  13. ^ 『AKIBA’S TRIP2(アキバズトリップ2)』 ゲーム内の秋葉原にあふれる“実在”コラボコンテンツ キミは全部知っているか!?”. 2014年7月10日閲覧。
  14. ^ 英雄伝説 閃の軌跡×ファンタジーアース ゼロ”. 2014年7月10日閲覧。
  15. ^ 『英雄伝説 閃の軌跡』コラボ企画!”. 2014年7月10日閲覧。
  16. ^ 劇的進化!ストーリーRPGの新たなスタンダード!『英雄伝説 閃の軌跡(センノキセキ)』2013年度発売決定!劇的進化!ストーリーRPGの新たなスタンダード!『英雄伝説 閃の軌跡(センノキセキ)』2013年度発売決定! (pdf)”. 2012年12月14日閲覧。
  17. ^ PS3/PS Vita軌跡シリーズ最新作『英雄伝説 閃の軌跡(センノキセキ)』2013年9月26日(木)発売! (pdf)”. 2013年5月16日閲覧。
  18. ^ 2014年は「軌跡シリーズ」10周年!『英雄伝説 閃の軌跡(センノキセキ)』続編、PS3/PS Vitaで発売決定!~謎の大型タイトル、新作ソーシャルゲームも初公開!~ (pdf)”. 2013年12月19日閲覧。
  19. ^ 「軌跡シリーズ」10周年記念タイトル大決定!『英雄伝説 閃の軌跡II』PS3/PS Vitaで2014年発売! (pdf)”. 2014年1月27日閲覧。
  20. ^ 初の自社展開でアジアへ!『英雄伝説 閃の軌跡』中国語版&韓国語版、2014年夏発売!~続編も日本語版と同時期発売予定~ (pdf)”. 2014年1月27日閲覧。
  21. ^ PS3/PS Vita軌跡シリーズ最新作『英雄伝説 閃の軌跡II』2014年9月25日(木)発売決定! (pdf)”. 2014年4月10日閲覧。
  22. ^ 「閃の軌跡II」発売記念でお買い得価格に!『英雄伝説 閃の軌跡 スーパープライス』2014年6月26日(木)発売! (pdf)”. 2014年4月10日閲覧。
  23. ^ a b 電撃PlayStation』Vol.570、アスキー・メディアワークス2014年7月10日

外部リンク[編集]