英雄伝説 閃の軌跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閃の軌跡から転送)
移動: 案内検索
英雄伝説シリーズ > 軌跡シリーズ > 英雄伝説 閃の軌跡
英雄伝説 閃の軌跡
ジャンル ストーリーRPG
対応機種 PlayStation 3
PlayStation Vita
開発元 日本ファルコム
発売元 日本の旗 日本ファルコム
台湾の旗 台灣索尼電腦娛樂(SCET)
バージョン 修正パッチVer.1.02
人数 1人
メディア PS3版
BD-ROM
PS Vita版
PlayStation Vitaカード
発売日 日本の旗 2013年9月26日
台湾の旗 2014年夏
対象年齢 CEROB(12才以上対象)
売上本数 日本の旗 累計200,336本[1][2]
テンプレートを表示
英雄伝説 閃の軌跡II
ジャンル ストーリーRPG
対応機種 PlayStation 3
PlayStation Vita
開発元 日本ファルコム
発売元 日本の旗 日本ファルコム
台湾の旗 台灣索尼電腦娛樂(SCET)
人数 1人
メディア PS3版
BD-ROM
PS Vita版
PlayStation Vitaカード
発売日 日本の旗台湾の旗 2014年[3]
テンプレートを表示

英雄伝説 閃の軌跡』(えいゆうでんせつ せんのきせき)は、日本ファルコムが制作・発売されたPlayStation 3(PS3)およびPlayStation Vita(PSVita)専用ゲームソフトである。

英雄伝説(英伝)シリーズ》同シリーズ第3期〈軌跡シリーズ〉第3作となる作品で、2014年1月現在、2013年に発売された「英雄伝説 閃の軌跡」と、2014年発売予定と発表された「英雄伝説 閃の軌跡II」の2作が含まれる[3][4]

概要[編集]

軌跡シリーズ」の1つであり、シリーズ初のPS3・PSVita用タイトル[5]。同シリーズの『英雄伝説 碧の軌跡』と同時代を舞台とする[6]

2013年に日本ゲーム大賞のフューチャー部門[7]PlayStation Awardsのユーザーズチョイス賞[8]をそれぞれ受賞している。

通常版と限定ドラマCD同梱版の2種が発売されており、限定ドラマCD同梱版の限定特典にはゲーム本編で割愛されたシナリオをドラマCD化した「英雄伝説 閃の軌跡 帰郷〜迷いの果てに〜」が同梱された。初回生産分にお付けする初回特典は登場キャラクターのイラストを収録した豪華仕様の「閃の軌跡 オールカラー ビジュアルブック」。

続編「英雄伝説 閃の軌跡II」は2014年発売予定と発表された[9]

あらすじ[編集]

ゼムリア大陸エレボニア帝国を舞台として物語が進行する。時代は軌跡シリーズの前作「碧の軌跡」と同時期である七曜暦1204年。

ゼムリア大陸西部において最大規模を誇るエレボニア帝国では、近年、二つの勢力が台頭し、国内における緊張が高まりつつあった。

一つは四大名門と呼ばれる大貴族を中心とし、自分たちの既得権益を守らんとする伝統的な保守勢力「貴族派」。そしてもう一つは平民出身の鉄血宰相ギリアム・オズボーンを中心とし、軍拡を推し進め、大貴族の既得権益を奪わんとする新興勢力「革新派」である。

両者の立場はどこまでも相容れず、その対立は水面下で深刻化し、皇帝の仲裁も空しく、帝国各地で暗闘が繰り広げられるようになっていた。そして、それは主人公リィン・シュバルツァーが入学した「トールズ士官学院」でも同じだった。あらゆる面で優遇され、また実力も兼ね備えた白い制服の貴族生徒たち。優秀ながらも下に見られ、理不尽さを抱き続ける緑の制服の平民生徒たち。制服の色や学生寮が違うことも相まって、両者は事あるごとに反発しあい、学業成績や武術訓練、クラブ活動などでも火花を散らし合うのだった。

物語はトールズ士官学院入学式より始まる。そこでリィンはあることに気づく。自分の着た制服が、貴族生徒や平民生徒の制服の色と違うことを。そして、少数ではあるが、同じ「深紅の制服」を着た生徒たちがいることを。彼らは身分に関係なくある目的で集められた、新発足の「VII組」の生徒として学院生活を送ることとなる。

リィン達は通常とは異なるカリキュラム「特別実習」でさまざまな土地を訪れ、帝国内部に根付く貴族派と革新派の対立を目の当たりにしていく。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

リィン・シュバルツァー
- 内山昂輝
アリサ・ラインフォルト
声 - 堀江由衣
エリオット・クレイグ
声 - 白石涼子
ラウラ・S・アルゼイド
声 - 伊瀬茉莉也
マキアス・レーグニッツ
声 - 佐藤拓也
ユーシス・アルバレア
声 - 立花慎之介
エマ・ミルスティン
声 - 早見沙織
フィー・クラウゼル
声 - 金元寿子
ガイウス・ウォーゼル
声 - 細谷佳正

サブキャラクター[編集]

アンゼリカ・ログナー
声 - 進藤尚美[10]
トワ・ハーシェル
声 - 野中藍[10]
サラ・バレスタイン
声 - 豊口めぐみ[10]
ヴァンダイク学院長
声 - 堀井真吾[10]
エリゼ・シュバルツァー
声 - 後藤沙緒里[11]
ナイトハルト少佐
声 - 松原大典[10]
クロウ・アームブラスト
声 - 櫻井孝宏[10]
クレア憲兵大尉
声 - 松来未祐[10]
ルーファス・アルバレア
声 - 平川大輔[10]
アルフィン皇女
声 - 佐藤聡美[11]
ヴィクター・S・アルゼイド子爵
声 - 安元洋貴[11]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「明日への鼓動」
歌:小寺可南子、演奏:Falcom jdk BAND
エンディングテーマ「I miss you」
歌:小寺可南子、演奏:Falcom jdk BAND

関連商品[編集]

書籍・攻略本
  • 日本ファルコム公式『英雄伝説 閃の軌跡』ザ・コンプリートガイド(KADOKAWA、2013年11月8日発売) ISBN 978-4-04-866047-1
  • 『英雄伝説 閃の軌跡』公式パーフェクトガイド(KADOKAWA、2013年11月8日発売) ISBN 978-4-04-729310-6
  • 英雄伝説 閃の軌跡 プレイヤーズナビゲーター(アスキー・メディアワークス、2013年9月21日発売)
音楽CD
  • 英雄伝説 閃の軌跡 オリジナルサウンドトラック(全87曲・4枚組、2013年12月13日発売) M078
  • オープニング主題歌「明日への鼓動」(2013年8月21日発売)
  • エンディング主題歌「I miss you」(2013年11月8日発売)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【週間ソフト販売ランキング TOP50】先週に続いて3DS『ポケットモンスター X』が1位! 3DS『戦闘中』は5位に登場(10月14日~20日)”. 電撃オンライン (2013年10月24日). 2013年11月15日閲覧。
  2. ^ 【週間ソフト販売ランキング TOP50】1位は3DS『ポケットモンスター X』。2位にはWii U『Wii Party U』がランクイン(10月28日~11月3日)”. 電撃オンライン (2013年11月7日). 2013年11月15日閲覧。
  3. ^ a b 【台北電玩展 2014】《 閃之軌跡》繁中版夏季登場 續作 《閃之軌跡Ⅱ》中日文版同步發售”. 2014年1月27日閲覧。
  4. ^ 近藤季洋『台北電玩展 2014』Q&A
  5. ^ a b シリーズ最新作「英雄伝説 閃の軌跡」,PS3 / PS Vitaで2013年内発売。舞台は「空の軌跡」と同時代の“帝国”に”. 4Gamer.net (2012年12月14日). 2013年1月14日閲覧。
  6. ^ 発表当初は「『空の軌跡』と同時代」と紹介されていた[5]
  7. ^ フューチャー部門|受賞作品|日本ゲーム大賞2013”. 2013年11月14日閲覧。
  8. ^ 「PlayStation® Awards 2013」受賞タイトルのご案内”. 2014年1月11日閲覧。
  9. ^ FALCOM NEWS RELEASE (PDF)”. 日本ファルコム. 2014年1月27日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 電撃PlayStation』Vol.543、アスキー・メディアワークス2013年5月30日
  11. ^ a b c 『電撃PlayStation』Vol.544、アスキー・メディアワークス、2013年6月13日

外部リンク[編集]