ヒットメーカー 阿久悠物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒットメーカー 阿久悠物語
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 23:24(144分)
放送期間 2008年8月1日金曜日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ放送網
企画 岩間玄
監督 金子修介
脚本 野尻靖之、金子修介
プロデューサー 岩間玄、田之頭洋一
出演者 田辺誠一
及川光博
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク ヒットメーカー 阿久悠物語
テンプレートを表示

日本テレビ開局55周年記念番組・ヒットメーカー 阿久悠物語』(にほんテレビかいきょくごじゅうごしゅうねんきねんばんぐみ ヒットメーカー あくゆうものがたり)は、2008年8月1日の21:00~23:24に日本テレビ系列にて放映された、単発スペシャルのテレビドラマである。視聴率15.9%。

概要[編集]

作詞家阿久悠一周忌に、阿久が企画した人気オーディション番組『スター誕生!』を中心に、阿久の人生を振り返ったテレビドラマである。少年時代、サラリーマン時代、「作詞家・阿久悠」の誕生、「スター誕生!」の誕生から1978年の第20回日本レコード大賞受賞までのエピソードで構成された。阿久悠の著作をベースに作られてはいるが、『スター誕生!』が始まって以降の話はかなり脚色されており、事実とは違う部分も数多くあるため、エンディングロールの後に「一部フィクション」と断ったクレジットが流されている。なお、この当時の「スタ誕」のセットが再現されているが、当時の番組を協賛していた提供スポンサーは実在企業をもじった架空のものだった。

監督を担当したのは、『失われた歌謡曲』という著作を持ち歌謡曲マニアを自称する映画監督の金子修介。当時のヒット曲や秘蔵映像も交え、当時の雰囲気を再現しており、歌のシーンなどは桜田淳子役の鈴木愛理など一部を除き当時の音源を使って出演者が口パクで演じている。この他にも司会の萩本欽一役の五辻真吾が萩本自身の声を使って口パクで演じている(一部は五辻自身の声で演じている場面もある)。

放送前から、使用している映像の権利問題で、再放送DVDなどのビデオグラム化は困難であると説明されている[1]

キャスト[編集]

スタッフチーム[編集]

スターたち[編集]

スタ誕挑戦者[編集]

その他の配役[編集]

ほか

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

  • 竹山隆範 ― 自身のラジオ番組にて阿久悠役の第一候補としてオファーがあったとコメントしている。

出典[編集]

  1. ^ 『ヒットメーカー阿久悠物語』直前ブログ 金子修介の雑記 2008年8月1日