石田ゆり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石田 ゆり(いしだ ゆり、本名:中西由利子1951年11月23日 - )は、1970年代に活躍した元歌手いしだあゆみの実妹。2003年のNHK朝ドラマ『てるてる家族』(原作なかにし礼)の主人公冬子は、彼女がモデルである。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

大阪府池田市生まれ。四人姉妹の末っ子で長姉は石田治子、次姉はいしだあゆみ。夫は作家・作詞家のなかにし礼

芸能生活[編集]

1968年、梅花高校1年修了で宝塚音楽学校に入学。1970年、同校を卒業。同期には小柳ルミ子麻実れい等がいた。「名月ゆり」の芸名も決まっていたが、宝塚歌劇団への入団辞退をし、上京し。芸映に所属。同年9月、なかにし礼作詞・筒美京平作曲の「悲しみのアリア」で東芝レコードから歌手デビュー。

シングル4枚、アルバム2枚を発表後、全シングルの作詞を手がけたなかにし礼と1971年10月16日に結婚し、芸能界を引退した。引退後は1978年のテレビドラマムー一族などに出演した。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 悲しみのアリア/愛は嘘をつけない(1970年9月25日オリコン27位
  2. 愛ある限り/いつか来る朝(1971年1月10日)オリコン53位
  3. 愛を知ったから/叱らないで(1971年5月5日
  4. いつも二人/嫁ぐ朝(1971年8月8日

アルバム[編集]

  1. 悲しみのアリア(1971年1月25日) - ベッツィ&クリスメリー・ホプキンの日本語カバーなどを含む全12曲。2005年にヴィヴィド・サウンド・コーポレーションから紙ジャケットでCD化。
  2. 愛の詩集 石田ゆり ラヴ・アルバム (1971年7月5日) - 筒美京平作曲の6曲を含む全12曲。

主な出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]