石田治子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石田 治子(いしだ はるこ、本名:岡本 治子、1945年11月16日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手並びに指導者。

経歴・人物[編集]

大阪府池田市出身[1]大阪教育大学附属池田小学校相愛中学校・高等学校同志社大学卒。

母が梅田スケートリンク内で喫茶店を経営していたのをきっかけに小学3年生からスケートを始め、田中鉄太郎[2]稲田悦子に指導を受けた[3]。 1968年グルノーブルオリンピック女子シングル日本代表として出場した。1968年に引退し、指導者としては、小林れい子青谷いずみ柏原由起子等を育てた。

いしだあゆみ石田ゆりなかにし礼夫人)はともに治子の実妹でフィギュアスケートを習っていた[4]。また治子の実子は松雪可奈子(まつゆき かなこ)の芸名で宝塚歌劇団に在籍していた(1995年入団・1999年退団、雪組娘役)ことも知られる。

妹婿であるなかにし礼の小説『てるてる坊主の照子さん』には春子として登場。2002年の舞台化では宮崎優子が、2003年のテレビドラマ化『てるてる家族』では紺野まひるが演じている。また、同番組では紺野のスケート指導も担当した。

尚、紺野と松雪とは歌劇団・雪組の1期違い(松雪が先輩)にあたる。

主な戦績[編集]

大会/年 1964-65 1965-66 1966-67 1967-68
オリンピック 26
世界選手権 19
全日本選手権 4 3 4 3

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ SportsReference
  2. ^ 『日本経済新聞』2010年5月26日(13)
  3. ^ 岡本治子コーチインタビュー
  4. ^ 日本のメダリストのコーチたち~長光歌子編(1)

外部リンク[編集]