神の左手悪魔の右手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

神の左手悪魔の右手』(かみのひだりてあくまのみぎて)は、楳図かずおの恐怖漫画。「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)に1986年から1989年に連載されたほか、特別短編「おふだ」がある。

2006年に実写映画化された。

概要[編集]

恐怖漫画の第一人者が描く、純粋ホラー・エンターテインメント。絵そのものは緻密で美しいが、残酷なシーンが多い。

登場人物[編集]

山の辺想(やまのべ そう)
主人公。いつも悪夢ばかり見て、周囲から弱虫と思われている。夢の中で恐ろしい出来事を解決するのだが、誰にも信じてもらえない。
ぬーめらうーめら
想が消しゴムに鉛筆で穴を空けて作った守護霊
どんどろ でんでろ、がんがろ べんべろ
それぞれ、想が消しゴムに鉛筆で穴を空けて作った4体の悪魔。想に代わって悪霊と戦う。
ヌーメラウーメラ
想が夢のなかで変身したもの。傷を癒す神の左手と、敵を倒す悪魔の右手を持っている。

エピソード[編集]

HORROR/1『錆びたハサミ』(原作の錆の字は、金へんに靑)
呪いの錆びたハサミを拾ったことから始まる、想の姉を襲うスプラッター恐怖劇場。病院や周辺地域を舞台とする都市伝説的なストーリー。
HORROR/2『消えた消しゴム』
殺してしまったはずのみどり先生が、次の日、平然と学校に出てくる。しかし、殺害に加担した生徒は、ひとり、ひとり消されていき、最後に想が残ることに。
HORROR/3『女王蜘蛛の舌』
避暑地の蜘蛛女が、医師である高品を夫にしようと追い回す。楳図が大嫌いという蜘蛛だが、車にひかれたり鳥についばまれたりと、痛ましいシーンも。
HORROR/4『黒い絵本』
病身の少女を育てるやさしい父親は、実は殺人鬼だった。それも、少女向けに殺人絵本を書いては、そのストーリーを忠実に実践していたのだ!
HORROR/5『影亡者』
恐怖の背後霊『影亡者』が、他人の守護霊を食い尽くす。影亡者に守られた者は怖ろしい強運をつかむが、守護霊が食われてしまうと、守る者を失った人間には…。
『おふだ』
想は出てこない。4ページのスプラッター物。

評価[編集]

荒木飛呂彦は、かつて注目する作品として本作品を挙げた。

映画[編集]

2006年7月22日公開。元は那須博之が監督を担当したが、監督の急死により金子修介に引き継がれた。『黒い絵本』をベースに書かれた物語だが、主人公はソウ(小林翼)ではなく、姉のイズミ(渋谷飛鳥)。楳図かずお本人も1シーンで出演している。R15+に指定されている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

  • 『単行本未収録作品集・妄想の花園 ホラーの花園』(楳図かずお、小学館
  • 『恐怖への招待』(楳図かずお、河出書房新社
  • 『ウメカニズム 楳図かずお大解剖』(小学館)
  • 雑誌『ユリイカ 詩と批評』2004年7月号