白折

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白折(しらおれ)は、日本茶の一種で玉露煎茶の製造過程で取り除かれた茎の部分を集めたもので、茎独特の味がある。茎茶の一種。

京都関西)では、玉露の白折のことを雁ヶ音(かりがね)と呼び、高級茶として有名である。