東京証券取引所で上場廃止となった企業一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京証券証券取引所で上場廃止となった企業の一覧(とうきょうしょうけんとりひきじょでじょうじょうはいしとなったきぎょういちらん)は、過去に東京証券取引所上場廃止となった企業の一覧である。

株式交換株式移転合併による上場廃止はここでは記述しない。

東証で上場廃止となった日本企業[編集]

1999年以前[編集]

2000年[編集]

  • 長崎屋(2000年5月14日、東証1部 8262)
  • エルカクエイ(2000年5月15日、東証1部 8826)
  • 日本NCR(2000年6月30日、東証1部 6953)
  • 東洋製鋼(2000年7月15日、東証2部 5443)
  • 日貿信(2000年7月26日、東証1部 8582)
  • ライフ(2000年8月20日、東証1部 8587)
  • 第一ホテル(2000年8月27日、東証1部 9710)
  • そごう(2000年10月10日、東証1部 8243)
  • 藤井(2000年12月26日、東証1部 8100)
  • 川崎電気(現:かわでん、2000年12月30日、東証2部 6648)

2001年[編集]

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

  • すかいらーく(2006年9月19日、東証1部 8180)[1] 2014年10月9日に再上場。
  • ライブドア(現:LDH、2006年4月14日、マザーズ 4753)
  • ライブドアマーケティング(現:メディアイノベーション、2006年4月14日、マザーズ 4759)

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

  • シルバー精工(2011年1月29日、東証1部 6453)銀行取引の停止
  • リンク・ワン(2011年4月26日、マザーズ 2403)再建計画開示後1か月間の時価総額が5億円未満
  • メルクス(2011年6月29日、東証2部 7934)時価総額が所要額未満
  • LTTバイオファーマ (2011年8月9日、マザーズ 4566)不適当な合併等
  • C&I Holdings(2011年10月3日、東証2部 9609)監査意見不表明
  • サンシティ(2011年10月27日、東証1部 8910)民事再生手続き

2012年[編集]

  • エルピーダメモリ(2012年3月28日、東証1部 6665)会社更生手続き
  • 山水電気(2012年5月3日、東証1部 6793)民事再生手続き
  • NISグループ(2012年6月10日、東証2部 8571)民事再生手続き
  • シコー(2012年9月11日、マザーズ 6667)民事再生手続き
  • サクラダ(2012年12月12日、東証1部 5917)破産手続き

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

  • T&Cメディカルサイエンス(2017年3月28日、東証JQ 3832)JASDAQ業績基準該当及び債務超過
  • フード・プラネット(2017年5月29日、東証2部 7853)内部管理体制等について改善がなされなかったと東京証券取引所が認める場合に該当
  • タカタ(2017年7月27日、東証1部 7312)民事再生手続き
  • 郷鉄工所(2017年9月11日、東証2部 6397)有価証券報告書提出遅延

2018年[編集]

東証で上場廃止となった外国企業[編集]

1991年[編集]

1993年[編集]

1994年[編集]

1995年[編集]

1996年[編集]

1997年[編集]

1998年[編集]

1999年[編集]

2000年[編集]

2001年[編集]

  • BSCH(2001年1月1日、8654)
  • ネスレ(2001年3月27日、2960)

2002年[編集]

2003年[編集]

2004年[編集]

2005年[編集]

2006年[編集]

2007年[編集]

2008年[編集]

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

不明[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014年10月9日に東証1部へ再上場した時の証券コードは3197。
  2. ^ 大証1部には上場継続。現物市場統合により現在は東証1部に再上場

外部リンク[編集]