日立精機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日立精機(ひたちせいき)とはかつて存在した大手工作機械メーカーである。本社は千葉県我孫子市にあった。

NC旋盤などの工作機械を主力商品としていたが、バブル崩壊後の設備投資意欲の減退の影響を受け経営破綻した。その後工作機械に関わる事業の大半は森精機製作所(現在のDMG森精機)に引き継がれた(汎用フライス盤事業は委託生産先のエツキに引き継がれた)。

2004年9月にグループ各社と共に破産宣告を受けた。民事再生法適用申請時には東証1部、大証1部及び名証1部に上場していた。なお日立製作所との資本関係はない。

沿革[編集]

  • 1936年7月8日 国産精機株式会社として設立、工作機械の製造·販売を開始。(旧日産コンツェルンの源流、国産工業の子会社)
  • 1941年 東京瓦斯電気工業の造機部門が日立製作所により買収され、日立工作機株式会社設立。
  • 1941年12月 国産精機、日立工作機及びフライス盤大手の篠原機械製作所の3社が合併、日立精機株式会社創立。
  • 1945年 川崎工場が分離し、日立製作所 川崎工場(後の日立精工、現在のビアメカニクス)が設立され、当社は日立グループから外れる。
  • 1953年12月 東証に上場(証券コードは6106)。
  • 1991年3月期 年売上高のピークを記録(約604億7200万円)。
  • 2000年 株式会社エツキ山形県村山市)に汎用フライス盤を委託生産させ、自社ブランドでOEM販売開始。
  • 2002年3月期 年売上高は約251億8900万円まで減少。
  • 2002年8月19日 民事再生法申請。負債総額は約504億円。
  • 2002年9月11日 森精機製作所が営業譲渡の契約締結を発表し、子会社である森精機興産に譲渡する。森精機興産は社名を森精機ハイテックに改称(譲渡金額は26億円、引継債務はなし)。
  • 2002年11月20日 上場廃止。
  • 2004年9月 破産宣告