エフオーアイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社エフオーアイ
FOI Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証マザーズ 6253
2009年11月20日 - 2010年6月15日
本社所在地 252-0205
神奈川県相模原市中央区小山1-1-10
設立 1994年10月17日
業種 機械
事業内容 半導体製造装置
代表者 破産管財人 松田耕治
資本金 94億8592万4600円 (2009年11月20日)
発行済株式総数 26,743,300
従業員数 207名 (2009年12月末)
決算期 3月末
関係する人物 奥村裕(前代表取締役社長)
外部リンク http://www.foi.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エフオーアイは、かつて神奈川県相模原市に本社を置いていた半導体製造装置メーカー。

新規上場時の公募価格850円に対し、初値は770円であった。上場廃止前の発行済み株式の総数は26743300株であった。

沿革[編集]

売上[編集]

有価証券報告書に記載されている2009年3月期売上高は118億円としていたが、実際は2億円程度であったことが2010年5月中旬に判明。実際に商品は殆ど売れておらず、倉庫に在庫が積まれていたという。

粉飾の手口は出資ファンドからの出資金を簿外に移した後で製品の売上金として計上する、つまりは海外から受注があったように見せ掛けて売上高を水増ししたり、[3]架空の仕入先に代金を振り込み、架空の売却先からの受注があったように装い入金させるなどの手口で架空の売上を計上。[4]

上場審査時の粉飾決算が明らかになったのは初。また、新規上場から上場廃止までの7ヶ月という期間は、従来の最短記録であったモリモト(東証二部、2008年、民事再生法申請)の10ヶ月を下回る過去最短であった。

出典[編集]

  1. ^ エフオーアイ社長を逮捕 115億円粉飾決算の疑い 日本経済新聞 2010年9月15日付(2017年3月30日閲覧)
  2. ^ エフオーアイ専務ら2人逮捕 虚偽記載容疑でさいたま地検 日本経済新聞 2010年9月16日付(2017年3月30日閲覧)
  3. ^ 上場時の粉飾決算、幹部認める 相模原の半導体製造メーカー47NEWS、2010年5月13日
  4. ^ エフオーアイ:3重審査すり抜け 売上高60倍に毎日新聞、2010年5月29日