日本海洋掘削

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本海洋掘削株式会社
Japan Drilling Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1606
2009年12月17日 - 2018年7月23日
略称 JDC
本社所在地 日本の旗 日本
103-0012
東京都中央区日本橋堀留町2-4-3
ユニゾ堀留町二丁目ビル
設立 1968年4月23日
業種 鉱業
法人番号 3010001095234
事業内容 海洋掘削
代表者 管財人兼社長執行役員 安井泰朗
資本金 75億72百万円
(2017年3月)
発行済株式総数 18,000,000株
売上高 連結:202億7200万円
単体:91億4600万円
(2018年3月期)
営業利益 連結:△114億4600万円
単体:△41億1700万円
(2018年3月期)
純利益 連結:△454億5900万円
単体:△481億500万円
(2018年3月期)
純資産 連結:△155億6500万円
単体:△163億8000万円
(2018年3月31日現在)
総資産 連結:703億9800万円
単体:740億9200万円
(2018年3月31日現在)
従業員数 連結:339人
単体:224人
(2017年3月)
決算期 3月31日
主要株主 石油資源開発 30.97%
三菱マテリアル 20.05%
国際石油開発帝石 6.40%
(2018年3月31日現在)
主要子会社 石油開発サービス株式会社
日本マントル・クエスト株式会社
外部リンク http://www.jdc.co.jp/
テンプレートを表示

日本海洋掘削株式会社(にほんかいようくっさく、: Japan Drilling Co.,Ltd.)は、海底石油・天然ガス田の試掘や生産井掘削を受託する企業である。

主力製品・事業[編集]

  • 海底石油・天然ガス田の試掘や生産井掘削受託
  • 掘削装置(リグ)

主要事業所[編集]

  • 本社 - 東京都中央区日本橋堀留町2-4-3 ユニゾ堀留町二丁目ビル
  • 第五白竜事業所 - C/o Unitrade, 602 Mercantile House 15 Kasturba Gandhi Marg New Delhi
  • 第十白竜事業所 - C/ Santa Magdalena nº 72 - Entresuelo B 12500 Vinaroz, Valencia, Spain
  • キッシュ事業所 - P.O.Box 17340, Jebel Ali, Dubai, U.A.E.
  • シンガポール事務所 - Loyang Offshore Supply Base, Box No.5056, Loyang Crescent, SINGAPORE 508988

沿革[編集]

  • 1968年(昭和43年)4月 - 東京都港区虎ノ門において日本海洋掘削株式会社設立。海外における石油・天然ガスの探鉱開発に関する掘削工事及およびこれに関連する諸工事を行うことを事業目的とする。
  • 2009年(平成21年)12月 - 東京証券取引所1部上場。
  • 2010年(平成22年)3月 - オランダ王国にJapan Drilling (Netherlands) B.V.(連結子会社)を設立。
  • 2018年(平成30年)
    • 6月22日 - 東京地方裁判所会社更生手続きの申し立てを行い、受理されたと発表した。負債総額は単体で約904億円、子会社のJDNが約321億円[1][2]
    • 7月23日 - 東京証券取引所1部上場廃止[3]
    • 7月25日 - 東京地方裁判所から会社更生手続開始決定を受ける[4]

主要関係会社[編集]

国内グループ企業[編集]

  • 石油開発サービス株式会社
  • 日本マントル・クエスト株式会社

脚注[編集]

  1. ^ TSR速報 日本海洋掘削(株)東京商工リサーチ 2018年6月22日
  2. ^ 会社更生手続開始の申立て等に関するお知らせ 日本海洋掘削 2018年6月22日
  3. ^ 上場廃止等の決定について 東京証券取引所 2018年6月22日
  4. ^ TSR速報 日本海洋掘削(株)東京商工リサーチ 2018年7月26日

外部リンク[編集]