京樽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記木尊と異なる可能性があります。
株式会社京樽
KYOTARU CO., LTD.
Yomiuri Shimbun Building.jpg
本社が入居するDaiwaリバーゲート
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 8187
2011年6月28日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町36番2号Daiwaリバーゲート18階
北緯35度40分49.3秒 東経139度47分18.6秒 / 北緯35.680361度 東経139.788500度 / 35.680361; 139.788500座標: 北緯35度40分49.3秒 東経139度47分18.6秒 / 北緯35.680361度 東経139.788500度 / 35.680361; 139.788500
本店所在地 103-0013
東京都中央区日本橋人形町2丁目7番5号
北緯35度41分11.7秒 東経139度46分58.6秒 / 北緯35.686583度 東経139.782944度 / 35.686583; 139.782944
設立 1950年2月28日
(平安興業株式会社)
2018年9月27日
(株式会社京樽準備会社)
1932年創業)
業種 小売業
法人番号 7010001195229 ウィキデータを編集
事業内容 寿司を中心とした食品の製造及び販売
代表者 石井憲(代表取締役社長)
資本金 1000万円(2018年9月27日現在)
発行済株式総数 200株(2018年9月27日現在)
従業員数 516人(2019年2月28日現在)
決算期 2月末日
主要株主 株式会社吉野家ホールディングス 100%
主要子会社 株式会社関山 100%
外部リンク https://www.kyotaru.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社京樽(きょうたる)は、東京都中央区日本橋箱崎町に本社を置く企業である。

概要[編集]

持ち帰り寿司の「京樽」、寿司店の「海鮮三崎港」「すし三崎丸」などを運営している。

かつては、レスリング部を有し、栄和人が選手兼女子レスリング部コーチとして所属していた。

東京証券取引所一部上場企業であったが、1997年平成9年)1月に、会社更生法適用を受けた。この際の負債総額は1013億円。 その後、ジャスダック市場への再上場を果たしたが、吉野家D&C(現・吉野家ホールディングス)の完全子会社となり、再度上場廃止している。

運営店舗[編集]

テイクアウト事業
京樽、関山、SUSHI COAST、Sushi Avenue K's、SUSHI DELISEA、京味燈、おむすび重吉
外食事業(イートイン事業)
すし三崎丸、すし遊洛、海鮮三崎港

沿革[編集]

  • 1932年3月 - 京都河原町割烹料理店として創業。
  • 1938年3月 - 東京・日本橋人形町に料亭「京樽」開業。
  • 1950年2月 - 平安興業株式会社設立。
  • 1952年7月 - 東京・上野にテイクアウト店「京樽」1号店開店。
  • 1954年4月 - 平安興業株式会社から株式会社京樽商号変更。
  • 1979年11月 - ファミリーレストランに進出。
  • 1980年7月 - 株式を店頭公開
  • 1982年9月 - 東京証券取引所二部上場。
  • 1984年6月 - 東京証券取引所一部上場。
  • 1997年1月19日 - 会社更生法の適用を申請し、倒産
  • 1997年4月20日 - 上場廃止。
  • 1997年11月 - 東京・目黒駅前に回転寿司の「海鮮三崎港」1号店開店。
  • 1998年10月 - ファミリーレストラン形態の「京樽」全店を、レストラン「海鮮三崎港」に業態変更。
  • 2001年11月 - 東京・新小岩駅前に100円均一寿司の「すし三崎丸」1号店開店。
  • 2002年4月 - 更生手続終了。
  • 2005年9月 - ジャスダックに株式再上場
  • 2008年10月 - イートイン事業の不振から、11月末までにファミリーレストラン店全23店舗(ファミリーレストラン型の「海鮮三崎港」16店と「わのか」7店)の閉鎖を発表(回転寿司店の「海鮮三崎港」は存続)[1][2]
  • 2011年6月28日 - 上場廃止(2度目)。
  • 2011年7月1日 - 吉野家ホールディングスの完全子会社化。これに伴い、2012年6月より吉野家の株主優待制度対象店舗となる。
  • 2018年9月27日 - 会社分割により「株式会社京樽準備会社」に事業承継。「株式会社京樽準備会社」を「株式会社京樽」に、これまでの「株式会社京樽」を「株式会社京樽分割会社」にそれぞれ商号変更[3]
  • 2019年2月1日 - 吉野家ホールディングスが京樽分割会社を吸収合併[4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「海鮮三崎港」「わのか」 京樽がファミレス事業から撤退”. MSN産経ニュース (2008年10月3日). 2008年10月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年10月4日閲覧。
  2. ^ イートイン事業の一部(ファミリーレストラン店全23店)閉鎖に関するお知らせ(PDF)吉野家ホールディングスHPより 2008年10月4日閲覧
  3. ^ “子会社の設立ならびに会社分割および商号変更に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 吉野家ホールディングス, (2018年9月27日), https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08813/98b242db/38fc/434f/b655/460c350aa853/140120180927411298.pdf 2020年5月2日閲覧。 
  4. ^ “当社と連結子会社との吸収合併のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 吉野家ホールディングス, (2018年11月27日), https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08813/3b9c7519/0e77/452c/875c/03782d13831d/140120181127441608.pdf 2020年5月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]