ノエル (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
  1. 川崎市に本社を置いていた不動産会社、株式会社ノエル。本稿で記す。
  2. 携帯電話向けコンテンツサービスやインディーズ音楽配信サービス等を手掛けていた東京都港区の企業、株式会社ノエル。1とは無関係。リッスンジャパン(現在はエムティーアイに事業譲渡[1]のうえで清算[2])と合併し[3]、消滅した。「indiesmusic.com」については、ノエルからリッスンジャパン及びイメージクエストインタラクティブを経て、現在はエンターメディア(フェイス子会社)が運営している[4]
  3. コロンビアの菓子メーカー、Noel Cookies Company(英語版)。

株式会社ノエル
Noel Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 8947
2007年8月13日 - 2008年11月15日
本社所在地 神奈川県川崎市高津区二子5-1-1 高津パークプラザ6F
設立 1987年2月20日
業種 不動産業
事業内容 不動産開発分譲・卸売、不動産投資開発、賃貸・売買仲介、管理
代表者 金古政利
資本金 22億6,905万円
売上高 777億9,279万円(2007年8月期)
従業員数 230名(2008年10月)
決算期 8月
特記事項:2008年10月、破産開始決定。
テンプレートを表示

株式会社ノエルは、川崎市高津区にあった不動産会社

沿革[編集]

  • 1966年 川崎市高津区溝口にて創業。
  • 1967年 不動産売買、売買仲介、賃貸仲介、及び不動産管理業務を目的として有限会社野村不動産を設立。
  • 1987年 株式会社化し株式会社野村不動産となる。
  • 1997年 代表取締役社長金古政利が株式会社エルアシストを設立
  • 2000年 株式会社エルアシストを合併し、商号を株式会社ノエルに変更。
  • 2004年 Jリーグ川崎フロンターレのユニフォームスポンサーに決定。
  • 2005年 ジャスダックに株式を上場(2007年9月21日上場廃止)。
  • 2006年 株式5分割を実施。
  • 2007年 東京証券取引所第二部上場(2008年11月15日上場廃止)。
  • 2008年10月30日 東京地方裁判所より破産手続開始決定を受ける。負債総額は約414億円[5]

概要[編集]

  • 東急田園都市線沿線を基盤としていた不動産会社。賃貸専業、新築マンション専業等単一事業の業態が多い不動産業界において、新築マンション・一戸建ての分譲、収益不動産開発から賃貸・売買仲介、不動産管理まで総合的に行うなど、事業領域は多岐にわたっていた。
  • 「発想力をスタイルへ」をコーポレートスローガンに「ものづくり」に力を入れており、特に新築建売住宅のデザインや間取りはユニークで独創的なものが多く、雑誌DIMEとコラボレーションした一戸建て住宅も開発した[6]

脚注[編集]

  1. ^ “連結子会社の事業譲受けに関するお知らせ”. エムティーアイ. (2011年9月8日). http://www.mti.co.jp/?p=7291 2014年3月29日閲覧。 
  2. ^ “連結子会社の解散及び特別清算に関するお知らせ”. エムティーアイ. (2011年9月8日). http://www.mti.co.jp/?p=7294 2014年3月29日閲覧。 
  3. ^ “インディーズ音楽配信のノエル、リッスンジャパンと合併”. Internet Watch. (2001年2月14日). http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2001/0214/noel.htm 2014年3月29日閲覧。 
  4. ^ 企業情報・沿革”. デジタルガレージ (2008年4月15日). 2008年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月29日閲覧。
  5. ^ “倒産速報 (株)ノエル”. 東京商工リサーチ. (2008年10月30日). http://www.tsr-net.co.jp/news/flash/1195911_1588.html 2014年3月29日閲覧。 
  6. ^ “トレンド情報誌『DIME』とのコラボ住宅、荻窪で第1弾/ノエル”. 不動産流通研究所 R.E.port. (2007年4月3日). http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=12198 2014年3月29日閲覧。 

外部リンク[編集]

株式会社ノエル - インターネットアーカイブ