新報国製鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新報国製鉄株式会社
Shinhokoku Steel Co.,Ltd
ShinHokoku Steel Kawagoe city Saitama Japan1.JPG
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証JQ 5542
1963年5月上場
略称 新報国、報国鉄
本社所在地 日本の旗 日本
350-1124
埼玉県川越市新宿町5-13-1
設立 1949年10月
業種 鉄鋼
法人番号 1030001054909 ウィキデータを編集
事業内容 鋳鋼品製造
代表者 代表取締役社長 成瀬正
資本金 1億7,550万円
発行済株式総数 351万株
売上高 連結:31億6百万円
営業利益 連結:1億5百万円
純利益 連結:1億23百万円
純資産 連結:9億35百万円
総資産 連結:34億30百万円
従業員数 連結:86名、単体:37名
決算期 12月31日
主要株主 新日鐵住金 15.2%
湊組 8.1%
村岡克彦 6.3%
埼玉りそな銀行 4.7%
みずほ証券 4.6%
(2018年12月31日現在[1]
主要子会社 新報国製鉄三重
外部リンク https://www.shst.co.jp/
特記事項:各種指標は2012年12月期(ただし従業員数は2011年12月期)
テンプレートを表示

新報国製鉄(しんほうこくせいてつ)は埼玉県川越市にある製鉄会社。

沿革[編集]

  • 1939年4月 三徳工業川越工場を設立
  • 1949年9月 新三徳工業を設立
  • 1949年10月 報国製鉄と合併し新報国製鉄に社名変更
  • 1963年5月 店頭登録市場(現・JASDAQ)に株式公開
  • 2000年11月 子会社の山本重工業を設立
  • 2010年3月 山本重工業を完全子会社化
  • 2011年4月 山本重工業を新報国製鉄三重に社名変更
  • 2021年10月 新報国マテリアルに社名変更(予定)[2]

会社概要[編集]

太平洋戦争中は軍需工場として日本軍の軍艦・戦車・戦闘機・兵器の部品材料を製造していた。戦後からは鋳鋼技術を活かして大手鉄鋼メーカーから受託された加工品を製造しつつ、特殊鋼加工にも注力していった。平成期からは子会社 山本重工業(現・新報国製鉄三重)と共同で液晶・鉄道・半導体装置向け加工品を製造している。また、鉄のみに限らず非鉄の新素材利用の開発・研究・検査にも今までの製造技術を応用している。

工場[編集]

  • 本社に併設

関連会社[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 有価証券報告書(第86期)
  2. ^ 商号の変更及び定款の一部変更に関するお知らせ 新報国製鉄株式会社 2021年2月18日

外部リンク[編集]