日本重化学工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本重化学工業株式会社
Japan Metals & Chemicals Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
東証1部 5562
2002年5月23日上場廃止
大証1部(廃止) 5562
2002年5月23日上場廃止
略称 日重化
本社所在地 日本の旗 日本
104-8257
東京都中央区新川1-17-25
設立 1917年8月25日
業種 鉄鋼
法人番号 8010001034988
事業内容 合金鉄の製造販売
水素吸蔵合金、非鉄金属の製造販売
フェライト、セラミックス製品の製造販売
地熱開発、自家用電気事業
代表者 代表取締役社長 道林孝司
資本金 1億円
売上高 301億1400万円(2006年3月)
従業員数 297名(2007年3月31日現在)
外部リンク http://www.jmc.co.jp/
テンプレートを表示

日本重化学工業株式会社(にほんじゅうかがくこうぎょう)は、東京都に本社を置く重化学工業メーカー。

沿革[編集]

  • 1917年(大正6年) - 富山県伏木町(現:高岡市)に『北海電化工業株式会社』として設立。
  • 1938年(昭和13年) - 山形県小国町で『日本電興株式会社』が合金鉄生産開始。
  • 1939年(昭和14年) - 山形県酒田市で『株式会社鐵興社』(現:東北東ソー化学)が合金鉄生産開始。
  • 1943年(昭和18年) - 北海電化工業で合金鉄の生産を開始。
  • 1951年(昭和26年) - 「北海電化」が商号を『東化工株式会社』と改称。
  • 1958年(昭和33年) - 日本電興が東芝電興と改称。
  • 1966年(昭和41年) - 日本最初の地熱発電所である松川地熱発電所完成。
  • 1968年(昭和43年) - 鐵興社の合金鉄部門と東芝電興の合金鉄部門が合併し、「日本フェロアロイ株式会社」が誕生。
  • 1969年(昭和44年) - 『日本重化学工業株式会社』設立(「日本フェロアロイ株式会社」と「東化工株式会社」が合併)。
  • 1975年(昭和50年) - 「東北重化学工業株式会社」を吸収合併。
  • 1991年(平成3年) - 「株式会社コスコ」を吸収合併し、情報・通信事業部とする。
  • 2000年(平成12年) - 情報・通信事業部が子会社の「日重システム開発」とともに「株式会社アイコテクノロジー」として分離独立。
  • 2002年(平成14年)2月 - 東京地方裁判所会社更生手続き開始を申立。これを発表したのは同月2月の株式取引時間中(後場寄付直後)のことで異例であった。
  • 2003年(平成15年) - 東京地方裁判所が会社更生計画を認可。
  • 2003年(平成15年) - グループ内の更生会社6社を『日本重化学工業株式会社』に吸収合併。
  • 2006年(平成18年) - 会社更生手続終結。
  • 2011年(平成23年) - BOZEL社(伯、仏)を買収し、完全子会社化。
  • 2012年(平成24年) - ニッケル水素電池(Ni-MH Battery)からのレアアースリサイクル事業開始。

主な事業所[編集]

関連企業[編集]

日重建設株式会社

日重鋳鋼株式会社

  • 本社:富山県高岡市吉久1-1-145

地熱エンジニアリング株式会社

  • 本社:岩手県岩手郡滝沢村大釜字大清水356-6

赤城鉱油株式会社

ゴスペル・トーシン株式会社

北上興業株式会社

日重環境株式会社

  • 本社:富山県高岡市吉久1-1-145

外部リンク[編集]