スージー・ヴォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スージー・ヴォルフ
Susie Wolff
2014 DTM HockenheimringII Susie Wolff by 2eight 8SC3775.jpg
2014年
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 1982年12月6日(33歳)
出身地 オーバンスコットランド
親族 トト・ヴォルフ(夫)
2016年DTM
デビュー 2006
所属 パーソン・モータースポーツ
車番 24
出走回数 72
優勝回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
シリーズ最高順位 13th (2010)
過去参加シリーズ
2005
2002–2004
イギリスF3選手権
イギリス・フォーミュラ・ルノー選手権

スージー・ヴォルフSusie Wolff 旧姓:ストッダート Stoddart1982年12月6日 - )はイギリススコットランド出身の女性レーシングドライバーである。2006年からドイツツーリングカー選手権に参戦している。2012年にウィリアムズF1チームと開発ドライバーとして契約した[1]

2011年10月にドイツツーリングカー選手権 (DTM) やF3メルセデスのプログラムを運営するHWAの共同オーナーであり、当時ウィリアムズF1の常務取締役であったトト・ヴォルフと結婚し、スイスエルマティンゲンに居住する[2][3]

経歴[編集]

カート[編集]

その経歴はカートレースから始まった。1996年にはイギリス女性カートドライバー・オブ・ザ・イヤーに選出された。1997年は多くの異なったカテゴリに参加し、その多くでトップを獲得した。彼女は24回中東カート選手権、スコットランド・ジュニアインターコンチネンタル「A」およびスコットランド・オープンジュニアインターコンチネンタル「A」カテゴリーのタイトルを獲得し、イギリス女性カートドライバー・オブ・ザ・イヤーに再び選出された。

1998年に彼女はイギリス・ジュニアインターコンチネンタル「A」カテゴリにステップアップし、ランキング10位となった。またフェデレーションカップ・ユーロピアン・インターコンチネンタル「A」選手権にも参加し、11位となる。同年再びイギリス女性カートドライバー・オブ・ザ・イヤーに選出された。

1999年、彼女はイギリス・フォーミュラ「A」選手権に参加し13位となる。また、フォーミュラ「A」世界選手権では34位となり、この年もイギリス女性カートドライバー・オブ・ザ・イヤーに選出された。2000年にはイギリス国内選手権でランキング10位となり、世界選手権では15位となった。この年は世界トップ女性カートドライバーに選出された[4]

フォーミュラ[編集]

ジュニアフォーミュラ~DTM[編集]

2001年の冬期シリーズのみの参戦を機に、2002年からは2004年までフォーミュラ・ルノーにフル参戦した。 2002年は目立った活躍をせずに終わったものの、2003年は表彰台1回獲得で年間9位、2004年は同3回で5位とまずまずの戦績を残した。

2005年にはイギリス・フォーミュラ3選手権にステップアップ。ただし、足首の怪我により2戦のみの出走でランキング18位に留まった。

2006年からはドイツツーリングカー選手権に活動の場を移し、2012年までレギュラードライバーとして出走。 しかし、5年目の2010年に2度の7位入賞を記録した以外は全レースを通じてノーポイントに終わる。

F1[編集]

2012年から、夫のトト・ヴォルフが常務取締役を務めるウィリアムズと技術開発ドライバーとして契約した[5]

2014年イギリスGPドイツGPのフリー走行でグランプリウィークにマシンを走らせた。F1公式セッションに出走した女性ドライバーは1992年ジョバンナ・アマティブラバム)以来となった。なお、この際はバルテリ・ボッタスのマシンを使用している。

2015年はテストドライバーに昇進した[6]。この年はレギュラーのボッタスが負傷により第2戦マレーシアGPの出走を取りやめるのではないかとの報道があり、かつリザーブドライバーを置いていなかったウィリアムズで事実上の3番手はヴォルフであったことからデビューが噂された。しかしウィリアムズは対策としてエイドリアン・スーティルをリザーブとして雇用し、また最終的にはボッタスが回復し出走したためヴォルフの参戦は幻に終わった。

2015年11月、モータースポーツ競技からの引退を表明した[7]

レース戦績[編集]

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
2006年 ミュッケ・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス 2004 HOC1
10
LAU
15
OSC
15
BRH
16
NOR
Ret
NÜR
Ret
ZAN
12
CAT
15
BUG
13
HOC2
9
NC 0
2007年 ミュッケ・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス 2006 HOC1
Ret
OSC
16
LAU
12
BRH
16
NOR
16
MUG
10
ZAN
17
NÜR
18
CAT
Ret
HOC2
14
NC 0
2008年 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス 2007 HOC1
16
OSC
14
MUG
15
LAU
17
NOR
10
ZAN
15
NÜR
12
BRH
19
CAT
Ret
BUG
12
HOC2
Ret
NC 0
2009年 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス2008 HOC1
Ret
LAU
11
NOR
10
ZAN
11
OSC
10
NÜR
11
BRH
13
CAT
15
DIJ
14
HOC2
Ret
NC 0
2010年 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス2008 HOC1
11
VAL
10
LAU
7
NOR
15
NÜR
Ret
ZAN
15
BRH
Ret
OSC
10
HOC2
7
ADR
14
SHA
11
13位 4
2011年 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クラス 2008 HOC1
12
ZAN
12
SPL
13
LAU
DNS
NOR
13
NÜR
14
BRH
14
OSC
Ret
VAL
11
HOC2
15
NC 0
2012年 パーソン・モータースポーツ メルセデス・ベンツ・C-クーペ HOC1
12
LAU
21
BRH
20
SPL
14
NOR
Ret
NÜR
17
ZAN
12
OSC
Ret
VAL
13
HOC2
13
NC 0

F1[編集]

所属チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 WDC ポイント
2014年 ウィリアムズ FW36 AUS
MAL
BHR
CHN
ESP
MON
CAN
AUT
GBR
TD
GER
TD
HUN
BEL
ITA
SIN
JPN
RUS
USA
BRA
ABU
- -
2015年 FW37 AUS
-
MAL
-
CHN
-
BHR
-
ESP
-
MON
-
CAN
-
AUT
-
GBR
-
GER
-
HUN
-
BEL
-
ITA
-
SIN
-
JPN
-
RUS
-
USA
-
MEX
-
BRA
-
ABU
-
- -

(key)

脚注[編集]

  1. ^ Elizalde, Pablo (2012年4月11日). “Susie Wolff joins Williams as development driver”. Autosport (Haymarket Publications). http://www.autosport.com/news/report.php/id/98699 2012年4月11日閲覧。 
  2. ^ “Susie Stoddart and Toto Wolff married”. Deutsche Tourenwagen Masters (ITR e.V.). (2011年10月17日). http://www.dtm.com/newsausgabe.php?id=10720 2011年10月21日閲覧。 
  3. ^ Noble, Jonathan (2009年11月20日). “Williams sells stake in team”. Haymarket Publications. http://www.autosport.com/news/report.php/id/80242 2009年11月20日閲覧。 
  4. ^ About Susie”. Susie Stoddart (2009年5月22日). 2009年5月22日閲覧。
  5. ^ F1用語集(スージー・ヴォルフ)
  6. ^ “スージー、テストドライバーに昇進”. ESPN F1. (2014年11月28日). http://ja.espnf1.com/williams/motorsport/story/186255.html 2014年12月14日閲覧。 
  7. ^ "スージー・ウォルフ、レースからの引退を発表". オートスポーツweb. (2015年11月4日) 2016年4月13日閲覧。

外部リンク[編集]