えい子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「媖子内親王」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
媖子内親王
続柄 後深草天皇第五皇女
称号 陽徳門院
全名 媖子(えいし)
身位 内親王准三宮
出生 正応元年(1288年
死去 観応3年/正平7年8月11日1352年9月19日)(享年65)
父親 後深草天皇
母親 西園寺相子
テンプレートを表示

媖子内親王(えいしないしんのう、正応元年(1288年) - 観応3年/正平7年8月11日1352年9月19日))は、鎌倉南北朝時代皇族女院後深草天皇の第五皇女で、母は西園寺公相の娘・相子(土御門准后)。女院号は陽徳門院(ようとくもんいん)。なお、生年を弘安10年(1287年)、名を姨子とする説もある[1]

永仁2年(1294年1月23日内親王宣下准三宮宣下を受ける[1][2]正安4年(1292年3月15日に院号宣下を受ける[2]嘉元4年(1306年9月5日に19歳で出家して、法名を円覚智とした[1][2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『天皇皇族歴史伝説大事典』
  2. ^ a b c 『日本女性人名辞典』

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他編『日本女性人名辞典』(日本図書センター、1993年) ISBN 978-4-8205-7128-5 P1084.
  • 志村有弘 編『天皇皇族歴史伝説大事典』(勉誠出版、2008年) ISBN 978-4-585-06063-5 (標宮子「後深草天皇」) P577.