ハモネプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハモネプフジテレビ系列の人気バラエティ番組のコーナーの名称。「力の限りゴーゴゴー!!」という番組の末期(2001年5月16日-2002年9月11日)、最終回まで放送した人気レギュラーコーナーで、司会はネプチューン。このコーナーからプロデビューしたユニットもいる。2007年9月18日、5年ぶりに同じフジテレビ系列の特番『カスペ!』で復活して、それ以降は『ハモネプリーグ』として不定期放送されている。

タイトルのハモネプはハモるのハモ司会のネプチューンのネプを略している。代表は世界アカペラ連盟の日本支部長・犬飼將博堀内健が犬飼のパロディで牛飼をやった)。

内容[編集]

ハモネプとは、アカペラコーラススポットを当てた企画。楽器を使わずに声だけですばらしいハーモニーを奏でる高校生を中心とした若者のパフォーマンスを応援していこうという番組。 リードボーカルやコーラスパートだけでなく、ベース音、ドラム音、ボイスパーカッションが加わり、本物のバンドさながらのサウンドを奏でる。

2010年11月でのハモネプの定義および参加資格は「3人以上のグループ」であり、「楽器を使わず声だけでハーモニーを奏で」て、「1分30秒以内のパフォーマンスを行うこと」の3点である。

競技システムは地区予選で選び抜かれた15組または18組のグループが、A・B・C の3ブロックに分れる。1ブロックは5組または6組で審査員の最高得点を獲得した1組が決勝ステージへ進出できる。そしてその各ブロック代表が優勝をめざし決勝ステージで日本一を競う。このシステムは第3回より設定された。以上のように決勝に進出できるのは原則として3組であるがブロック内の最高得点が2組同じだったり、「審査員推薦枠」が設けられるなどの理由により4組以上が決勝に進出する場合もある。

歴史[編集]

開催日(第3回まで)
放送日(第4回以降)
タイトル 優勝グループ
第1回 2001年8月26日 全国ハモネプリーグ ぽち
第2回 2001年12月16日 全国ハモネプリーグ2 レプリカ
第3回 2002年8月25日 全国ハモネプリーグ3 ア・カッペラーズ
第4回 2007年9月18日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2007夏 Soft Voice
第5回 2008年4月8日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2008春 じゃ〜んずΩ
第6回 2008年9月23日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2008夏 どんぐり
第7回 2009年4月21日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2009春 Bam B Crew
第8回 2009年9月1日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2009夏 A-Z(アズ)
第9回 2010年1月19日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2010冬 姉と僕
第10回 2010年4月13日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2010春 センメ
第11回 2010年8月31日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2010夏 AS★KNOW
第12回 2011年1月11日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2011冬 joker
第13回 2011年4月12日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2011春 アルテマ
第14回 2011年8月30日 青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ2011夏 グラコロン

出場したユニット[編集]

◆はプロデビューしたユニット
  • RAG FAIR(ゲスト)◆
  • INSPi(ゲスト)◆
  • ぽち
  • レプリカ
  • ア・カッペラーズ
  • Soft Voice
  • じゃ〜んずΩ
  • どんぐり
  • Bam B Crew(バンビークルー)
  • A-Z(アズ)
  • 姉と僕
  • センメ
  • AS★KNOW(アズノー)
  • joker
  • アルテマ
  • チン☆パラ
  • NORTH
  • バカ安 〔宇宙戦艦ヤマトをボイパ無しといった、5人の美しい歌声だけで大会史上初の満点を叩き出すものの、決勝に進めなかった成績を残した〕
  • こすへらす(解散)〔メインヴォーカルのサトルがclearance(クリアランス)でプロデビューし、活動中〕
  • Z☆MA
  • きゅぅ〜!!〔メインヴォーカルの空姉妹がSky(スカイ)でプロデビューし、活動中 〕
  • ブラスターズ〔メインヴォーカルの飯田洋輔、ボイスパーカッションの飯田達郎兄弟は劇団四季所属のミュージカル俳優として活動中 〕
  • COLLECTION
  • ダーツ
  • Coo 〔現在も奏屋(かなでや)と名前を変え活動中〕
  • L.A.6
  • BLACK ROZE
  • シンクロシンプトンズ
  • 大阪ナタデココ
  • スパークル
  • 魂よしこ
  • The House Dust
  • Link The Light
  • juvenile(ジュブナイル)
  • タートルズ
  • The Company(ディ カンパニー)
  • μ(ミュー)
  • ウタツグミ
  • ジュニア・ボーイズ
  • おすばん
  • DAD'S(ダッズ)
  • 腹筋学園(ふっきんがくえん)
  • おてん
  • もののふ
  • なつメロ
  • 演パクト
  • ノーナイズ
  • のーてんき
  • 無花果(いちじく)
  • カルテット男子
  • みら♪くる
  • プロジェクトA
  • ごはん
  • FAVE
  • ひだまり職人
  • 電子レンジ
  • グラコロン
  • タスマニアンズ
  • beskey
  • ラディッシュ
  • ぶーびーぶー
  • ナノトーン
  • コシズム
  • クイーン
  • ゆーす♪
  • BOSS
  • ICU49
  • べいびーず
  • ヒートロック
  • ブーケ
  • 食後3錠
  • アカーシ
  • ウィズ

など他多数

歴代得点ランキング[編集]

(第4回-第14回) ※そのグループの最高得点のみ掲載

順位 得点 グループ名
1 99 A-Z 第8回 First Love (宇多田ヒカル)
2 97 シンクロシンプトンズ 第4回 WINDING ROAD (絢香&コブクロ)
2 97 グラコロン 第13回 ありがとう (いきものがかり)
4 96 Soft Voice 第4回 昭和歌謡メドレー
4 96 ジュブナイル 第8回 カブトムシ(aiko)
4 96 腹筋学園 第11回 Rainy Blue(徳永英明)
4 96 アルテマ 第13回 アポロ (ポルノグラフィティ)
8 95 ウタツグミ 第8回 もう恋なんてしない(槇原敬之)
8 95 姉と僕 第9回 明日晴れるかな (桑田佳祐)
8 95 プロジェクトA 第11回 シーズンインザサン(TUBE)
8 95 みら♪くる 第11回 青いベンチ(サスケ)
12 94 DAD'S 第7回 WEEK END(X JAPAN)
12 94 センメ 第10回 いとしのエリー(サザンオールスターズ)
12 94 無花果(いちじく) 第11回 いい日旅立ち(山口百恵)
12 94 ナノトーン 第13回 Diamonds(プリンセス・プリンセス)
12 94 beskey 第13回 遠く遠く(槇原敬之)
17 93 じゃ〜んずΩ 第5回 あなただけ見つめてる(大黒摩季)
17 93 L.A.6 第5回 I believe(EXILE)
17 93 どんぐり 第6回 崖の上のポニョ(藤岡藤巻と大橋のぞみ)
17 93 Bam B Crew 第7回 ラヴ・イズ・オーヴァー(欧陽菲菲)
17 93 やきそば☆SOUL 第7回 WON'T BE LONG (バブルガムブラザーズ)
17 93 AS★KNOW 第9回 浪漫飛行 (米米クラブ)
17 93 Secret Chord 第11回 三日月 (絢香)
17 93 カルテット男子 第11回 恋の予感 (安全地帯)
17 93 joker 第12回 白い恋人たち (桑田佳祐)
17 93 ノーナイズ 第12回 最後の雨 (中西保志)
17 93 ひだまり職人 第13回 手紙 〜拝啓 十五の君へ〜 (アンジェラ・アキ)
17 93 ICU49 第14回 BORN THIS WAY (Lady Gaga)
17 93 ウィズ 第14回 Automatic(宇多田ヒカル)
30 92 BLACK ROSE 第4回 スシ食いねぇ(シブがき隊)
30 92 μ(ミュー) 第7回 Jupiter(平原綾香)
30 92 ブーケ 第13回 春 〜spring〜(Hysteric Blue)
30 92 電子レンジ 第13回 そのままの君でいて(岡本真夜)
30 92 じえんおつ 第13回 燃えてヒーロー(沖田浩之)
35 91 GIFT 第4回 everything (Misia)
35 91 THE HOUSE DUST 第4回 Eye Of The Tiger (Survivor)
35 91 タートルズ 第7回 摩訶不思議アドベンチャー (高橋洋樹)
35 91 おてん 第8回 男と女のラブゲーム (日野美歌&葵司朗)
35 91 アールグレイ 第9回 I love you (尾崎豊)
35 91 のーてんき 第9回 Moving'on without you (宇多田ヒカル)
35 91 クローバー 第11回 butterfly (木村カエラ)
35 91 Day Break 第11回 はじまりはいつも雨 (ASKA)
35 91 パラノイド 第11回 熱くなれ (大黒摩季)
35 91 タスマニアンズ 第13回 さくら (森山直太朗)
35 91 食後3錠 第14回 木綿のハンカチーフ(太田裕美)
35 91 BOSS 第14回 あなただけ見つめてる(大黒摩季)
45 90 ダイナモ 第8回 ガッツだぜ!(ウルフルズ)
45 90 なつメロ 第8回 さよなら(小田和正)
45 90 6ROCK 第9回 We Will Rock You(Queen)
45 90 はたらけ!!歌激団 第10回 サザエさん一家(宇野ゆう子)
45 90 ごはん 第12回 紅(X JAPAN)

グループ紹介[編集]

大会で優勝したグループ
  • 第1回優勝 ぽち
RAG FAIRのおっくんの最大のライバルけんぞーの所属グループ。4人という人数ながらも安定感を見せ、おっくんの元所属グループであるレプリカやチン☆パラなどを退けて第1回王者となった。
レパートリー:「believe」「escape」「歩いて帰ろう」など
  • 第2回優勝 レプリカ
「力の限りゴーゴゴー」時代に、ネプチューンが初めて出会ったアカペラグループ。第1回では決勝まで進めず涙をのんだが、第2回では決勝まですすみ「らいおんハート」を歌って優勝した。
レパートリー:「kiss of life」「man&woman」「らいおんハート」など
  • 第3回優勝 ア・カッペラーズ
ストリートミュージシャンがチームを結成。第1回、第2回とトップバッターを務めたが得点が伸びず敗退。しかし第3回では「大都会」で最高得点をマーク。決勝では「川の流れのように」で会場を感動に包み、「力の限りゴーゴゴー」としての最後のチャンピオンとなった。
レパートリー:「大都会」「川の流れのように」「プレイバックpart2」など
  • 第4回優勝 Soft Voice
団員の少なくなった合唱団を救うために参加。絶対音感を持ったハーモニーで歴代3位となる96点をたたき出した。4組の決戦となった決勝では「さくら」を歌い、激戦を制して優勝した。
レパートリー:「りんごの歌」「さくら」「Stand by me」など
  • 第5回優勝 じゃ〜んずΩ
北海道からやってきた、ストリートで鍛えられたロックグループ。リードのしーちゃんの美声に一同騒然だった。現在も活動を続けている。
レパートリー:「あなただけ見つめてる」「missing」など
  • 第6回優勝 どんぐり
ジブリの挿入歌をレパートリーとする一橋大学の五人組。ベース担当のきんさんのアレンジによって新しく生まれ変わった曲で挑戦。決勝では「もののけ姫」をうたった。
レパートリー:「崖の上のポニョ」「君をのせて」「風になる」など
  • 第7回優勝 Bam b crew
やーさん率いる珠玉のヤンキーバラード。第5回、第6回と出場するもあと一歩届かず、悔しい結果となった。満を持して登場した第7回は決勝へ進出。トップバッターにもかかわらず「さよならの向う側」で他チームを圧倒した。
レパートリー:「愛のメモリー」「M」「ラブイズオーバー」など
  • 第8回優勝 A-Z
第7回にて歴代最高得点となる97点を出したグループ。第8回も磐石のパフォーマンスを見せ、歴代最高得点を塗り替える99点をたたき出し、その勢いのままにチャンピオンとなった。出場した大会では毎回その大会の最高得点をマークしている。
レパートリー:「story」「Everything」「FirstLove」「ハナミズキ」など
  • 第9回優勝 姉と僕
音楽大好きの一家から、姉三人と末っ子長男によって結成されたグループ。第9回大会では、初出場ながらその回の最高得点を出し決勝進出、優勝を果たした。続く第10回大会では予選敗退で涙をのんだ。
レパートリー:「明日晴れるかな」「あの素晴らしい愛をもう一度」など
  • 第10回優勝 センメ
多国籍高校生軍団。一回戦はA-Zに1点差で敗退するも、審査員特別枠として復活。卒業式で歌われるという「海 その愛」を決勝で披露。研ナオコを涙させ、記念すべき第10回王者となった。
レパートリー:「いとしのエリー」「海 その愛」など
  • 第11回優勝 AS★KNOW
第8回、第9回と決勝に進出するもA-Zと姉と僕に阻まれたグループであり、関西No.1の名も挙がるほどの実力派チーム。三度目の決勝ではじめての優勝となった。
レパートリー:「POP STAR」「Best Friend」「浪漫飛行」「未来予想図II」「出逢った頃のように」「瞳はダイヤモンド」など
  • 第12回優勝 joker
第11回にてトップバッターを務めた。一回戦は今大会最高の93点。決勝では「あなたのキスを数えましょう」を披露。審査員のつんく♂をして「やりおった」と言わしめた。
レパートリー:「LOVE RAIN〜恋の雨〜」「白い恋人達」「思いがかさなるそのまえに..」など
  • 第13回優勝 アルテマ
第12回では審査員特別推薦枠で決勝に進出しベスト4になった、神戸大のアカペラロックバンド。レパートリーはアップテンポな曲やハイテンポな曲。第13回は一回戦に脅威の96点をマーク、決勝では「あなたに」を歌い、優勝を飾った。
レパートリー:「Love Phantom」「Life」「アポロ」など
  • 第14回優勝 グラコロン
第13回に登場していきなり97点をたたきだし、強豪無花果を破ったグループ。今回は大会二位の92点を出すが惜しくも敗退。しかし審査員推薦により敗者復活で決勝進出。「オリビアを聞きながら」で見事優勝となった。
レパートリー:「ありがとう」「抱きしめたい」「どんなときも。」など
過去に決勝進出したグループ
  • 第1回準優勝:チン☆パラ
埼玉大学出身の6人組。ハモネプで初めてロックを披露したグループ。邦楽のレパートリーも多数あり第2回では「It's my life」を披露するなどワールドワイドなチームでもある。第1-2回大会で決勝に進出し、決勝グループで圧倒的な実力を見せ付けながらも優勝はならなかったため、無冠の帝王とも呼ばれている。第2回大会の後プロデビューを果たす。現在は解散している。
レパートリー:「Love Phantom」「I don't wont miss a thing」「if」など
  • 第2回準優勝: Z☆MA
女声リードの6人組。初挑戦の第2回大会は、結成2か月で出場を決めた。さらに決勝進出し、「あなたのキスを数えましょう」で準優勝をする。続く第3回も決勝に進出している。
レパートリー:「そばかす」「あなたのキスを数えましょう」「熱くなれ」など
  • 第3回準優勝: North
北海道代表として第1回から三大会連続で出場。第1-2回ともに20点満点中19点と高得点を出すも決勝に進めず、第3回の「La La La Love Song」で初めて決勝に進出。「Another Orion」を披露し準優勝となった。
レパートリー:「Love Song」「say yes」「cats eye」「あ〜夏休み」など
  • 第3回決勝進出:collection
曲のアレンジに大きなダンスを盛り込み、ついたニックネームは「関西ダンス連合」。一回戦で「corazon」を披露していきなり48点をだしNorthをたおして決勝進出を果たした。
レパートリー:「青いイナズマ」「フラワー」「Love potion NO.9」など
  • ダーツ
47点を出して決勝に進出。決勝ではGLAYの「However」を歌っている。
レパートリー:「Rocket Dive」「愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない」など
  • 大阪大選抜 シンクロシンプトンズ
大阪大学選抜メンバーで結成された、ハモネプマスターINSPiの後輩グループ。「WINDING ROAD」で歴代第2位となる97点を獲得した。
レパートリー:「WINDING ROAD」「何度でも」など
  • ハモネプ第一世代の唯一の生き残り L.A.6
「力の限りゴーゴゴー」時代にもハモネプに参加していたリードのチャーマンを中心として、西日本の実力者たちが結成したチーム。Wボイパで二回決勝に進出。
レパートリー:「蕾」「言葉にできない」「Choo choo train」など
  • 名門合唱部 BLACK ROSE
名門、前橋高校合唱部からの選抜メンバー。同点でL.A.6に敗北したが、敗者復活。決勝では「残酷な天使のテーゼ」をうたった。
レパートリー:「スシくいねェ」「TOMORROW」
  • 大阪ナタデココ
第4-6回大会に出場した大阪の女子高生グループである。第5回大会では、同じブロックのじゃ〜んずΩに一度は敗れるも、敗者復活で決勝へ進出した。続く第6回大会では、メンバーの一部を入れ替えて挑んだが予選敗退した。
レパートリー:「チェリー」 「WOMAN」 「世界中の誰よりきっと」 など
  • 青学サークル選抜 Link the Light
第6回大会に出場した,青山学院大のサークル選抜グループ。リードボーカルは,他の歌番組にも出場した実力者である。予選では大阪ナタデココを破り,決勝へ進出する。
レパートリー:「DreamLand」 「卒業写真」
  • ジュブナイル
立教大学アカペラサークル出身の6人組で、リードボーカルの美声が持ち味。過去三回大会に出場しいずれも90点を超えるパフォーマンスを見せた。二回決勝へ進むも、どんぐり、A-Zらに阻まれベスト3どまりとなった。
レパートリー:「恋に落ちて〜Fall in Love〜」「カブトムシ」「会いたい」など
  • μ
第7回大会では決勝に進出、A-Z,Bam b crewと共に史上最高とも言われる決勝を彩る。続く第8回大会では92点という高得点を出すも、史上最高得点を出したA-Zに敗れてしまう。結成年数の長さは歴代でもダントツである。
レパートリー:「jupiter」 「月光」 「真夏の果実」「Story」
  • 新世代の切り込み隊長 腹筋学園
初出場の第8回で、いきなり91点をたたき出し審査員を驚かせた。その後も、好成績を残し決勝にも2回進出。第11回では96点をたたき出すパフォーマンスを見せた。
レパートリー:「SORA」「Someday」「Rainy Blue」「ただ逢いたくて」など
  • 名古屋大選抜 無花果
チームは四大会連続出場、リードボーカルのくねくねは六大会連続出場の実力派。「アレンジで魅せるアカペラ」を得意としており、その実力は出場した四大会すべてで90点以上をマークしている。
レパートリー:「時代」「いい日旅立ち」「想い出がいっぱい」「なごり雪」など
  • ノーナイズ
新潟大学出身の6人組。第9-10回大会と2大会連続でトップバッターを務める。第10回では、トップバッターでありながら、前回チャンピオンの「姉と僕」を破り決勝に進む。第12回では、優勝候補の「無花果」と同点で並ぶも審査員投票で選出され2度目の決勝へと進む。
レパートリー:「星空のディスタンス」「かもめが翔んだ日」「悲しみは雪のように」「最後の雨」など
  • プロジェクトA
第11回大会に出場した大学生グループで、ハモネプ初の韓国勢である。Cブロックのトップバッターでありながら95点という高得点を出し、決勝に進出した。
レパートリー:「season in the sun」 「世界が終るまでは…」
  • みら♪くる
第11回大会に出場した高校生グループ。結成2か月で全国大会出場、さらに予選で95点という高得点を出し、決勝に進出した。
レパートリー:「青いベンチ」「Winding Road」
  • 立教大アカペラサークル ごはん
第12回大会に出場した立教大アカペラサークルのグループ。ボーカルのしょーぞーを他のメンバーが支える演奏スタイルであり、バックの安定感は、つんく♂が最高のカラオケと例えるほどであった。
レパートリ-:「紅」 「世界はそれを愛とよぶんだぜ」
  • 横浜国立大Wリード beskey
横浜国立大学の精鋭が結成したグループ。リードボーカルが二人というスタイルで「遠く遠く」を披露し見事決勝に進出。決勝ではさらにWリードを生かした、「Love Love Love」を披露した。
レパートリー:「遠く遠く」「Love Love Love」
  • 医大生の昭和メロディー 食後3錠
滋賀医科大からの出場。一回戦では「木綿のハンカチーフ」で優勝候補と臆されていたナノトーンを破る91点。決勝では、結婚式の定番ソング、「部屋とYシャツと私」を披露した。
レパートリー:「木綿のハンカチーフ」「部屋とYシャツと私」

書籍[編集]

CD[編集]

ソーシャルゲーム[編集]

  • 『青春アカペラ甲子園 全国ハモネプリーグ』(Mobage

スタッフ[編集]

『ハモネプ♪ジャパンカップ』(2014年4月1日放送分)
  • ナレーション:平井誠一
  • 構成:とちぼり元、村松浩介
  • 美術制作:井上明裕(フジテレビ)
  • デザイン:吉田強(フジテレビ)
  • 美術進行:中村秀美
  • 大道具:西村幸也
  • 電飾:林将大
  • 視覚効果:川上勝太
  • アクリル装飾:相原加奈
  • 特殊装置:坂之下啓輔
  • アートフレーム:石井智之
  • メイク:山田かつら、東まり子
  • TP:高瀬義美
  • SW:河西純
  • CAM:小出豊
  • VE:原啓教
  • AUD:片山勇
  • PA:溝口賢蔵
  • LT:本沢啓史
  • TK:山口奈保美
  • 編集:後藤勝利
  • サウンドコーディネーター・MA:長田浩幸
  • 音響効果:高田智彰(BABY SOUND LUCK
  • CG:山口大樹(キャニットG)
  • 技術協力:ニユーテレスfmtIMAGICA、インターナショナルクリエイティブ
  • 広報:鈴木良子(フジテレビ)
  • 制作進行:石井隆文(IVSテレビ制作)
  • AP:小畑未香・佐熊礼子(2人共IVSテレビ制作)、石川敬大(フジテレビ)
  • ディレクター:武田喜栄・矢川恵哉・久武敬人・樋渡昇一郎・渡部一貴(全員IVSテレビ制作)、市村智哉(アズバーズ)、赤坂康一、木村綾乃、古川忠幸
  • 音楽統括:吉田圭介INSPi
  • アカペラ指導:引地洋輔荒井健一RAG FAIR)、杉田篤史北剛彦(INSPi)
  • 監修:吉田正樹(ワタナベエンターテインメント / 吉田正樹事務所)
  • 演出:多田隆人(IVSテレビ制作)、吉田渉(フジテレビ)
  • プロデューサー:佐藤基・澤井慎幸(2人共IVSテレビ制作)、北口富紀子(フジテレビ)/福浦与一(IVSテレビ制作、以前は総合演出)
  • チーフプロデューサー:小仲正重(フジテレビ)
  • 制作協力:IVSテレビ制作ワタナベエンターテインメント
  • 制作:フジテレビバラエティ制作部
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:原澤貴則
  • アクリル装飾:橋本順
  • 視覚効果:飯塚生臣
  • 装飾:林成利
  • CAM:横山政照
  • 編集:檜山勉
  • 広報:植村綾(フジテレビ)
  • 編成:佐々木渉(フジテレビ)
  • 制作進行:太田茂憲(IVSテレビ制作)
  • ディレクター:大田久美子・斉藤慎一・近藤花央・大塚真史・森田美桜・市川貴弘(全員IVSテレビ制作)
  • 演出:野澤尚弘(IVSテレビ制作)
  • チーフプロデューサー:宮道治朗坪井貴史(フジテレビ)
  • 技術協力:FLT

関連項目[編集]

外部リンク[編集]