若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像』(わかきちにもゆる ふくざわゆきちとめいじのぐんぞう)は、1984年(昭和59年)1月2日の午後0時から午後11時49分までテレビ東京で放送された12時間超ワイドドラマ(のちの新春ワイド時代劇)である。全6部。テレビ東京開局20周年記念特別番組。

後に、同局の1985年1986年に放送された『金曜特選劇場』で、6分割して再放送した。

概要[編集]

当時のテレビ東京社長中川順が、尊敬する福沢諭吉をテレビドラマ化できないか、と長い間検討しようやく実現したもの。しかし福沢の周辺には女性が存在せず、「福沢には女性の登場がない」ので視聴率が上がらない」とスタッフからは反対されたが、ねばり抜いてようやく日の目を見たという。慶応の関係者からは大変褒められ、当時の石川忠雄塾長から「福沢諭吉像の貴重な資料とする」と異例の感謝状を頂いたという[1]

本作品はビデオ撮影であり、現代なら面白い編集と言われそうであるが、当時としては時代を先取りしすぎた斬新なものでもあった。

  • 第一部 「門閥制度は親の敵でござる」
  • 第二部 「黒船騒動の幕末に熱き蘭学修業」
  • 第三部 「嵐の太平洋咸臨丸でアメリカへ」
  • 第四部 「新妻お錦と慶應義塾の誕生」
  • 第五部 「暗殺者の剣よりもペンは強し」
  • 第六部 「天は人の上に人を造らず…」

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 中川順『秘史―日本経済を動かした実力者たち』講談社、1995年、271-272頁

関連項目[編集]

  • 一万円紙幣 - 1984年11月1日 に福沢諭吉がデザインされた紙幣(D壱万円券)が発行されている。
テレビ東京 12時間超ワイドドラマ
前番組 番組名 次番組
若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像
(1984年)
テレビ東京 金曜特選劇場
海にかける虹〜山本五十六と日本海軍
(分割再放送)
若き血に燃ゆる〜福沢諭吉と明治の群像
(分割再放送)