米澤新聞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
米澤新聞
Yonezawa Shimbun 1.jpg
米澤新聞社
種類 日刊紙
サイズ ブランケット版

事業者 米澤新聞社
本社 米沢市
代表者 代表取締役社長 保刈正男
創刊 1879年2月
言語 日本語
価格 1部 70円
月極 1,890円
発行数 1万4389部
ウェブサイト http://www.yoneshin.com/
株式会社 米澤新聞社
本社所在地 日本の旗 日本
〒992-0039
山形県米沢市門東町3-3-7
事業内容 日刊紙発行
業種 情報・通信業
資本金 1000万円
従業員数 21人
テンプレートを表示

米澤新聞(よねざわしんぶん)は、山形県置賜地方の主要都市・米沢市にあるローカル新聞社である。発行部数は約14,000部[1]

沿革[編集]

創刊は1879年太平洋戦争に伴う新聞の統合令で一旦休刊した後、1945年に復刊。米沢市南陽市長井市など置賜地方3市5町の自治体を主要な対象地域として朝刊専売(1日につき4~8ページ立て)で発行されている。原則として、置賜地方に関連する話題が紙面のほとんどを占めている。

当初は戦時統合の関係からか山形新聞との関係があったが、現在では朝日新聞との関係が強く、専売所も毎日新聞から朝日新聞に変更になった(2002年ころ)。2013年6月に米沢・高畠地域の山新と毎日の専売所の統合が発表されたが、これはかつて米沢の羽田新聞店が米澤新聞の大部分を扱っていたのが前項でASAに変更された対策とも考えられる。

放送メディアでは山形テレビとの関係が強く、米澤新聞主催行事の模様が特別番組として放送されることもある。一方で、地元ケーブルテレビ局であるニューメディアとの関係はほとんどなく、テレビ欄でコミュニティチャンネルの番組表が掲載されることもない(その代わり、ケーブルテレビ局が独自に月間番組表を折込広告形式で配布している)。


事業所[編集]

  • 本社/山形県米沢市門東町3丁目3-7
  • 山形支社/山形県山形市松波2丁目8-1
  • 東京支社/埼玉県飯能市稲荷町5番地7号

脚注[編集]

  1. ^ 会社概要

外部リンク[編集]