びゅうお

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
びゅうお
View-O
View-O 20121020.jpg
情報
用途 水門展望施設
竣工 2004年
開館開所 2004年9月26日
所在地 410-0867
静岡県沼津市本字千本1905番地の27
座標 北緯35度4分53秒 東経138度51分16秒 / 北緯35.08139度 東経138.85444度 / 35.08139; 138.85444座標: 北緯35度4分53秒 東経138度51分16秒 / 北緯35.08139度 東経138.85444度 / 35.08139; 138.85444
テンプレートを表示

沼津港大型展望水門びゅうお(ぬまづこうおおがたてんぼうすいもん-)は、東海地震津波を防ぐ目的で沼津港に造られた水門。津波避難施設としての役割も持ち、平常時は展望施設として使用されている。

びゅうおは、沼津港の内港から外港に出るところに設けられ、水門扉は重量406t、幅40m、高さ9.3m[1]。地震計で250ガル以上、震度5強以上の地震を検知すると自動的に閉まり[2]、約5分で完全閉鎖する[3]

両岸に13人乗りのエレベーターが1基ずつ設置され、展望回廊まで人を運ぶ。外部に非常階段も設置されているが平常時には利用できない。

1996年平成8年)度に調査設計に着手し[3]、9年の歳月と総事業費43億円をかけ[3]2004年(平成16年)9月26日に運用を開始した。「びゅうお」の名称は、一般からの公募により景色・眺め等を意味する「VIEW」と魚の「うお」から命名された[2]。完成から約1年で14万人が見学に訪れた[3]

展望施設として[編集]

地上より約30mの高さに展望回廊の床を設置[1]、両岸の機械室の周囲を展望回廊が囲み、両岸の間は幅4m、長さ約30mの連絡橋で繋いでいる[1]。全ての展望回廊を含めれば360度の展望がある。北から西にかけて、愛鷹山富士山箱根山沼津アルプス。南に達磨山。西に駿河湾と夕日が望める。2019年現在、入場料は1人100円、子供50円。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 大型展望水門「びゅうお」”. 沼津市観光WEB (2011年9月26日). 2011年11月19日閲覧。
  2. ^ a b シェル構造(単段)の水門ゲート設備全体重量 日本一~沼津港大型展望水門「びゅうお」~”. 静岡県 (2010年3月26日). 2011年11月19日閲覧。
  3. ^ a b c d パンフレット - 沼津土木事務所、2017年9月閲覧

外部リンク[編集]