AK-103

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AK-103
AK-103.JPG
AK-103
種類 アサルトライフル
原開発国 ロシアの旗 ロシア
運用史
配備先 See Users
開発史
開発者 ミハイル・カラシニコフ
開発期間 1994
製造業者 イジェフスク機械製作工場
製造数 160,000+
派生型 AK-104
諸元
重量 3.4 kg (7.5 lb)マガジン除く
全長 943 mm (37.1 in)ストック展開/700 mm (27.6 in)ストック折りたたみ
銃身 415 mm (16.3 in)

弾丸 7.62x39弾
作動方式 ガス圧作動方式, 回転ボルト
発射速度 600 rounds/min
初速 735 m/s (2,411 ft/s)
有効射程 500m
装填方式 30-round detachable マガジン
照準 リアのノッチとフロントに半円柱の柱

AK-103は、ロシアで設計された現代的なアサルトライフルであり著名なAKMと同様の7.62x39弾を用いている。AK-74,AK-74Mから発展し、金属部品や木製部品をプラスチックに変更することで軽量化を果たしている。レーザーサイトナイトビジョン、望遠など多様な照準器を取り付け可能で、GP-30 グレネードランチャーサプレッサーも装備可能。

設計[編集]

ストックを折りたたんだAK-103
AK-103アサルトライフル

AKMとの相違点は90度のガス導入孔、AK-74型のフロントサイトやマズルブレーキ、フェノール樹脂で構成された30発マガジン(AKM互換)やヒートシールドなどである。

AK-104はAK-103の小型化バージョンであり、AK-74Mに対するAKS-74Uと同様の立ち位置にある。こちらも同様に使用弾薬は7.62x39弾である。

この銃は本質的にはAK-101と同様のAK-74Mの口径変更型であり、設計の古いAKMやAKMSの現代型である。

運用国[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Dejen Aviation Engineering Complex (DAVEC)”. 2010年4月1日閲覧。
  2. ^ Pradeep Thakur (2008年2月18日). “Latest Kalashnikovs to be made in India”. The Times of India. 2010年4月1日閲覧。
  3. ^ Bryan Chan; Luis Sinco (2011年3月4日). “On the revolutionary road in Libya, Photo #16”. Los Angeles Times. 2010年4月1日閲覧。
  4. ^ Pablo Dreyfus. “A Recurrent Latin American Nightmare”. Federation of American Scientists. 2010年4月1日閲覧。
  5. ^ Venezuela tests Russian Sukhoi warplanes”. El Universal Daily News. 2010年4月1日閲覧。
  6. ^ Russian Arms Merchant raps on Latin America’s Door”. Scoop (2002年3月22日). 2010年4月1日閲覧。
  7. ^ http://world.guns.ru/assault/as05-e.htm

外部リンク[編集]