RGO手榴弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
RGO手榴弾

RGO手榴弾(RGOしゅりゅうだん)は、ソ連で開発された手榴弾である。現在もロシアウクライナで生産されている。

「RGO」はロシア語Ruchnaya Granata Oboronitelʹnaya(防衛手榴弾)の略である。

諸元[編集]

  • 重量:520-530グラム
  • 長さ:114mm
  • 直径:60mm
  • 炸薬:A-IX-1(RDX phlegmatized 96%、wax 4%)
  • 炸薬量:90グラム
  • 信管:UDZS衝撃信管(着発または3.2-4.2秒の遅延)