ツァスタバ M70

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツァスタバ M70
ツァスタバ M70
種類 軍用小銃
製造国 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
ユーゴスラビアの旗 ユーゴスラビア
セルビアの旗 セルビア
イラクの旗 イラク
設計・製造 設計 ミハイル・カラシニコフ
製造 ツァスタバ・アームズ
仕様
種別 アサルトライフル
口径 7,62mm
銃身長 415mm
ライフリング 4条右回り
240mm/回転
使用弾薬 7.62x39mm弾
装弾数 30発
作動方式 長ガス・ピストン式
回転ボルト閉鎖
セミ/フルオート切替射撃
全長 900mm(M70B1)
900/640mm(M70AB2)
重量 3.7kg
発射速度 620発/分
銃口初速 720m/s
有効射程 300m
歴史
製造期間 1970年-現在
配備期間 1970年-現在
配備先 ユーゴスラビア人民軍
郷土防衛隊
セルビア軍
イラク治安部隊
関連戦争・紛争 ユーゴスラビア紛争
イラン・イラク戦争
湾岸戦争
イラク戦争
その他多数の内戦・紛争
バリエーション #バリエーションを参照
テンプレートを表示

ツァスタバ M70クロアチア語: Zastava M70セルビア語: Застава М70)とは、ユーゴスラビア(セルビア)のツァスタバ・アームズライセンス生産されたAK-47およびAKMの派生形である。以後、M70と呼称する。

メーカー名について、日本では慣用的に「ツァスタバ」と呼ばれるが、より原音に近い表記は「ザスタヴァ」または「ザスタバ」である。

概要[編集]

M70の基本的な外見や作動メカニズムは、オリジナルのAK-47やAKMと殆ど変わらない。しかし、独自の改良を施されており、それらの特徴的な部分によって、ソ連製や他の国で製造されたAKの派生形と容易に区別可能である。改良点は以下の通りである。

  • M70の外見上の最大の特徴は、銃身とガスピストンシリンダーの間のガスバイバスに設けられた、発射ガス遮断装置兼用の起倒式ライフルグレネード照準器である。M70は銃口先端部にソケット式もしくはカップ式のグレネードランチャーを取り付けて、そこにセットしたグレネードを空包で発射することが可能である[1]。ただし、M70B3とM70AB3ではこの機能が省略されている。
  • ハンドガードがオリジナルのAKより若干前へ長くなり、上部および下部ハンドガードの間に設けられた冷却孔がSKSのように3つに増えている。この点も他国のAKと判別しやすい特徴のひとつである。
  • 木製固定銃床および金属製の折り畳み銃床は、AKMのような直銃床ではなく、AK-47に類似した角度を持つ、曲銃床である。木製固定銃床はオリジナルのものよりやや大型で、銃床内部にクリーニングキットを収納するスペースが設けられておらず、バットプレート(銃床底部)は金属製ではなくてゴム製である。
  • 木部に使われる材料は、合板ではなく、ブナを使用した単材である。
  • 初期生産型であるM70および、折り畳み銃床を備えたM70AはAK-47と同じく、レシーバは削り出し加工であった。その後、改良されたM70B1と折り畳み銃床型のM70AB2については、レシーバーの厚みがオリジナルAKMの1mmからRPK軽機関銃[2]と同じ1.5mmに強化されており、薬室左右部分に突起部分が存在する。
    • レシーバ上部のフィードカバーを外す際に押す、オープン・ボタンをロックするための機構を備えている。レシーバ後部の左側面に小型のボタンがあり、フィードカバーをレシーバ上部に収めてここを押すと、オープンボタンが戻る仕組みとなっている。そのため、フィードカバーにはこのボタンを設置するための欠き取りがある[3]
  • ピストルグリップ(握把)は黒色のプラスチック製であり、右手で握りやすい形(右利き用)になっている。
  • スリング(負い紐)のバックルの形状がソ連製などのAKとは異なっており、銃本体への取り付け方法も異なる。
    • スリングスイベル(負い紐環)の位置は、固定銃床型と折り畳み銃床型のいずれも同じで、前部がガスポート左側面、後部がレシーバ後部の左側面に設置されている。
  • フロントサイト(照星)とリアサイト(照門)に折り畳み式の夜間サイトを装備。
  • マガジン(弾倉)はソ連製AK-47 II型のマガジンに似た形状の金属製である。しかし、本銃のマガジンにある下部の2本のリブは、AK-47 II型のマガジンよりも短いため、判別が可能。
    • マガジン・フォロアが太くなっている。全弾発射すると、ボルトがマガジン・フォロアに引っかかり、後退した状態で停止する。これによってマガジン内の弾薬を全て発射したことが一目で判るようになっている。

実戦経験[編集]

ツァスタバ M70はユーゴスラビア社会主義連邦共和国時代に生産が開始され、ユーゴスラビア人民軍en)の他にも全国民防衛ドクトリンに基づいて各共和国の郷土防衛隊en)などの民兵組織に広く配備され、国民の多くもその取り扱いの習得を義務付けられていた。

しかしその結果、1990年代のユーゴスラビア紛争においても、各共和国・民族系の武装勢力が防衛用に備蓄されていた各種兵器を紛争や虐殺に使用し、とくに序盤のクロアチア紛争ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の激化を招く一因となった。

現在でも旧ユーゴスラビア構成国の軍隊で広く使われているが、スロベニアとクロアチア、セルビアではそれぞれF2000SVHSツァスタバ M21への更新が決定している。

ユーゴスラビアは、1980年代にイラクに対してM70を始めとするAK系突撃銃の製造ライセンスを売却したため、イラクにおいては工場の置かれた地名からタブク(Tabuk)の名でM70B1およびM70AB2の生産が継続されている[4]他、M70を長銃身化するなど独自に改良を施した簡易狙撃銃仕様のタブク狙撃銃も生産している。

タブクはイラン・イラク戦争湾岸戦争イラク戦争において実戦投入された他、サダム・フセイン政権崩壊後に再建された軍や警察などにおいても広く用いられている。

バリエーション[編集]

ツァスタバ M70系列のみについて記述
M70
削り出しレシーバーと固定式銃床を装備。
M70A
削り出しレシーバーと下部折り畳み銃床を装備。
M70B1
プレス加工式レシーバーと固定式銃床を装備。
M70B1N
M70B1のレシーバー左側面に光学照準器や暗視装置を取り付けるレールを装備。
M70AB2
プレス加工レシーバーと下部折り畳み銃床を装備。
M70AB2N
M70AB2のレシーバー左側面に光学照準器や暗視装置を取り付けるレールを装備。
M70B3
M70B1からライフルグレネード照準器を省略した型。
M70AB3
M70AB2からライフルグレネード照準器を省略した型。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ www.inert-ord.net
  2. ^ ユーゴスラビアにおいても、小改良を加えたうえでM72として国産化されている。
  3. ^ このフィードカバーは、オープンボタンのロック機構がないM72軽機関銃にも流用されている。
  4. ^ イラク製のM70は、ライフルグレネードの起倒式サイトを省略していることが多い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]