9x39mm弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
9x39mm弾
9×39mm SP6.jpg
種類 小銃弾
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシアの旗 ロシア
製造の歴史
設計者 TsNIITochMash(N. Zebelin, L. Dvoryaniova、Y. Frolov)
設計時期 1980年代
生産期間 1987年 -
特徴
薬莢形状 リムレス, ボトルネック
弾丸 9.25 mm (SP-5)
9.26 mm (SP-6)
肩径 10,36
薬莢長 38.76 mm(SP-5)
38.78 mm(SP-6)

9x39mm弾(Патрон 9×39 мм)は、ソビエト連邦ロシア共和国)の小銃弾である。

概要[編集]

ロシアの7.62x39mm弾をもとにしているが、9mm弾を装着するためにネックがひろげられている。 このカートリッジは、TsNIITochMashのN. Zebelin、L. Dvoryaniova、Y. Frolovによって、1980年代に開発された。拳銃弾より強力で射程距離があり、かつ貫通力に優れた亜音速弾を、特殊部隊の消音火器用に開発するのが目的だった。
1974年にAK-74用に発表された5.45x39mm弾の弾頭は軽量で、弾速を音速より遅くすると満足なエネルギーが得られない。9mmx39弾の弾頭は重量約16gで、7.62mmx39弾の約二倍の重量がある。弾速が亜音速であるため、衝撃波は発生しない。ただし、通常の(消音でない)アサルトライフルに比べて有効射程が短くなる。 有効射程は300から400メートルで、最大10mmの鋼鉄を貫通できる。 5.45mmx39弾と同様に9mmx39 SP-5は、弾頭先端に空洞が設けてあり、非常に横転しやすい。このような長い弾丸が横転すると、大きな破壊効果が期待できる。

バリエーション[編集]

カートリッジ SP-5 SP-5UZ SP-6 SP-6UCh PAB-9 SPP BP
タイプ スナイパー テスト(強装弾) 徹甲弾 訓練弾 徹甲弾 スナイパー(貫徹力向上型) 徹甲弾
弾頭重量 最大 16.8グラム 約 16グラム 最大 17.3グラム
銃口初速 280-320m/s 280-320m/s 280-320m/s
初活力 658.5-860.1 J 678.1-885.7 J
最大貫徹力 最大10mmの鋼鉄 最大10mmの鋼鉄
  • SP-5 (СП-5)、7N8(7Н8):SP-5(SP: Spetsialnyj Patron; "Special Cartridge")は、Nikolai Zabelinによって開発された。通常の鉛の弾芯をもつフルメタルジャケット弾で、精度を重視して開発された。
  • SP-5UZ(СП5-УЗ):SP-5UZ は、 SP-5の装薬増加版。ファクトリーでおこなう兵器の強度テスト用に開発された。
  • SP-6(СП-6)、7N9(7H9):SP-6は、Yuri Frolovによって開発された。硬化した金属のアーマーピアシング弾芯をもち、厚さ2mmの鋼鉄を500メートルの距離で、また、厚さ6mmの鋼鉄または2.8mmのチタニウム、あるいは、30層から成るケブラー繊維を200メートルの距離で貫通できる。100メートルの距離ならば、厚さ8mmの鋼鉄を貫通し、その後ろのソフトターゲットを無力化するのに十分な威力を残している。
  • SP-6UCh(СП-6УЧ):SP-6の訓練用である。
  • PAB-9(ПАБ-9)、7N12(7H12):SP-6は高価なので、より低コストなバージョンとして開発された。PAB-9 は、削り出しではなく、型打ち(スタンプ)された鋼鉄製弾芯を使っているが、精度が必要以上に犠牲となった。加えて銃身の消耗が激しいため、2008年の時点では使用されていない[1][2]
  • SPP(СПП):SPP(SPP: Snaiperskie Povishennaya Probivaemost; "Sniper - Increased Penetration")は狙撃用で、貫通力が増している。
  • BP(БП):BP(BP: Broneboin'ie Pulya; "Armor-Piercing Bullet")は、AP弾である。

装填可能な銃[編集]

参考資料[編集]

出典・注[編集]

外部リンク[編集]

カートリッジ

弾丸